ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    モスクワ 日本の「懺悔」を聞く・混声合唱組曲『悪魔の飽食』ロシア公演

    2013/07/29 19:57 ジャンル: Category:医療
    TB(0) | CM(0) Edit



    公開日: 2012/04/15
    混声合唱曲「悪魔の飽食」
    森村誠一 原詩
    池辺晋一郎・神戸市役所センター合唱団 編詩
    池辺晋一郎 作曲


    Voice Of Russia

    混声合唱組曲『悪魔の飽食』ロシア公演
    17.07.2013, 11:29


    モスクワ音楽院の大ホール
    およびペテルブルグ国立アカデミー合唱団ホールで
    アマチュア合唱団「歌う日本」と
    和太鼓演奏集団「輪田鼓(わだつみ)」の競演になる
    コンサートが催される。

    演目は池辺晋一郎氏作曲の混声合唱組曲『悪魔の飽食』。

    世界を震撼させた森村誠一氏の同名小説によるものだ。
    モスクワ公演は今月21日、ペテルブルグ公演は23日。
    森村誠一氏は埼玉県熊谷市出身の著名な小説家。
    膨大な著作の中心は探偵小説および政治小説だ。
    1969年に長編『高層の死角』で江戸川乱歩賞を受賞、
    文名を馳せた。
    総発行部数は5000万部を数える。
    『人間の証明』『悪魔の飽食』『死の器』は
    ロシア語にも翻訳され、ソビエト連邦で広く読まれた。
    多くの作品がドラマ化・映画化されている。

    『悪魔の飽食』は1940年代満州を舞台に
    中国人・朝鮮人に対して関東軍731部隊が行った人体実験を
    克明に描きセンセーションを巻き起こした。
    刊行は1981年。

    組曲の初演は1984年、神戸市役所センター。
    その後全国を縦断した。
    1990年9月2日には、作曲者の池辺氏自ら指揮をとり、
    日中友好協会の発足40年記念コンサートも催された。
    2005年8月には北京および南京で、
    2010年7月には韓国のソウル、
    チョンジュでも公演が行われた。
    公演後、聴衆は、「今こそ日本を許すことが出来る」と呟いた。
    ロシアでの大規模公演は今回が初となる。

    組曲『悪魔の飽食』は731部隊による
    数千の犠牲者への鎮魂歌である。

    20世紀前半における自らの行為を深刻に悔いる
    日本の側面が表わされている。

    今回ロシア公演に赴く演奏家たちは、
    「戦後六十数年が経つが、日本政府は依然として
    歴史を直視せず、東アジアの諸民族に対する
    自らの罪を認めようとしない」と語っている。

    ロシアの映画監督アレクサンドル・ソクーロフ、
    アニメ作家ユーリイ・ノルシュテイン、
    日本の女優栗原小巻の各氏が公演をサポートする。

    コンスタンチン・ヴィノグラードフ

    20130516-2.jpg

    731部隊のナチスを凌ぐ生体実験の実態と
    米マンハッタン計画
    それが現代日本医療の原点であり礎であることを
    私達は忘れてはならない。





    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中