ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    日本の野原に蘇るススキと共に

    2011/10/21 16:50 ジャンル: Category:世界
    TB(0) | CM(0) Edit




    ベンジャミンフルフォードからのメッセージ
    世界的な金融力でポールシフトはほぼ完了です

    投稿者ベンジャミン2011年10月3日
    過去300年間の世界の大部分を制御している徒党を削除する処理は、
    直接にテイクダウンで関係者によると、ほぼ完了です。
    テイクダウンは、世界の軍隊、警察、諜報機関によって行われています。
    ダウン取られているグループは、トゥーレ協会、
    ジョージブッシュシニアが率いるスカル&ボーンズナチスのコングロマリットです。
    このグループは85%で世界人口を削減し、
    ファシスト世界政府を開始するために世界大戦3を起動しようとしていた。
    その代わり、彼らは破産し、刑務所に入れられます。
    テイクダウンの証拠は、今すべてを参照するために可視になりつつある。
    例えば、IMF、最後の手段のはずの世界の貸し手は、
    彼らがユーロを支援するお金がないと言っている。
    これは戦後の権力構造が終了することを公に入手可能な証拠です。

    ロスチャイルド家は"離れて行く。"ホワイトドラゴン学会$ 25兆提供
    投稿者ベンジャミン2011年10月18日
    ロスチャイルド家と呼ばれる高レベルのbankstersは"離れて行く。
    "ホワイトドラゴン学会$ 25兆提供WDSの代表者がと言うと
    "あなたがそれ50000000000000ドルを作ることができる?
    、"彼らは"何でもしたいことを確認。
    "、ちゅうちょせずに、答えて問題は、WDSが不正に作成されて
    盗まれたお金やお金のいずれかを受け入れることができないです。
    彼らはまだWW3を開始しようとしている両方のためどのような場合でも、
    ロスチャイルド家とブッシュの暴力団は、単に時間のために遊んでいる。
    イスラエルはイランを攻撃するために
    オバマギャングボスラームエマニュエルで緑色の光を与えられている。
    ブッシュ/ロスチャイルドのエージェントアフマディネジャドは、
    ハイレベルのペンタゴンの情報筋によると、
    イスラエルの大部分を破壊する緑色の光を与えられます。
    彼らはイベントのこの悲劇的なコースはその後、
    彼らのゴグ/マゴグ偽の終了時間のシナリオをオフに設定することを望む。
    イスラエルの人々は、電源からギャングネタニヤフを削除することで
    、ASAPこの狂気を防止する必要があります。



    ねずきちのひとりごと
    ススキとセイタカアワダチソウのお話


    もはや日本の野原は、完全にセイタカアワダチソウに占領されてしまったかに見えるくらいまでになった。
    セイタカアワダチソウは、自分だけが群生し、密生し、地下に毒素を撒き散らして他の植物を追いやります。
    そして、自分たちが密生するだけで、花も幹も根も、人々の生活には何の役にも立たない。
    そこに前から住んでいた、小動物や昆虫類まで殺してしまう。
    セイタカアワダチソウ


    要するに、彼らは、他の動植物すべてに対して、敵対的なのです。
    日本的「共生」や「和」の精神なんてカケラもない。

    実際、セイタカアワダチソウの繁殖のおかげで、空き地に咲いていた秋の風物詩、コスモス(秋桜)や、萩(はぎ)の花、桔梗(ききょう)や、撫子(なでしこ)、葛(くず)、藤袴(ふじばかま)、女郎花(おみなえし)なんで、一昔前までは、秋になれば野山でどこでも見れた雑草だったのだけれど、ほんとにこの何年かは、人工的に繁殖させているところ以外は、まるで見かけなくなってしまいました。
    ところが、です。
    このセイタカアワダチソウの圧倒的な侵略に対して、「許さないぞ!」と立ち上がった日本の古生種の植物があります。

    ススキです。

    ススキ


    在日渡来種のセイタカアワダチソウは、まさに我が物顔に日本の野山を占領しました。
    そして自分たちだけの繁栄のために、地面の栄養成分を吸い尽くします。
    それだけなく、地中は、彼らの出した毒素で充満してしまう。
    おかげで、彼らセイタカアワダチソウは、あちこちで自滅をはじめてしてしまったのです。

    このとき、それまでじっと耐えていた日本古来のススキが、野原でふたたび勢いを取り戻し始めます。
    ススキは、セイタカアワダリソウが枯らした土地にふたたび栄養素を与え、毒素を消化し分解します。
    ススキの繁殖のおかげで、土地はふたたび栄養を取り戻す。

    そしてススキの群生によって、野原にモグラやミミズも、戻って来た。
    スズムシなどの秋の昆虫も帰って来た。
    そして、少しずつではあるけれど、あの可憐なおみなえしや、なでしこ、コスモスなども帰って来たのです。

    一時は、自己中で排他的なセイタカアワダチソウに奪われたかに見えた空き地が、いまふたたびススキやなでしこなどが共生する、もとの野山に戻りつつあります。

    ここまで来るのに、何年もかかった。
    その何年もの間、ススキは、じっと耐えながら、自分を鍛え、時節の到来を待ち続けたのです。

    いまもまだ、排他的なセイタカアワダチソウの群生は、そこここでみられます。
    けれども、彼らは、排他的であるがゆえに、一時的には興隆を誇っても、結局は自滅していきます。

    そしてもとからある日本の草花が、友を呼び、様々な美しい花を野原に咲かせてくれる。
    日本の古来種が、いま、ふたたび野山にもどりつつある。

    なんか、いまの日本をみているようです。

    いまこれをお読みのあなたが、もし、セイタカアワダチソウの群生する中に、ほんの少々のススキを見かけたら、遠くからでもいい、ぜひ心の中で、「がんばれよ」と声をかけてあげてください。

    ススキは、私たち日本人の仲間なのですから。


    【ねずきちのひとりごと】ブログより
    転載させて頂きました

    す・す・き がんばれ~!

    【化女】
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中