ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    528hzのイマジンはジョン・レノンの祈り

    2012/06/25 09:50 ジャンル: Category:ヘミシンク
    TB(0) | CM(0) Edit


    http://mademoiselleai.blog.fc2.com/blog-entry-235.html

    イマジンの演奏をする際に、
    彼はピッチを528Hzがドになるように合わせていたらしい。
    それがイマジンである点が驚きだった。

    ジョンレノンは確信犯ですね。
    イマジンは彼の存在の集大成にあたるような曲でも
    あったでしょう。
    要するにレノンの祈りだったのだ。

    祈りを528Hzにして届ける、、、、
    やっぱりレノンは私たちよりも先に行っていたと思う。

    もうひとつ、私が知らなかったことがあった。
    太陽の音をNASAが録音したという。
    SOHOという探査機によってだが、
    そこで収録された太陽の周波数が528Hzだったというのだ。
    私はそのことを知らなかった。

    太陽と言えば、命の元である。
    占星術師にとって太陽は避けて通れない星。
    もっとも重大な星であり、あらゆるものを生かし、
    元気づけ、影のない存在としてくれる偉大な親。
    その親の出す音が528Hzだという。
    これは凄い話しであり、本質的な事柄である。

    まさに命の音、愛の音、命の周波数が528Hzであるのだろう。
    だから私たちは528Hzを体験することで、命を元気にさせ、
    復活させ、体を元気にさせ、明るくさせる。
    これまでは体験的にしかわからなかったものが、
    これによって裏付けが取れた気持ちとなる。

    太陽は影のない星、、、、
    自己嫌悪に陥った人類を明るく再生させる星。
    その星の音、その星の周波数が528Hz。
    命の周波数ということだったのか。

    氷河期に入りつつある太陽の弱体化を
    きっと528Hzは補ってくれだろう。




    <アンチエイジングの鬼 >

    放射線はDNAを切断します。これは紛れもない事実です。
    ただ体はそれを修復もします。
    「修復できるくらいの量かどうか?」がとにかく大切です。


    元々この現代社会は、残留農薬、
    しかも神経毒のある有機リン系やネオニコチノイド、
    過剰な西洋医療の薬漬け、30度で2日間腐らないお弁当、
    30度で3日腐らない調理パン、
    猛毒のメチル水銀やダイオキシンが濃縮されている
    大型魚を食べ、発がん性のあるタール色素の口紅を塗り、
    タバコで発がん性物質をたっぷりを吸い込み、
    細胞と細胞の間より小さいナノ粒子の酸化チタンを顔に塗り、
    脳みそを電子レンジにチンされるような携帯電話で
    長時間話しているような世の中です。
    抗がん剤の副作用で誰かが亡くなられても、
    大騒ぎにもなりません。
    今でも、国民の3人に一人はガンで死にます。
    そこに、もう少しDNAを攻撃するようなものが
    加わるだけです。

    代替医療のT先生が、今回の放射性物質なんか、
    全然気にしてないのも分かります。
    残留農薬や西洋医療の薬漬けのほうがよっぽど最悪で、
    放射性物質なんか、むしろ今くらい微量なら
    ホルミシスの範囲内だとおっしゃるのも、
    実際そうなのかもしれません。

    生体濃縮されやすい人類が慣れていない放射線核種も、
    デトックスしていけばかなり排出出来るかもしれないし、
    海藻をよく食べる日本人は元々放射性ヨウ素を
    取り込みにくいので、甲状腺ガンも
    たいして増加しないかもしれないし、
    水素サプリのようなスーパー抗酸化物質を摂っていれば、
    活性酸素をガンガン消去していくので、
    案外大丈夫なのかもしれません。


    でも私は添加物を避けるように、
    過剰な紫外線を避けるように、
    ナノ粒子を顔に塗らないように、
    やっぱり原発由来の核種も嫌なんです。


    しかも、三基もメルトスルーして、
    ここまでの長期にわたって事故が収束せず、
    ダラダラと被曝するという事態は、
    まだ人類は経験がありません。
    まだはっきりと影響が分かっていないものに関して、
    大丈夫だと言うことは出来ません。
    鬼としては、やっぱり出来るだけ避けてデトックスして
    抗酸化して、畑の土は浄化したいのです。

    あとで「なんだ、実はたいしたことなかったのにね」って
    笑えたら、それでいいじゃないですか。
    だからどうか、不安や恐怖に支配されないで下さい。
    子供さんのことを考えたら、
    そうも言ってられないかもしれませんが、
    いろんな事情で今住んでいる場所にいると決意したなら、
    アンチエイジングを目指すくらいの気持ちで、
    体内環境も体外環境も細胞修復していきましょう。


