ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    リトルカブで4トントラックと正面衝突その4  門前戒  

    2017/02/02 16:29 ジャンル: Category:リトルカブ
    TB(0) | CM(0) Edit



    岩屋社で求聞持法を1111回唱えようとリトルカブで向かった
    私は虚空蔵菩薩に門前払を食らったのか・・・

    https://plus.google.com/+%E6%A2%85%E5%B0%BE%E6%B3%B0%E5%B7%8C

    monnzennkai.png

    http://blog.goo.ne.jp/akibus/e/29cb789b5460e950ec7af102e9bf6997
    βエンドルフィンで酩酊状態の私の意識はまさに寂静にあって門前戒を受けていたとも思えるのだが・・・。

    ヘミシンクを開発したモンロー氏も幼いころ雷にあったことを回想するシーンのあと、
    人は誰でももう少しで稲妻に打たれる経験をしないと自我が覚醒してくれない、
    ということでないように願いたい。
    と言っているが・・・。

    ::::リトルカブで4トントラックと正面衝突その4::::

    私を乗せたタンカーが到着した部屋は、特別室の個室だった。
    革張りの大きなソファーとテーブルのある部屋。
    奥にベッドとその横にもソファーがあり、トイレとシャワー室に大型液晶テレビも完備されている。
    二部屋一面の大きな窓の外には、里山と田園の大パノラマが広がっていた。

    ・・・・
    「何…この高級ホテルなみの部屋・・・・
    確か、看護師さんには大部屋希望だって言ったんだけど…(;^_^A」
    とつぶやくと娘が、
    「大部屋いっぱいなんだって・・・大部屋があくまでここしかないんでしょ・・・。」
    「料金は・・・」
    「大部屋分でいいでしょ、希望してもここしか空いてないんだから・・・」

    「…ラッキー♡・・・」

    「うわー・・・みんな足が足がって言ってたから、足を骨折したんだと思ったけど、
    手だったんだ~・・・」
    と言いながら、恐る恐る私の手首から突き出て腕に伸びた鉄の棒を触ってみていた。


    落ち着いて自分の腕をみてギョッとした。
    緊急措置なのか、外側から手首と腕の折れた骨を固定してあるようだ。
    ・・・これが仮の処置ということは・・・


     
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中