ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    エリア51は宇宙政府の基地だった!鈴木医学博士---NASA医務官の公務証言

    2016/10/26 14:25 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit





    Suzuki Ryusei
    USS/ UFO University 
            

      鈴木 龍成 1960~ 東京大学医学部 医学博士 国立病院長 
    NASA医務官 Area51の軍事施設群等で宇宙人たちと共同研究<1992>したと公務証言。
     現在も親しい宇宙人と交流中です。


     しかし 監視は非常に厳重で 秘密も多く 
    鈴木博士は 体調等も優れないため帰国しました。 

     同博士は そこの施設群で知り合った宇宙人
    <白鳥座の惑星から飛来した>オーソン氏と交流中であると公務証言されました。  


    (NASAの裏面史を学ぶ)

     NASAは 全世界の宇宙情報を一手に管理している宇宙情報機関であり 
    地球人類のほとんどは 真実を知らされていないということを思い知らされました。
     

    この宇宙情報機関は 極秘に約50年間にわたり
    地球外知的宇宙人(ETI)の情報を集積し
    膨大な画像と動画を一般大衆に 絶対に見られまいと
    意図的に厳重に管理していました。
     国民に情報公開したのは 1% にもならず
    鈴木博士は この実態を知った時 大変なショックを受けました。 

     


    ■ 現在 地球に飛来している宇宙人は 約10種類以上いました。


    ① 人間に似たヒューマノイド・タイプ  

    ② 体の小さい小人タイプ

    ③ 人間よりも大きな巨人タイプ

    ④ 野生の野獣のような獣タイプ

    ⑤ 異臭を放つなど その他の多様なタイプ
     

     1947.7/2にニューメキシコ州に墜落したUFOから回収した宇宙人は2体 が焦げており
     顔はボーリング状の玉のような形状をしていました。 

      UFO宇宙船の形状は エイのような形をしていました。
     その他 米国内で回収された無数のUFOやETIの宇宙船や遺体等も見せられました。
      とりわけ 注目したのは Roswell UFO 事件で回収された宇宙人の遺体を
    冷凍保存されたものと 腐敗防止処置されたものを見た時でした。 
    以上の体験をした場所は NASAの特別医療施設群の研究室でした。
      


    ■ 宇宙人の寿命は 1000~2000年であり
    脳の劣化は 見られず 進化するのみであり 
    しかも 前世の記憶は正確に残り さらに 
    死亡するまでの行動がMind(こころ)に残ります。 




    S4は 広大な地下研究施設群からなり いくつもの専門の部署から構成され組織化され
    時々 複雑な配置のため自分がいる位置が 分からなくなることもありましたし
    全米の軍事極秘施設とは 超高速のリニアーカーで連結されており
    表からは一切 内部の実態は 分からないようになっていました。



    1997年の出版です。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中