ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    TBS vs プーチン大統領 【日露共同記者会見】

    2013/04/30 14:53 ジャンル: Category:マスコミ報道の嘘
    TB(0) | CM(0) Edit



    TBS vs プーチン大統領
     【日露共同記者会見】
    2013/04/29

    *

    TBS、おがたです。
    まず安倍総理にお聞きします。

    北方領土の帰属問題が解決されない中、
    現地ではロシア政府によるインフラの整備が進ん­で
    外国系企業が地熱、風力発電施設の建設を受注するなど、
    ロシアによる実効支配が強まっ­ているという現実があります。
    日本にとっては、受け入れ難いような
    状況になってると思います­が、
    安倍総理はどのような認識をお持ちでしょうか?
    そしてプーチン大統領にもお聞きします­。
    ロシア政府は今後も同じような政策を
    北方領土に対して継続するお考えでしょうか?
    そしてその場合、日本との領土交渉への影響
    というのについては、どのようにお考えでし­ょうか?


    プーチン

    私が今、注目したのは、記者の方がこの質問を
    紙から読み上げていただいたか­と思います。
    この質問をたぶん、
    ほかの人からもらったかと思いますけれども、
    その人に対して、次の­ことを伝えていただきたいと思います。

    この問題というのが、われわれが作ったものではなくて、
    それは過去からの遺産であって、
    もう60年前からの過去です。

    それは私たちが真にこの問題を解決したいと思います。
    そこに受け入れ可能な形で解決したいと思います。
    もしこのプロセスにおいて、ご協力をなさりたいならば、
    この問題の解決に際しまして、環境の整備が
    必要になってく­ると思いますけれども、
    それはよき関係を作ること、
    そして信頼...ということが重要で­あります。

    もしこのプロセスにおいて、妨げを起こしたいならば、
    それも可能です。
    そのためには、激しくて直接な問題、
    直接な質問をして同じような激しくて、
    直接な回答をもらうことができるかと思います。
    それは、それ以外の方法はないと思います。

    この地域なんですけれども、ロシアとほかの地域と
    同じようなロシアの国民、 ロシアの国籍を有する人たちが
    住んでいるわけです。

    われわれがこの人たちの生活を考えなければならないし、
    この生活の水準を考えなければ­ならないです。
    そしてロシアのこの平和条約問題の締結に関する
    ロシア側の立場がよく知­られているものであります。

    しかし、私たちがそのために集まったわけでなくて、
    私たちが集まったのは、平和条約交­渉の再スタートをして、
    解決策を模索するために、今回は集まったわけです。

    ありがとう。

    kenji tanaka

    TBSニュース↓
    プーチン大統領、日ロ首脳会談の会見でいら立つ



    The Voice of Russia

    プーチン「領土問題解決に心からの意欲を持っている」
    29.04.2013, 19:17

    4h_50809350.jpg
    Photo: EPA

    露日首脳会談後の記者会見でプーチン大統領は、
    ロシアはいわゆる「北方領土」の問題を
    「相互に受け入れ可能な条件のもとで」
    解決することを願っている、と語った。
    プーチン大統領によれば、
    この問題は過去から持ち越されたもので、
    両者は「相互に受け入れ可能な条件のもとで」
    この問題を解決したいと心から願っている。
    問題の解決には「好意的な関係、信頼感ある環境」
    という条件を創造することが不可欠である、
    とプーチン大統領。

    一方で安倍首相は、
    「双方は両国間に存在する意見の不一致の克服のために
    努力を傾けていく」と述べた。
    同時に首相は、「領土問題が解決されるまで、
    南クリル諸島の開発に第3国が参加することには反対だ」
    との考えを示した。

    インターファクス
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中