ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ヴァチカン銀行 マフィアの資金洗浄の容疑

    2012/06/13 00:08 ジャンル: Category:大量逮捕
    TB(0) | CM(0) Edit

    The voice of russia
    ヴァチカン銀行 マフィアの資金洗浄の容疑


    4highres_00000400330912 copy
    12.06.2012, 13:32 Photo: EPA


    イタリア検察庁はヴァチカン銀行に対して、マフィアの資金洗浄の容疑で口座の1つの情報を開示するよう求めた。「デイリー・テレグラフ」がイタリアの各メディアの情報として伝えた。
    容疑がかかっているのは、現在は現役を引退しているカトリックの聖職者ニンニ・トレッピエディ氏。2007年から2009年まで、トレッピエディ氏は総額約100万ユーロの送金に関わっていた。捜査側は、トレッピエディ氏がシチリアのマフィアで通称「悪魔」と呼ばれているマッテオ・メッシナ・デナロ氏の資金洗浄に関わったのではないかと見ている。
    検察庁はすでに1ヶ月半前に問い合わせを行ったものの、ヴァチカン銀行側は今に至るまで情報を開示していない。

    36歳のニンニ・トレッピエディ氏は最近までシチリアのアルカモで聖職者として務めていた。同氏の収入はシチリア島でも一番だと噂されたが、教会資産をめぐる不透明な取引をきっかけに、教会から追い出されていた。この事件はシチリア島を管轄するフランチェスコ・ミッシチェ司教の更迭にもつながった。



    中東で5年間 データを盗んできたウイルスが明らかに
    4RIA-404208-Preview.jpg

    Photo: RIA Novosti

      ロシアの「カスペルスキイ・ラボラトリイ」社は「おそらく最も複雑で困難だと思われる」コンピューター・ウイルスを突きとめた。BBCがサイバー安全保障に取り組む同社のブログから引用して伝えた。
     Flameという名称のついた有害なプログラムは、およそ5年間、中東諸国で活動し、Eメールでのやり取りや音声・文書ファイルなど極秘情報をコンピューターから盗み出していた。

     このウイルスには、個人、法人、政府・官庁のシステムも感染していた。攻撃対象になった国々は、イラン、イスラエル、スーダン、シリア、レバノン、サウジアラビアそしてエジプトだ。

      専門家達は、プログラムの規模や複雑さから見て、その開発には何らかの国の当局が関与したと考えている。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。