ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    茶番の領土問題で隠される何か

    2012/10/15 23:19 ジャンル: Category:
    TB(0) | CM(0) Edit

    JAL123便墜落事故-真相を追う-折れなかった垂直尾翼(4)

    北方領土、竹島問題、そして尖閣諸島と、
    最近になって突然降って沸いたように
    領土問題が騒がしくなっています。
    長く本ブログにお付き合いいただいた読者様なら、
    これら日本の隣国であるロシア、韓国、中国が、
    日航機123便事件に密接な関係を持つ国々であることに
    すでに気がついておられることでしょう。

    ・ロシア 
     御巣鷹事変の紛争直接当事国-物証による確認
    ・韓国  
     在韓米軍、在日米軍朝鮮人部隊による事件処理関与疑惑
    ・中国  
     旧帝国陸軍(関東軍)と北京情報部との戦時コネクション

    これらの国々は、旧帝国陸軍参謀、伊藤忠商事元会長である
    故瀬島龍三氏を通して一つに繋がることに
    改めて気がつかされます。

    瀬島龍三氏は中曽根康弘当時首相のブレーンとして、
    123便事件以後も日航人事に大きな影響力を及ぼした人物です。
    その瀬島氏は、韓国の情報機関である
    KCIA、在日・部落運動組織、その政治工作部隊である
    国際勝共連合を影で操っていたと言われてます。
    これら朝鮮系組織とグリコ・森永事件の繋がり、
    そしてグリコ・森永事件と123便事件との
    更なる繋がりを考察すれば、
    やはり瀬島氏の関与抜きに123便事件を語ることはできません。

    その意味で、現在の丹羽駐中国大使が、
    伊藤忠出身の民間大使であるということは大変興味深いです。
    瀬島氏が作り上げた中国・朝鮮半島コネクションは
    現在でも健在であり、シベリア抑留中、
    あるいはそれ以前から築いたとされる
    ロシアコネクションも含め、
    日本の極東外交において今以って
    大きな影響力を保っているように見えます。



        123便事件だけでなく、戦後日本の暗部に伊藤忠商事が深く関与
        していたことは、いずれ明らかにされるであろう

    これら三国の中でも、中国・朝鮮の軍事技術が
    日本の産業技術に深く依存している可能性については、
    本ブログでも度々触れたかと思います。
    中国の核ミサイルしかり、北朝鮮のテポドンしかり、
    核兵器製造技術を含む日本の産業技術がなければ
    達成し得なかったと言えるかもしれません。

    このように、社会の闇で日本と深く繋がるこれらの国々が、
    領土問題で派手に争そうことに、
    何か胡散臭い策略を感じるのは私だけでしょうか?

    このような時、最初に考えられるのが、
    日本国民(当事国国民)の目を
    何かから逸らそうとしていることです。

    では、その「何か」とは何なのか?
    私が最も危惧しているのは、国(日本の闇組織=クロカモ)は、
    福島第一原発による関東・東北地方での健康被害が、
    数ヶ月以内に顕在化することをすでに想定しており、
    その予防線として、国民感情を操作誘導する目的で、
    茶番の領土問題を関係各国共同で打ち上げたとするものです。

    事実はいずれ分かってくるとは思いますが、
    御用マスコミの扇動に乗じることなく、
    私たちは事の推移を冷徹に見守るべきだと思います。

    (新) 日本の黒い霧





    広島の助産婦の証言と福島からの手紙

    そう言えば9月、
    9・11福島県3回目の甲状腺検査結果にただならぬ異変
    という記事をアップした直後に、
    中国阻止に20兆円の巨費を投入という飯山さんの記事に驚いて
    釣魚島は中国に返して、20兆円は福島の子供たちの治療費にしよう!
    なんて記事を怒りを込めてアップしてしまったが、
    ・・・何のコメントもなかった・・・
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中