ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ウィングメーカー・特別対談*shima and Lyrica

    2012/10/04 21:28 ジャンル: Category:ウィングメーカー
    TB(0) | CM(0) Edit





    Shima and Lyrica 特別対談

    これは、2012 年7 月に東京の某所で行われた
    プロジェクト・ミーティングの際に交わされた
    対話の記録です。
    読者の皆さんを代表し、
    ウイングメーカー・シリーズの翻訳者である
    shima さんに、気の向くまま、率直な質問を投げかける機会を
    設けさせていただきました。
    ウイングメーカーの世界は好き、
    でも分からないことがたくさんある、
    と感じていらっしゃる多くの読者の方々の、
    その理解を深める助けとなるように、
    この対話が少しでもお役に立てれば、嬉しく思います。
    2012 年8 月 Lyrica Iris


    ウイングメーカーの情報について、
    おそらく読者が最初に一番気になることは、「これは本
    当の話なのか?」ということだと思います。


    まず、私が読者の皆さんに理解して頂きたいこととは、
    「ウイングメーカーとは、真実の情報を伝えるための
    神話的表現である」ということです。

    Lyrica:そうですね。
    それはジェームズも、何度も言っていましたよね。
    ただ、私もそうだったのですが、
    「神話的表現である」ということ自体が
    一体どういう意味なのか・・・それを理解することが、
    最初はすごく困難だと思います。
    ここでよく解らなくなってしまうことも多いと思うのですが、
    このあたりについて、shima さんはどう思われますか?

    shima:「WMとは現代の神話である」と言われると、
    「神話=フィクション」と思われがちですが、
    この「神話」という単語が意味するものは、
    実に微細なニュアンスを持っています。
    これまでも、様々なシーンで
    「WMとは何か?」というテーマについて論じてきましたが、
    新たな読者の皆さんのために、
    ここでもこのテーマについて触れたいと思います。

    最初に、「神話」という表現について、
    ジェームズがQ&Aセッションの中で
    このように発言していることが印象的です。

    私は良心から、マテリアルのすべてが事実ではないことを
    伝えなくてはならないというたった一つの理由で、
    それを神話と呼んでいるのです。

    「James Q&A Session 3」

    ここで、ジェームズが声明しているように、
    ウイングメーカーとは完全なノンフィクションではありません。
    しかし、それは事実に基づいたフィクションなのです。

    次に、「何故、マテリアルは事実ではない情報によって
    ‘改竄’されているのか」という質問が生まれるでしょう。

    この問いに対し、ジェームズはこう答えています。

    Q:どうして、アンダーソン博士からネルダ博士に
    ストーリーラインが変えられたのでしょうか?
    また、なぜ物語の中の時事系列も変えられたのですか?

    A:エンシェント・アローの物語の市場における
    不正な横領を監視するために物語は修正されました。
    あなたがご質問の中で述べた以上に
    もっと微妙な変更があります。
    最初に公開されて以来、コード化された主要な内容は
    何一つ変更されていません。

    「James Q&A Session 3」

    「神話」という単語については、
    クリス・ロック博士のこの説明が秀逸です。

    他の神話と同じように、ウイングメーカーとは
    「真実をヴェールに覆って伝えるために創作された物語」であり、
    事実とフィクションの両方が含まれています。

    モイヤーズは、『The Power of Myth』の中で
    「神話とは目に見える世界の背後に横たわっているものの
    比喩(メタファー)である」というジョーゼフ・キャンベルの
    言葉を引用しています。
    単純な定義を拒む、神話に対する秀逸な説明が
    『Mythologies』の中にあります。
    エリアーデは「神話の定義について」のところで、
    このように書いています。
    「すべての神話は、どのようにして何か
    ─世界、人間、動物、社会など─が生まれたかを説明している」
    神話とは、「絶対的な真実であり神聖なもの」
    と見なされています。
    神話は、ある種の宇宙論的神話を伴って始まる、
    聖なる「根源的な歴史」を常に備えています。
    ウイングメーカーの宇宙論的神話は、
    それらすべての要素を含んでいます。

    Chamber 6 Paper


    ウイングメーカーウイングメーカー
    (2005/03/01)
    WingMakers LLC、大野 百合子 他

    商品詳細を見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。