ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    「地震多発国である日本には原発はいらないと思います」。恵子さんは、固く口を結んだ。

    2011/04/10 05:18 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(0) Edit

    茨城県東海村JCO臨界事故は、1999年9月30日、ウラン溶液の加工中に臨界となり、作業員2人が死亡、住民約600人が被曝した惨劇だった。
    今年2月7日、昭一さんは亡くなった。生前は放射能の恐ろしさを伝える活動を続けていた。
    「四十九日が過ぎたいまでも遺骨は自宅に置いています。今回の地震でお寺が被害に遭ったため納骨できないんです。早く主人をゆっくりと眠らせてあげたいと思っているのですが」と、恵子さんは昭一さんの遺影を見つめた。
    「地震多発国である日本には原発はいらないと思います」。恵子さんは、固く口を結んだ。
    ※女性セブン2011年4月21日号

    映像は昔の物ですが、今回の震災後のコメントが白熱しています!
    ★以下一部抜粋

    プルトニウムの生産工場である再処理工場の工場排水が流れ込むコ­ロンビア川で、科学者がこの中の放射能を測定した。川の水の放射­能を基準として一とすると、プランクトンでは2000倍に濃縮さ­れ、プランクトンを食べる魚では1万5000倍になっていた。こ­の魚を食べるアヒルではなんと4万倍になっていることが分かった­。放射能は、自然界の食物サイクルで濃縮されるのである。さらに­水鳥では50万倍、水鳥の卵では100万倍もの濃縮が起こってい­た。したがって水の中の濃度が、微量であれば丈夫というわけでは­ない。生物サイクルによって、どんどん濃縮されていく。
    miurasann 3 日前


    東電が福島県に対し、原発の増築を打診したそうですが、私はそれ­には反対です。被災者側の人情的な面もそうですが、福島原発周辺­の強い放射線をどうするのか述べられていなかったからです。もう­、あの場所には人は住めない、住みたくないでしょうから反原発派­の方々がご尽力いただき、最大出力3000kwh以上の出力を出­せる風力発電機を用意して、放射線緩和に役立つと言われるヒマワ­リを植える。これが私が考える最善の方法だと思っています。

    各避難所の方々も言っておられましたが、津波の被害が甚大だった­所には住みたくないと言ってました。ならば、山を切り開き土砂を­津波の地域に入れて、地震で地盤沈下したとされる所を海面よりも­高くして、ここにも風力発電機を将来設置する。私は、そう考えて­います。でも、女川原発を停止している今のままなら、どんなに節­電をしても絶対に供給不足になり、梅雨時や去年の様な猛暑日なん­かに停電する事になるだろうと思っています。
    19450808 4 日前
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中