ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    ジム・ストーンインタビュー・3.11~逃亡先のメキシコ地震

    2012/04/09 00:21 ジャンル: Category:ジム・ストーン
    TB(0) | CM(0) Edit



    彼はいくつかの脅迫の下に在り、これは遠隔地から行っている。



    最初私は国家安全保障局【NSA】で働いていた。
    そこで技術面の教育を受けた。
    1992年に大きな問題があることに気づいた。
    国がどのように運営されようが、
    大学で問題があることに気がついた。

    そしてこれがこの国で誰が問題を引き起こしているか
    明らかにしようとする主要な証跡だったのだ。
    誰がばらばらに引き裂いているか、
    誰が経済的に私達を奴隷にしようとしているのかや
    誰がそれらすべての狂った法律を書いているのかを。

    そしてそれ以来私は、話の真相を得ようと
    20年を費やした。
    私は沢山の発見をしたが、それを発表するのに怠惰で、
    来年やろう、来年やろうと言う感じになっていた。

    そして福島が起きた。
    http://jimstonefreelance.com/ フロントページ

    私は全ての機密情報を手に入れた。

    実際に福島を設計し、
    構築した原子炉のエンジニアにもインタビューした。
    地震と現実の綿密な調査も行った。
    そして500時間にも及ぶ大規模な
    レポートになってしまった。

    そこへ行ってもらえばわかるが、
    まず最初に、日本で9.0の地震は絶対に起きて居なかった。
    津波の映像を見れば解るが、
    仙台では、地震ではそれらの建物は完全に無傷だったのだ。
    6.3の地震で9.0の地震計の読み取りを得る事は出来ない。
    今福島に関して私達が知っている事は
    そこの海に核兵器が設置されていたのだということであり、

    新しい形のテロなのだ。






    私は、信号過程保管システム修復を保持する為の
    電子労働者での最高レベルに在った。
    新しいシステムの開発とかいったものはしていなかった。
    しかし誰もそれについて知ることがなく、
    それについて訓練されたこともない
    ブラックボックスがあるとしたら、
    私たちこそがそれが何か、
    それが何をしたかを見つけだすこと
    を期待され、それが働くようにするのだ。
    私達はそういった類の人々だった。

    アメリカ国家安全保障局の中で私達はほんの少数。
    それが私が入っていた全てである。

    そしてその後知って置いて欲しい重要な事は、
    私はそこを出た後、
    コントローラーと自動化システム産業に行った。
    そして福島にあった制御システムのタイプに、
    私は非常によく精通していたのだ。
    私が、実際に福島の設計者たちを驚かせたように、

    一旦、あるレベルの資格を得ると、
    どんなシステムであれよく知ることができるのだ。


    キャプション抜粋





    私は福島の報告書の関係で
    国から追われている為にメキシコにいる。
    何度も命の危険にさらされ、2回投獄されている。

    だからメキシコに地震が起きた時に私はここにいた。

    実際、あの地震が起きた時に、まさにこのスターバックスの
    まさに今座っているこのテーブルに座っていた。

    そしてオバマの娘もこの地震の最中にチアバス地区にいた。

    オバマは我々はイランとの戦争へはいかないと言ったことで
    脅かされている。







    震源が深さ10kmで起きる地震の多さ
    日本の掘削船「地球」もある深さまでは記録を伸ばした。
    この深度はだいたい地下10kmの深さらしい。

    3/9の水平の揺れ


    日本の読者からのEメール

    3月9日、午後の早い時間に私は車椅子の父と
    公園にいました。
    私は立っていたのですが、めまいを感じました。
    天井を見上げると物が揺れていました。
    だれもそれが地震だとは言いませんでした。
    まるで大きな揺れの頂点に立っているような
    感じだと説明できます。
    ゆっくりとしていて垂直ではなく、水平だったのです。
    それがマグニチュード7.4だったのです。


    9.0という値の異常さ、
    まともに9.0の地震であったなら、
    コンクリートの建物の倒壊は勿論、
    駐車場に止めて在る車さえ、潰され投げられてしまうだろう。
    津波が来るまで木造家屋さえ崩れていない、

    私は日本の地震観測点で測定された全ての最高ピーク時強度を持っている。
    それらは5~7程度の揺れで、それは本当の震源地からずっと離れていた。
    本当の震源地では6.67だった。


    キャプション抜粋
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中