ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    東電社員 「福島第一原発2号機に再臨界の可能性あり」とメールで告発

    2012/05/31 14:33 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(0) Edit



    現場からの人々を思いやる、国土を思いやる為の勇気ある声に
    応える為には根本的な原発村の解体が急務でしょう。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120530-00000000-sasahi-soci
    東電社員
    「福島第一原発2号機に再臨界の可能性あり」とメールで告発

    週刊朝日 5月30日(水)7時6分配信
     
    福島第一原発(フクイチ)を本当の意味で
    収束させるのに、東京電力の解体的な
    出直しが必要なことは言うまでもない。
    だが染み付いた体質を改めるには相当なハードルが待ち受けるだろう。
    週刊朝日は東電内部でひそかに交わされたメールを入手した。
    そこには、フクイチ2号機で懸念される
    「最悪の事態」の可能性がつづられていた。

     書いたのは、東電の技術系社員で、
    東電の同僚社員と原子力機関の要職を務めたこともある原子力専門家に長文のメールを
    送信していた。

     メールは、2号機の水位について
    こう書いている。

    〈60センチという水位は、格納容器や
    圧力抑制室に非常に甚大な損傷が生じていることを端的に示している〉

     あいまいな言葉遣いに終始する東電本社の会見とは裏腹に、断定調だ。また、

    〈再臨界で新しい熱源ができていることも、決して無理な想定ではない〉

     などと書かれている。
    冷却がうまくいっていない。
    燃料の一部がたまった水の上にあるなど、
    想定できる条件はいくつもある。
    メールは、あらゆる可能性に触れた後、
    こんな衝撃の言葉が並んでいる。

    〈格納容器の内部がわからない現状を
    踏まえると、再臨界が絶対にないと
    言い切ることはできない〉

     と、再臨界の可能性が否定できないと
    いうのだ。あらためて指摘しておくが、
    このメールを書いているのは、
    東電の技術系社員だ。
    しかし現在まで、そうした危険性について
    東電が警告を発した形跡はない。

    ※週刊朝日 2012年6月8日号


    2号機のクリプトン85の上昇と東電技術系社員のメール
    http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1314.html

    福島原発の作業員800人死去の情報を東北大学医学部付属病院が緘口令
    を敷いて、外部に漏れなくしているのだが、惨状に堪えられない、医師や看護師らから、
    しだいに漏れ始めている。2012年5月1日↓
    http://blog.kuruten.jp/itagakieiken/205490





    これ以上現場から多くの犠牲者
    を出し続けてはいけない。

    金のためなのか、
    背後から脅かされているためなのか、
    原発村のどんな者の答弁も明らかにおかしい。
    論理のずらしかた、ぼかし方、最終的には
    個人的理由で逃げるパターンは、核心を避けるためだ。
    あんまりみんな右へならえだから、かえって核心の在りどころが見えてくる
    焦点の定まらない原発経済ロボットは腫れものには触れないようにマインドコントロールを受けている。

    原発の存在理由は、核廃棄物の生産だという定義を当て嵌めてみると、推進派の顔触れから論調まで悉く辻褄が合う。


    宇宙人
    預言
    戦争
    果てしないロマン
    これが曲者だ。



    鬼塚英昭著
    『黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア』
    原発利権の黒幕が実名で名指しされている。鬼塚氏は我々のために命懸けで書いてくれている。
    少し長くなるが原発利権の重要な箇所を抜粋していく。
    この情報を拡散することは鬼塚氏の身の安全につながると信じる。
    ロスチャイルドとロックフェラーの利権の関係も見えて来る。
    インターネットを席巻している『世界皇帝』デーヴィッド・ロックフェラー叩きはヤラセであることが分る。

    http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/224.html




    先月4月22日、山口県岩国市の三井化学岩国大竹工場の酸化塔で発生した爆発事故

    82fc49b1907f6b8955c8ecddfdc14204.jpg


    写真追1:1回目の爆発

    ■原子力発電所の2次産業

    三井化学大竹工場は原子力発電所の使用済み燃料から発生する「核燃料廃棄物(アイソトープ)」を扱っているとのことです。ここで今一度、原子力発電所が実際に行っている業務を優先順位の高い順から箇条書きにしてみます(裏ビジネス含む)。

     1.プルトニウム生産 - 兵器用
     2.トリチウム生産 - 水素爆弾、中性子爆弾、核融合実験炉の材料
     3.アイソトープ生産 - 医療用、実験資料、蛍光塗料、LED照明、兵器用

    あれ?発電は?と思われた方も多いと思いますが、実際には、発電はこれらの工業生産過程の余剰熱を使って水蒸気タービンを回しているだけのことであり、原子力発電所の存在意義とはまさに、放射性物質の生産にあるとも言えます。その意味では「使用済み核燃料」とは、立派な工業生産物であると言えましょう。しかも、上記のリストから分るように、その多くが軍事目的(兵器生産)であり、一般には民生用と思われているアイソトープに関しても、その使用目的のほとんどが軍事用であることは、もはやこの業界での常識となっています。

    (新) 日本の黒い霧
    http://blog.goo.ne.jp/adoi






    せめて止めよう電気代の自動引き落とし

    金持ちも貧乏人も、電気を使っていれば電力会社の「顧客」。
    私たち一般の消費者は、独占企業である電力会社以外から
    電気を買うことはできず、電気がなければ、憲法が言う
    「健康で文化的な最低限度の生活」さえ営めない。

     電力会社は、独占企業として、
    私たちの意見に耳を傾ける義務があるはずだ。しかし彼らは、
    そんな声をひとつとして聞き入れようとしない。
    それどころか『節電しないと計画停電する』とか、
    『原発を再稼働させないなら電気代を上げる』とか。
    私たちを脅迫してくるばかりだ。

     私たちは、原発で作った電気はいらない。

     その意思表示のために、電気代を不払いしよう。
    もしあなたが、自動引き落としで払っているのなら、
    それは原発推進に白紙委任状を出しているのと同じだ。
    だから、「自動引き落としをやめる」のが最初の一歩になる。

    「なくそう原発、滞納・不払いしよう電気代!」

     http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中