ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    CIAが「エリア51」の存在認める

    2013/08/17 13:30 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit

    2011年の米公式見解では
    宇宙人が地球に接触してきたことはない
    と断言していたが、今年に入り、
    スティーブン・グリア氏の映画シリウスが公開され
    シチズンヒアリングディスクロージャーも
    行われ、今日まで脅され、命を狙われて来た
    秘密解除に積極的なNASAや空軍の大物達が、
    いよいよその立場を逆転させつつあるというか、
    イダキマイラセつつあるというかの気配が
    伝わってくるようだ。

    銀河連邦からのチャネリング情報もいよいよ
    急激な変化に準備せよ、というような、
    着陸、接触をほのめかすメッセージが多くなっている。
    そして、その存在に気づいている人が多くいる
    とのメッセージも・・・・

    **************

    CIAが「エリア51」の存在認める、宇宙人には言及せず
    2013.08.16 Fri posted at 11:48 JST

    (CNN) 米中央情報局(CIA)が
    このほど公開した資料で、宇宙人説や米政府陰謀説に絡めて
    長年話題を振りまいてきた軍事基地「エリア51」の存在を
    初めて公式に認めた。
    ネバダ州内の所在地を記した地図も併せて公表している。
    この資料は米研究者が2005年に行った
    情報公開請求に基づいて公開された。

    それによると、エリア51は米政府が実施していた
    航空監視活動の実験場だったとされる。

    このうち「U-2」と呼ばれる活動では、
    冷戦時代に旧ソ連を含む世界各地を監視していたという。
    場所はラスベガスから約200キロ北西にある。
    エリア51を巡っては、
    米政府が宇宙人に関する秘密を隠しているとの説が
    長年にわたって展開されてきた。
    20世紀半ばごろには
    ネバダ州の砂漠に未確認飛行物体(UFO)が出現した
    との情報も相次いで浮上している。

    しかし今回の資料には、
    宇宙人や宇宙船についての記載はなかった。

    情報公開を請求した研究者によれば、
    今回公表された資料は、
    これまでに比べて手を加えられた部分が少ないという。

    その理由についての説明はなかったが、

    これは米政府がエリア51に関する情報を
    積極的に公開する姿勢に転じたことを
    示すものかもしれないと指摘している。

    もっとも同氏によれば、エリア51の所在地については
    これまでにも航空監視の専門書やマニア向けの書籍などで
    広く紹介されてきた。
    実際、CIAの地図に記された場所は、
    米グーグルの地図検索サービスで「エリア51」と検索して
    表示される場所と一致している。


    デンバー上空にUFO? 謎の飛行物体出現
    2012.11.16 Fri posted at 11:53 JST


    ケンタッキー州の上空に謎の巨大物体?
    2012.10.27 Sat posted at 15:09 JST




    空飛ぶ円盤の存在記したFBI資料に注目、
    ロズウェルとの関係は?

    2013.03.29 Fri posted at 13:47 JST

    ufo-fbi.jpg

    CNN・ 空飛ぶ円盤3機が米ニューメキシコ州で回収された。
    過去のそんな証言を記した米連邦捜査局(FBI)の資料が
    ネットで注目を浴び、これまでに100万人以上が閲覧している。
    FBIはこのほど、「ロズウェル事件」との関連についての
    新たな注釈を付け加えた。
    注目の的になったのは、

    ワシントンの特別捜査官ガイ・ホッテル氏が
    1950年に記した「空飛ぶ円盤」という見出しの資料。

    「空軍の調査官の話では、いわゆる空飛ぶ円盤3機が
    ニューメキシコで回収された。
    形は円形で中央が盛り上がり、
    直径約50フィート(約15メートル)。
    それぞれに、人間の形をしていながら身長が3フィート
    (約90センチ)しかない3体が乗っていた」と記されている。
    この3体についてはさらに、
    「非常に滑らかな金属の衣類を身に着け、
    それぞれテストパイロットが使う耐Gスーツのようなものを
    巻いていた」との描写がある。

    円盤がニューメキシコで見つかった理由については
    「政府はこの地域に極めて高性能のレーダーを配備していた」
    「このレーダーが円盤の制御メカニズムに干渉したと思われる」
    としている。

    FBIはこの件について、それ以上の行動は起こさなかった。
    この資料は1970年代に公開され、
    2011年にはネットに掲載されてメディアも注目。
    英大衆紙のサンは、ニューメキシコ州のロズウェルに
    宇宙人が着陸していたことが裏付けられたと報じた。
    しかしFBIは書き加えた注釈の中で、
    この資料の日付について、
    ロズウェルに宇宙人が着陸したとされる年の
    3年後の日付だと指摘、
    「この2つを関連付ける理由はない」とした。

    FBIが公開した資料のうち「説明できない現象」の項には、
    このほかにも未確認飛行物体や宇宙船の破片、
    宇宙人の着陸などを目撃したという記録が
    数百ページにわたって記されている。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。