ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    おしりをあたためたら、すぐに治った坐骨神経痛。

    2012/03/17 14:17 ジャンル: Category:坐骨神経痛
    TB(0) | CM(0) Edit

    小野洋子がジョンレノンと出逢った切っ掛けもおしりでしたよね。


    坐骨神経痛はおしりを暖めるとスンごく良くなります。

    この時ばかりは、腰を温めてもよくなりません。

    おしりを温めてみて下さい。

    そうすると こんなかんじ!





    こんなにひえていたんだ

    あたしのおしり


    ああ

    おしりはなんて

    おざなりにされて来たんだろう。

    私はなんておしりのことを無意識のうちに閉じ込めて置いてきたことだろうか。

    54年の歳月の中で、

    只、大きすぎるの形が悪いのと
    隠しこそすれど、ひとつも
    思いやることにに至らなかった。

    我が人生を振り返る。

    ごめんね  おしり

    わたしは これからは 

    おしりをちゅうしんにいきよう。

    そうだ

    アセンションはおしりから

    はじまっているのかもしれない。

    ・・・・・・・・・・・

    というふうに いいきもちになります

    ひえたときは まずおしりを

    熱~く絞ったタオルで包んで揚げて下さい。

    おしりは身体の家のお母さんです。

    ときにはやさ~しく

    むしタオルでつつんであげてください。

    あなたのおもいやりのはどうが

    タオルのぬくもりとともにおしりをつつんだとき

    すぐにおしりは おもいやりをはっきして

    つらいももやこしのつっぱるようないたみを

    やわらげてくれます

    すぐにです!

    しょうがのしぼりじるをいれてあたためた

    おゆで2枚のタオルをしぼって

    どんかんだの

    むしんけいだのとごかいしてきた

    ふたつのしりっぺたちゅうしんに

    あててください やさしく つつむように


    あったらいいもの

    ①ごむて

    ②なべ

    ③しょうが

    ④がーぜ(おろしたショウガを包む)


    ⑤衣類を濡らさない為のバスタオル


    ⑥タオル2まい

    ⑦しちりんORまきORガスORでんき


    あれは揉みから玄米に摺れるコイン精米機を探して、
    隣村までカブに乗って行って来てからのことだ。

    http://fanblogs.jp/keme/archive/182/0

    足が、腰からお尻の奥の筋肉が、つるように痛くなって、
    寝ても起きてもいられなくなった。

    腰を生姜湿布したが、効かない。
    調べると、坐骨神経痛は、腰を温めても駄目だが、
    お尻を温めるとあちらこちらへつながる筋肉が
    和らぐと書いてありました。

    さっそくおしりをあたためると、
    こんなに冷え切っていたのかと
    初めてお尻の存在を認めました。

    おしりが暖まる頃には、すっかり痛みが消えていました。
    多少のツッパリ感が残っていたので、
    翌日もう一度温めると、
    きれいに治ってしまいました。

    おしりにあっつ~い生姜湿布を!



    坐骨神経痛はおしりを温めて!


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中