ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    洗剤で環境汚染をせずにすむ超音波洗濯機がすでに作られていた

    2015/02/11 09:51 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(1) Edit

    液を塗るだけで歯が再生するという 痛みのない治療法が開発された!
    2012年にこの記事を書いて以来、歯医者にも行かず
    ひたすら待っているのだが、何の音沙汰もない・・・。

    スタップ細胞騒ぎの渦中で思い出しては、
    歯の再生もこの様な体制下では、許される訳が無いと思ったものだ。
    歯医者が要らなくなるというより、
    歯に群がる製薬及び医療機器関連会社が潰れてしまうからだ。
    で、私は蓬龍宝で歯磨きを始めたのだが、めっちゃいい!
    歯槽膿漏も虫歯もさよなら状態でいる。
    欠けたままどうしようもない歯が、欠けたまま、痛くも何ともなくなって、
    歯ぐきが元気で、そのせいか何度も取れていて、今度取れたら入れ歯
    と言われている前のさし歯まで、一旦ぐらつきかけたのに、
    いまはしっかりと硬いせんべいまで噛めるほどになっている。
    恐るべき乳酸菌の威力、本来の肉体の感覚が目覚めて来る。
    おまけに腋臭まで50ccとひと飲みで消し去った。
    よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】1.5L×2本入
    そんなお金も無い人は、米のとぎ汁乳酸菌を有効利用することだ。
    発酵マニアの天然工房が発禁になる訳だ。
    スタップ細胞を活性化させたのは植物性の乳酸菌なのだ。
    理研は利権の科学、そんなものにぶら下がってる金権ロボットどもの
    薄汚い手口は既に公然のものと化している。

    抑えきれないほどの技術が沸々と闇の被いの下から
    はみ出して来ている、我々一般人類が
    フリーエネルギーと健康を手に入れるのはもうすぐそこだ。


    zeraniumのブログ

    ・洗剤で環境汚染をせずにすむ
    超音波洗濯機がすでに作られていた


    飛鳥  
    以前、まだ久米宏が『ニュースステーション』の司会をしていた時に、
    マイクロバブルの洗濯機を紹介していましたね。
    あれはいまだに商業化されていないでしょう。

    船瀬  
    あれは俺が関与していました。実は潰されたんです。
    私はあれにカネを何百万使ったかわからない。

    私は財産全部をはたいて、あの発明家を支援したのですが、
    結局、大手の洗剤メーカーに潰された。
    あの洗濯機は家電メーカーも実用化しようとしたけど潰された。
    あれは超音波洗濯機です。私は実験のデータを全部持っています。
    実際のテストでも、油汚れや、爪で引っかいても落ちないような汚れまで、
    全部見事に落ちましたね。
    だけど新聞では、「これで汚れは落ちない」と異常なくらい叩かれた。

    飛鳥  
    (洗剤と違って)あれで公害が出るわけがない。
    (利権がからんでいるから)マスコミも一緒になって、
    全部が束になって潰しにかかっている。

    船瀬  
    あれをつくったのは発明家の金澤さんだけど、
    恐らくもう亡くなっていると思う。
    破産して行方不明になった。私も有り金をほとんど使ってしまった。
    実験効果を証明する写真も全部ありますよ。
    私は貧乏もの書きでカネはなかったけど、
    住宅の資金を全部それに使い果たした。
    それを三一新書の『地球にやさしく生きる方法』(1993年)
    という本に全部書きました。
    それは超音波洗濯機の未来についてです。
    国際特許も取っていたのに、結局、
    バッシングがひどくて商品化できなかった。
    だから業界が怖れて手を出さないんです。

    飛鳥  
    洗剤メーカーを潰してしまう。

    船瀬  
    要するに本当に公害を出さない良いテクノロシーは、
    完全に政治的に圧殺されるんです。
    私はそうしたグリーンテクノロジーについてその本に書きました。

    地球にやさしく生きる方法―21世紀への楽しいテクノロジー (三一新書)


    ワンチャージで548キロも走る電気自動車
    IZA(イザ)は25年前に開発されていた!