    不安やストレスを抱えていると、
    DNAの端っこにあるテロメアはどんどん短縮していきます。
    そして細胞は老化してしまいます。これでは本末転倒です。
    今回のことが関係なくても、
    DNA修復はアンチエイジングの重要テーマです。
    以下を見て下さい。老化の原因と言われる学説です。


    ★テロメア説
    DNAの末端にあるテロメアが細胞分裂のたびに短くなり、
    これが消失すると細胞の寿命が尽きるいう説

    ★DNAエラー説
    たんぱく質を合成する際にDNAの遺伝子情報が
    エラーを起こし、それが蓄積するという説

    ★DNA損傷説
    DNAが複製を繰り返しているうちに化学物質などの
    影響を受けて、正常に複製できなくなって
    老化がすすむという説

    ★免疫系説
    免疫機能が低下し、老化が進むという説

    ★ホルモン説
    ホルモン機能の衰えによって老化が進むという説

    ★糖化説
    急激に血糖値が上がる食べ物を食べることで、
    ブドウ糖が体内のたんぱく質と結びついて
    「糖化現象」が起こり、これによって
    体内のたんぱく質が変成してしまうとする説。

    ★架橋説
    コラーゲンたんぱく質の分子と分子の間に
    架け橋が異常に発生するために、
    細胞の働きを低下させるという説

    ★活性酸素原因説
    体に取り入れられた酸素の一部が活性酸素となって、
    細胞やDNAを傷つけるために老化が進むという説


    見て頂いたら分かるように、DNAの損傷や
    ミスコピーというのは、こんなにも老化にからむのです。
    活性酸素の過剰発生で、修復しきれないDNAの傷が
    日常生活で溜まっていくことが、
    細胞の老化をまねくのですから、
    これは放射性物質に限らない話です。

    実は、私は前からこういうものを持っています。
    ちょっと恥ずかしくて、今まで書けなかったんですが、
    ジャジャーン!

    img3434663czikazj.jpg


    528Hzの音叉です。
    この音は、DNAを修復する効果がある音だと言われています。



    アンチエイジングおたくなら、
    遊び心で欲しくなってしまう1品で、
    ずいぶん前から持っているのですが、
    久しぶりに出してきて、最近時々聞いています。
    まぁ音叉の音と言えば音なのですが、
    不思議と気持ちが落ち着いてきます。

    音はこんな感じです↓

    528Hz


    レオナルド・ホロヴィッツ博士という方が、
    「Healing Codes for the Biological Apocalypse」
    (生物学的啓示のための癒しの暗号)という本に、
    この528Hzの周波数の音を聞くと
    DNAを修復しやすくなるということをDNAの研究者の
    ヨゼフ・プレオ博士が再発見したと書いているらしいのですが、
    真偽の程は定かではありません。

    元々はソルフェジオ周波数と呼ばれ、
    グレゴリオ聖歌に見られる音階で、
    聞くと祝福に満たされると信じられてきたものなんですって。

    オーケストラは演奏をする前にチューニングしますが、
    オーボエが吹くAの音、ドレミでいうと
    「ラ」の音にあわせて行うそうです。

    このAを444Hzにすると、
    Cが528になるそうなんですね。

    ところが今、世界基準でAは440と決められていて、
    440の音楽は、人間のエネルギーやチャクラバランスを
    障害すると言っている方もいるみたいです。

    オーケストラでも、ドイツやオーストラリアでは、
    あえて上げて444とか445ヘルツにしているようですし、
    さまざまな音楽家からも、
    このほうがなめらかで活力ある周波数だと言われているようです。



    それで、友人でミュージシャンの石田大介くんに聞くと、
    既存の曲のピッチを4Hz上げると、Aが444になり、
    Cが528になるそうで、「528 LOVE Revolution」とか言う
    ムーブメントまであり、
    意図的に仕組まれた人間たちを争わせる440の周波数から
    平和の444へ、そして528Hzの振動を取り戻して、

    この世界を愛に満ちた世界に戻そう

    とかいう動きもあるみたいです。
    528HzのWEBラジオ局までありました。

    528Hzラジオ

    ここは、ずっとCが528Hzみたいですよ。
    今も聞きながら書いています。



    DNA修復は、元からアンチエイジングの重要テーマ!
    不安に支配されず、希望を胸に細胞修復しよう!!


    <アンチエイジングの鬼 >





    ☆528hzは既に生物化学者が壊れたDNAを修復するためにつかっている周波数だそうです。

    極(きわみ)528hz 高精度DNAチューナーセット極(きわみ)528hz 高精度DNAチューナーセット
    (ラバーマットとスタンド付き)
    あわうみ

    商品詳細を見る


    世界最高峰の国産ハンドメイドのDNAチューナーです。
    失われた古代のソルフェジオ周波数のMI( 528Hz DNAの修復、奇跡 )を意味するパワフルなチューナーです。


    ソルフェジオ周波数~440Hzは癒しの純正律、
    444Hzは歪みの平均律

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中