ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    隕石?を撃墜したのはロシアかUFOか???

    2013/02/19 23:59 ジャンル: Category:UFO
    TB(0) | CM(0) Edit

    ロシアの隕石を落下直前に破壊して去るUFOの映像!


    ロシアは隕石を撃墜したか
    INFOWARS.COM


    ネット上では、ロシアの防空ミサイルによって撃墜された
    という話が拡がっているらしいが、ロシア緊急省は
    いかなる軍事防空も事件に関与していたことを否定している。

    14日~15日にかけて、日本を始めオランダやフロリダなどにも
    落ちた隕石?だが、今や至る所に原発や核廃棄物がある中、
    極めて恐ろしい状況である。


    *********************




    隕石の​​欠片が落下したロシア·チェリャビンスクの亜鉛工場。

    20130217-3.jpg

    ウラジーミル・ジリノフスキーは

    宇宙というのは宇宙であり、自らの法則を持っている 
    そこでは何も落ちることはない。
    落ちるというのは、
    それは人間がそうするのだ。
    人間は戦争の火付け役であり、挑発者だ。


    と言いだしてるロシアの政治家だが、
    ディスクロージャーも着々と進めている
    ロシアの政治家ともなると、
    尊敬に値する宇宙人の知り合いから
    聞いた話を広め初めていても可笑しくない。

    地震、HAARP、電磁波、ケムトレイル、
    気象は既にコントロールされている、
    温暖化の次は、氷河期だと言い、めた雪が降り、
    次は隕石攻撃を始めるらしい。

    NWOを真正面から否定したロシアを苦しめているのは、気象も隕石も操れる地球上の組織である可能性は高い。


    米国の地上攻撃用宇宙兵器“神の杖” 破壊力は核爆弾に匹敵
    2012-12-22

    http://ameblo.jp/yuuna7777777/entry-11432557592.html

    宇宙から地上への究極的な攻撃兵器の構想がある、と軍事評論家の野木恵一氏は指摘する。

    「地上攻撃のための宇宙兵器として米国で構想されているのが、“神の杖”と呼ばれる兵器。直径30cm、長さ6m程度のタングステン製、または劣化ウラン製の金属棒を重力加速度を用いて地上に突き刺すことを想定したもので、その速度は時速1万km以上になり、破壊力は核爆弾に匹敵するとされる。中国も、米国の空母を攻撃するために、金属弾のようなものを考えているようだ」


    「このほか宇宙空間の軍用輸送機であるクイックサットなども構想されているが、ファルコンHTV2が現在、一番現実味のある宇宙兵器だ。地上からロケットで発射し、一度宇宙空間に出てから、マッハ20で大気圏に再突入する。
    この兵器は、座標情報さえあれば地上の目標をピンポイントで狙える。威力はすさまじいので、核弾頭もいらない。貫通力が高く、特に地下施設の破壊に有利だ。

    宇宙戦争は「宇宙から地球を攻撃」するという戦略が加わったことにより、“雲の上”の話ではなく地上戦の帰趨を決する鍵をも握ることになる。
    http://www.news-postseven.com/archives/20120606_109183.html  ポストセブンより


    http://exawarosu.net/archives/7155060.html
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中