ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    ひふみ祝詞をユダヤ人が聴くと(ウィングメーカー特別寄稿より)

    2012/04/17 14:17 ジャンル: Category:神代文字
    TB(0) | CM(0) Edit

    #08 12年02月号
    © 2012 WingMakers LLC, spiritstate.com & WingMakers Foundation Japan, All Rights Reserved
    特別寄稿 ふるべゆらゆらと ふるべ
    Written by Lyrica

    「一二三四五六七八九十、布留部 由良由良止 布留部」
    (ひと ふた み よ いつ む なな や ここの たり、ふるべ ゆらゆらと ふるべ)

    これは、「ひふみ祓詞」や「ひふみ神言」などと言われますが、
    Wikipedia によるとこの祓詞は、「死者蘇生」の言霊
    ということになっていました。

    日本神話には「岩戸隠れ」というエピソードがありますが、
    天照大神が岩戸に隠れてしまった時、その岩の前で他
    の神様達が唱えた言葉がこの「ひふみ祓詞」だったのだそうです。
    カバラの先生は、それが不思議でたまらなかったとおっしゃっていました。
    「なぜ、そんな場面で、みんなで数なんて数えていたのだろう?」と。
    ところがある日、意外なことが解ったそうです。
    ユダヤ人のお友達にこの祓詞を聞いてみてもらったところ、この祓
    詞をヘブライ語を使う人が聞くと、

    「どうしたら美しい人を外に出すことが出来るのだろうか。」

    と言っているように聴こえる…と言われたのだそうです。

    Written by Lyrica

    ☆☆☆images (12)


    初めて、私がウィングメーカーの3冊の本を手にしたのは、
    何年前になるだろう?
    それは松本図書館の棚に並んでいた。本を読み終えると、
    DVDが欲しくて、問い合わせたのだが、現在入手困難ということで諦めた。
    2年前にPCを購入し、早速ウィングメーカーを検索してみたが、
    読んだ本以上に目新しいものは見つからなかった。
    只音楽が視聴出来て、それはとても心地よく心に響いた。
    それでユーチューブを観るだけになってしまっていた。

    ところが、つい先日
    http://wingmakers.jimdo.com/
    ここを訪ねると、2012年という折も折か、
    (ウィングメーカーは2011年にアニムスという銀河系外からの、侵略者が
    地球を乗っ取りに来るという話なのだが・・・・)
    日本のウィングメーカーに関わる第一人者、Shimaさんが、
    日本で出版された3冊の本をカバーする電子書籍を紹介していた。
    3.11と日本の現状などに言及しながら、
    大変興味深く重要な情報を日本語に訳し、無料で公開していたのだ。

    ウィングメーカーは非常に哲学的、心理学的に深い。
    尚且つ芸術的、そして現実的だ。

    そしてそこに特別寄稿文として、Lyricaさんから
    「アジアのウイングメーカー遺跡と
    『ドールマン・プロフェシー』のアートについて」を読んで
    の感想が書かれている中に、上記ひふみ祝詞についての記事を見つけた。
    これを期に、是非、サイトに行きウィングメーカーに触れて欲しい。
    http://wingmakers.jimdo.com/



    Kazumoto Iguchi's blog


    最近のUFO目撃映像の数々:世界中でUFOが目撃されている!
    の中の一つ



    こんなに低空飛行だと、
    おちょくっているようにしか見えないよね!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中