ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ラエリアン・ムーブメントの有機ロボット構想に吐き気を覚える主婦

    2012/03/04 13:23 ジャンル: Category:UFO
    TB(0) | CM(2) Edit

    私は神様とか仙人とか仏様とか物心ついた時から大好きで、
    始めて東京へ行って暮らし始めた時は、統一教会、ものみの塔、真光、創価学会、
    何処へでも出かけて行って話を聞いた。

    統一教会では講師が永遠の命と簡単に言うので、永遠に生きるってどういう状態ですか?
    と訊いた。本来私達の存在など無から無限に至る間のチョビットした存在でしかない。
    どんなに極めてもしょせんは無も永遠も無限も証明できる訳が無いと思っている。
    それをさも自分が経験してきた事実であるかのように永遠の命を宣伝しまくるが、
    限りがあるから尊いと言えるのではないのか?
    講師とのやり取りを聞いていた友人が口をはさんだ。
    永遠って、それは感じでなんとなくわからない?
    やっぱり最後は感覚で解るしかないよ。

    だったら、自分でも納得の出来ていない言葉を弄するでない。
    ごちゃごちゃと理屈で説き伏せようとする宗教など生まれた時からサタニストカルトなのだ。


    ものみの塔は
    優しいお姉さんがアパートまで来て、講義をしてくれた。
    バターたっぷりねり込んだ豚カツまで作って来てくれた。
    わー美味しいといいながら心に疑問符が浮かんだ。
    ものみの塔が私を惹きつける最大の魅力テーマについてだ。
    それは、来る日の暁には、人間も肉食獣もみな草食になる、
    というものだ。(その日が来たら、全てが草食になる)
    せめてものみの塔の聖書信仰者くらいは
    今からそれを実践した方が説得力あるでしょうに・・・。

    でも豚カツの美味しさで、すっかり気を良くした私は、
    豚カツをパクパク食べて、お姉さんの料理の腕を褒めちぎって
    その日の講義は無事終えた。

    しかし、考えても見ない所から、破局は訪れた。
    同性愛についてである。
    私は別に同性愛論者ではないのに、
    同性愛を否定するものみの塔のお姉さんと、
    何故かここで激しく対立してしまったのだ。
    結局のところ、彼女の結論はいつも、
    聖書の何章の何処にかいてあるから・・・
    であり、それが私をいらつかせた最大の原因だったと思う。
    ホモ談義の内容はすっかり記憶に残らなかった。

    長くなってしまった。
    これでは今日中にラエリアンムーブメントに辿り着けないので、
    むか~しの思い出はまた語ることにしよう。

    ラエリアンムーブメントを私が知ったのは、昨年の事だ。
    無料だったので、片っ端からダウンロードして、片っ端から読んだ。
    実に面白い内容で、集会に出掛けて行ってみても面白いかも・・・
    と思いかけた頃、問題が浮上した。

    遺伝子操作で得る永遠の命・・・まではなんとか無理やり納得してみたものの、

    「遺伝子組み換えで有機ロボットを作り、嫌な仕事は全部ロボットにやらせればよい」

    私が読んだラエリアン・ムーブメント・ダウンロード版の最後の最後に出てきた話だ。

    これこそサタニストカルトの無慈悲さを露呈する嗜好ではないか!

    痛みを感じない有機ロボットや臭さも感じない有機ロボットを作る。

    考えても見て欲しい、そのロボットを作りあげるまでの試行錯誤のために
    臭いも痛みも感じる人間達がどれだけ犠牲になるかを・・・

    残念なことに、この馬鹿げた話はとうの昔から現実化している。

    最近ではこんな話がある。(動画も見れます)
    ↓↓↓
    ナイジェリアで「人+羊」のキメラが誕生した!?:地球が「キメラ王国」になる日?


    宗教の善悪の決め手は、慈悲心の深さにある。(道徳)


    どんな科学的論証も絶対はないということを、私達は歴史から学んだ。

    しかし、信じようとする所に道は出来る。

    我々大和民族は、奴隷を必要としないのだ。

    森羅万象、生きとし生けるもののすべてを平ら成すために、

    大和なる民族はこれらサタニスト・カルトに対峙して存在する。

    私に置いて、ラエリアンの学習はこのように昇華されたのである。

    さて今頃は沖縄で、傷ついた避難ママを狙ったサタニストが、
    ガレキ反対のデモでラエリアンムーブメントを拡げている頃だろう。


    沖縄でカルト団体が明日の日曜に「ガレキ反対」のデモ。避難ママの勧誘目的か?注意して下さい。


    3月4日沖縄ガレキ反対デモはサタニスト・カルトが主催
    関連記事
    スポンサーサイト

    Re: 有機ロボット
    安心しました。
    情緒があれば生理的に受け入れ難い話ですよね。
    奴隷が働く天国を想像できるのは、白人だけだと思います。
    [ 2012/11/12 02:24 ] [ 編集 ]
    有機ロボット
    「有機ロボット」
    確かに僕もここが納得できないんですよね。生命を軽視しているというか、まるで人類家畜化のような思想で…
    [ 2012/11/11 23:37 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。