ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    善いエリアンと悪いエリアン

    2016/10/17 23:57 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit






    偽りの存在であることに気つけ
    多くの痛み、まだ時間はある。
    まだそこに善があることを信じろ
    欺きに抗議する。
    パイプは閉じられようとしている。

    クロップサークル
    エイリアンディスクの解読


    昨年2010年の8月、スティーブ・グレアが出演した
    インターネット・ラジオ、TruthFrequencyでのインタビュー
    http://ettechnology.web.fc2.com/
    善いエリアンと悪いエリアンを語る人がいますが、
    私はちょっと待ってください、
    この地球に飛来出来るような惑星間を飛行できる文明は
    地球をあるいは彼らのお互いの世界を
    宇宙に漂うピンクの蒸気に出来る技術を持っているでしょうと言います。
    惑星間を飛行するような技術、
    光よりも早く飛行するような技術を持つためには、
    意識は進化、開発されていなければならないと思います。
    意識の本質の開発が必要です。
    と言うのは、そこで未熟な意識をもった人々がこの技術を手に入れたら
    自分自身を吹き飛ばすようなことになってしまうからです。
    これが、現在の人類なのです。
    集中した権力を持った集団がいて、
    驚くほどの科学技術を所有し、その技術を使って、
    ET宇宙船を標的にしているのです。
    私はディスクロージャー・プロジェクトのなかで、
    これを実際に目撃した複数の独立した協力者の証言を聞いています。
    これは悲劇的なことです。
    もしETに敵意があるなら、我々は、とうの昔に、
    1947年か1945年頃に焼かれているでしょう。

    ・・・・・・・・・・・・・
    あらゆる種類の恐怖の流布がまかり通っています。
    私の見解では、軍事企業集団は
    人々が何かに脅える事を望んでいるからです。
    最終的には、ウェルナー・フォン・ブラウンが警告したように、
    宇宙からの脅威と言うコスミック・トランプ・カードを手にしたいからです。
    明らかにそのような脅威は存在しないのです。
    我々はそれを知っています。
    しかし、スティーブ・ホーキングでさえも
    ETとコンタクトしない方がよい、
    彼らは地球を植民地化しようとしているかもしれない
    などと愚かな発言をしています。
    これは惑星間を飛行するような文明に対する
    我々自身の機能不全を反映した
    全く悲しい話で、現実に即していません。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中