ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    オバマ大統領 教職に戻ることを決心

    2012/09/26 13:58 ジャンル: Category:マスコミ報道の嘘
    TB(0) | CM(0) Edit

    オバマ大統領 教職に戻ることを決心
    26.09.2012, 00:59
    4Obama_teacher.jpg

    barackobama.com
    25日、タイムズ紙が伝えたところによれば、バラク・オバマ大統領は大統領を終えた後には、再び教職に戻る考えだという。これはウピー・ゴールドバーグ氏の番組「ザ・ヴュー」のためのインタビュー収録中に明らかになったもの。
    オバマ氏は教職を懐かしんでいるものの、大統領の二期目に挑戦したいということで、これは大統領としてまだやるべきことが残っているからだという。

    オバマ氏は教職に戻ることは、常に教室の中にいることを意味しないと語っており、全米を回り、例えば子供たちのために研修などを組織したいとしている。「すべての子供たちが自らが持っている可能性を知るため」とオバマ氏は述べている。

    1990年代初め、オバマ氏はハーバード大学ロースクールを卒業し、シカゴ大学のスクールの教師となり、12年にわたって勤務した。担当科目は憲法だった。

    Lenta.ru


    米大統領選:オバマ氏優勢、ロムニー氏に半数が否定的-調査
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MAXSUF6TTDS101.html

      9月26日(ブルームバーグ):米大統領選の共和党候補ロムニー前マサチューセッツ州知事は、国民からの否定的な評価が響き、オバマ大統領の弱点に乗じることができずにいることが、最新の世論調査で明らかになった。両者が直接対決する討論会を来月に控え、現職のオバマ氏がリードする結果となった。
    今月21-24日に実施された世論調査「ブルームバーグ・ナショナル・ポール」によると、米国民のほぼ半数がロムニー氏に対して否定的な見方を抱いている。有権者の49%がロムニー氏について普通の国民の感覚とずれているとの見方を示しており、オバマ氏の40%を上回った。
    一方、選挙戦が終盤に向かう中、米国民の53%がオバマ大統領の経済対策を支持していないことも分かった。どちらの候補が雇用を創出できる可能性が高いかという質問では、ロムニー氏はオバマ氏をわずかにリードした。ただ、オバマ氏が明確に優勢となっている項目が一つある。どちらの候補が将来の経済的成功に向けより良いビジョンを持っているかという質問で、オバマ氏は48%とロムニー氏の39%を上回った。
    大統領選がきょう実施されるとしたらどちらに投票するかとの質問では、オバマ氏はロムニー氏を49%対43%でリード。ただ、オバマ大統領の1期目が終わりに近づく中、米国民の60%が同国が間違った方向に進んでいると回答した。
    調査は1007人の成人を対象に行われ、誤差率はプラス・マイナス3.1ポイント。

    *

    光の銀河連合からのメッセージ・・・次期米国大統領 
    グレッグ・ガイルズの銀河連邦のチャネリングでは、
    選挙はイルミナティの操作で決まると言っている。
    それによると、次期大統領はロムニーと決まっていいるという。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。