ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    液を塗るだけで歯が再生するという 痛みのない治療法が開発された!

    2012/08/18 14:13 ジャンル: Category:医療
    TB(0) | CM(0) Edit




    革命的な虫歯治療 穴を開けずに塗るだけ=英研究
     【大紀元日本9月29日】
    歯医者と聞いただけで尻込みする人たちに朗報。
    虫歯で穴が空いた部分に液を塗るだけで歯が再生するという
    痛みのない治療法が、英リーズ大学の研究者らにより
    開発された。
    ナノ・パテンツ・アンド・イノベイションズ
    (NANO PATENTS AND INNOVATIONS)が先月、伝えた。

    虫歯は、歯垢(プラーク)の中のバクテリアの増加により
    酸が作られ、歯のミネラル(エナメル質)が
    溶けることから始まる。
    最初は微細な穴が幾つもでき、
    次第に広がって虫歯が形成される。

    現在の治療法は、専用ドリルで虫歯の部分に穴を開けたり、
    削ったりして、そこに詰物をする。
    虫歯がひどい場合は、抜歯という方法しかない。

    一方、リーズ大学歯科学院の
    ジェニファー・カーカム教授(Jennifer Kirkham)が
    開発したのは、歯の表面にペプチド(P11-4)の液を塗り、
    歯の自発的な再生を助けるという画期的な治療法だ。

    ある環境下に置かれると結合して繊維になるペプチドは、
    歯に塗られると酸のダメージによって空いた穴に染み込んで
    ジェル状になる。
    これがいわゆる「足場」となり、カルシウムを溜めこむため、
    歯のミネラルが内側から再生されるという。
    「出来すぎた話に聞こえるかもしれませんが、
    これは酸によってダメージを受けた歯の再生を促す技術です。
    これは完全に自然で、施術なしの再生方法であり、
    痛みもありません」と、カーカム教授は語る。

    臨床試験を監督したポール・ブラントン教授(Paul Brunton)は、
    「より大勢の患者に同様の結果が見られれば、
    2~3年の間にこの技術が一般の歯科医に浸透していくでしょう」
    と話している。

    (翻訳編集・春馨)


    *

    挿し歯ってのは、一度とれると何度歯医者に行っても
    どんどん取れやすくなる。
    きりが無いので、最近では必要な時だけ
    瞬間接着剤で自分でくっつけている。
    奥歯が虫歯なので、ぼつぼつ歯医者に行こうかな
    なんてつい考えてしまうが、
    もう2~3年待ってみる事にしよう。

    スウェーデンボルグだったかな?
    3回目の歯が生えたと言っていたのは
    確か中国にもいたような気がする。
    何だか希望が湧いてきた。

    長いこと医者と歯磨きだけは必要だと考えこまされてきたが、
    それがとんでもない事だったという話である。


    *


    骨が再生する!?阪大が最新の歯周病治療法を開発

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。