ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    台湾のお婆さんがくれた日本のほこり

    2012/05/04 01:05 ジャンル: Category:マスコミ報道の嘘
    TB(0) | CM(0) Edit



    日本を尊ぶ思いに打たれて涙が出る。





    それに比べて、韓国、中国、北朝鮮の反日感情は、

    暗く重く、パターン化して、実態もなく、イルミナティ

    の尻尾を掴まれ出したようだ。



    アメリカ人から日本人へメッセージが届いています。



    【Kazumoto iguchi's blog】

    さて、確かに日本国憲法は完全ではない。
    米国憲法とて不完全である。
    しかしかといって、戦前の帝国憲法とて同じである。
    まだ理想主義的アメリカの良い人々、良いユダヤ人、
    良い偽ユダヤ人の庇護のもとに作製された分、
    はるかにましである。
    帝国憲法は、封建主義の面影を残している。
    日本国憲法は、「恒久平和」を基礎にし、反戦の気風が強いが、
    それを米国イルミナティーの差し金だと見ることもできる。
    しかし、終戦直後の経済破綻時に再軍備したとすれば、
    おそらく軍事政権になり、より早く再び
    軍事独裁体制の国になり、韓国や北朝鮮や
    アルゼンチンのような国になり、決して経済成長は
    できなかったはずである。
    したがって、戦後の「日米安保条約」の下で
    米軍の核の傘の下で戦後復興に集中したこと自体は、
    ある意味で正解だったはずである。

    私の個人的見解では、

    憲法問題よりももっと深刻なのは、日本国内外に存在する、
    反日民族の問題であると思う。
    国内で憲法を遵守することもなく、治外法権で、
    経済的にも法的にも税的にも特例措置を持つ民族の問題である。
    こういう民族を母国へ返すか、憲法を遵守させるかの
    選択を迫られている時期に来たと私は考えている。
    もちろん、三極委員会のようなイルミナティー組織は、
    わざわざそういう民族を日本に残し、それに力を与えて
    「マイノリティーによる支配」という隷属国家支配の
    古典的鉄則に従っているわけである。
    もちろん、ここで言っている意味は、
    人種や民族の生物学的側面のことではなく、
    思想やイデオロギーの問題である。

    国内にこれほどまでに「反日思想」で洗脳されたマスゴミ、
    メディア、大企業が存在する時代にいくら良い憲法が
    存在したとしても意味がないということである。
    そういう時代にあって、仮に憲法を改正し
    軍備を持てるようにすれば、「反日」、「反日本人」
    思想を持った政治家による独裁体制ですら
    実現しかねないからである。
    これでは「敵に塩をやる」ようなことになるだろう
    ということである。

    まあ、そういうわけで、「憲法改正論議」より先に
    「反日思想撲滅論議」の方が先だろう
    と私個人は感じるのである。
    もちろん、言うまでもないが、ここでいう「反日思想」とは
    「ごく普通の日本文化や日本人に敵対すること」を意味し、
    必ずしも「天皇崇拝に敵対する」という意味ではない。
    要するに、「皇国史観」を維持するために「反日思想撲滅」
    するのではなく、「日本の歴史や伝統や精神性」を守るために
    「反日思想撲滅」するのであるという意味である。

    果たしてこれからこの国や世界がどうなっていくのだろうか? 
    たいへん興味深い時代に入ったことは確かなようである。
    今後を見守りたいところである。

    http://quasimoto.exblog.jp/
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。