    船瀬  
    電気自動車のIZAをご存知でしょう。(P.132の写真参照)
    IZAのデビューは1989年ですが、とにかく格好いいんです。
    あれを作ったのは国立環境研究所の清水浩さんですが、
    彼は東北大を出た天才エンジニアです。
    東電からカネを引っ張って、彼が1人で作りました。
    ワンチャージで548キロ走りますが、今より当時のほうがすごかった。

    最高速度は176キロ。ニッカド電池ですが、
    これをリチウムイオンにすると1200キロ走ります。
    100キロで、東京から岡山までノンストップで走れる。
    ゼロヨン加速がすごいんです。
    だからスポーツカーなんか吹っ飛んじゃう。
    それはすさまじい加速力です。

    なおかつ、すごいのが燃費です。
    大きさはマークⅡと同じ大きさの車体ですが、
    マークⅡは原油1リットルで20キロぐらいしか走らない。
    当時としてそれでも大したものだけど、
    でもこの1リットルの原油を火力発電所で燃やして電気に変えて走ると、
    IZAは1リットルで65キロ走ったんです。
    つまり3倍以上走った。

    ということは全部IZAに変えると、
    世界の自動車用燃料は3分の1から4分の1で済む。
    そうすると一番困るのは、石油王ロックフェラーなわけです。
    これがすでに25年前の話です。
    私はこれを三一書房の『近未来車EV戦略』(1993年)に書きました。
    『疾(はし)れ! 電気自動車』(築地書館、2004年)も書いた。

    私はこれをなんとか作ってくれということで、まず日産に行きました。
    「IZAをつくってくれ。そうしたらお宅はトヨタを追い越せる。
    日本は世界に冠たる電気自動車大国になれる」と。(略) 
    未だに俺は悔しくてしようがない。
    量産すれば価格もすごく安くなる。

    飛鳥  当時の日産とかトヨタにとれば、これは恐怖だよね。

    船瀬  
    頼むからこのIZAをぜひ日産でつくってくれと頼んだ。
    そしたら責任者は、「お気持ちはわかりますが、
    IZAは日産には作れません。IZAはあまりにも性能がよ過ぎます」と(笑)。
    それで今度はマツダに頼んだ。
    そしたら、「無理です。それはもはや国策です。
    わが社1社だけで決められる問題ではありません」と言った。
    日本は社会主義国家か!? 今度はホンダに行った。
    だけど広報部長の女性が、
    IZAも清水浩さんも何にも知らなくて話にならなかった。

    トヨタはもっとすごかった。
    トヨタも電気自動車を開発していたので見せてもらい、
    それについて聞いた。
    「これのレンジはどのくらいですか?」と聞くと、
    環境部長がもう1人の担当者にいちいち聞く。
    「君。これのレンジはどのくらいだね?」
    「ちょっとお待ちくださいませ。これは60キロになっております」 
    「ええっ、ワンチャージ60キロ! たったの?」俺はびっくりした。
    「失礼ですが、これのバッテリーは何ですか?」
    「君、バッテリーは何だね」「バッテリーは鉛になっております」

    俺はひっくり返った。
    だってリチウムイオンの時代に鉛電池だって。
    IZAはニッカド電池で548キロ走っているんだよ。
    「天下のトヨタが今どき鉛電池ですか」
     「ですから船瀬さん、こういうことだね。
    (ワンチャージ)60キロだから、結局30キロ以上は行けないということだね。
    戻らにゃなりませんからね」(笑) これが10年くらい前のことです。

    飛鳥  
    で、IZAは結局どうなったの?

    船瀬  
    何にもならなかった。歴史の闇の中に葬り去られた・・・。
    IZAの時にはっきりわかったよ。
    日本の企業はいいものは潰す、悪いものは伸ばすとね。
    その基準を作っているのがロックフェラーやロスチャイルドだ。
    なぜ日本の企業がだめになったか、私はその官僚主義の10ランクを、
    「日本企業が崩壊する10ステップ」と書いた。
    テレビドラマの『半沢直樹』も保身主義から始まってるけど、
    保身主義、無責任主義、前例主義、保守主義、縦割主義、派閥主義、
    密告主義、虚言主義、退行現象、動物化。
    ジョージ・オーウェルの言ったアニマルファームです。

    飛鳥  
    戦中の日本もこれでしたね。
    日本は技術開発とか底辺は優れているけども、
    上のエリートに行くほどバカになってる。
    なぜかというと、日本で出世する方法は失敗しないことだから。
    失敗しないためには何もしないこと。だから何もしない奴らが出世していく。

    船瀬 
    だから官僚主義になる。
    前例主義、無謬主義。つまり遅れず、休まず、働かずとなる。

    飛鳥  
    戦国時代の日本人と今の戦後の日本人を比べてみるとよくわかる。
    権謀術数の駆け引きとか外交戦術などは、
    戦国時代の日本人のほうがまだよく考えている。
    戦後、なぜこんなにだめになったか。
    これもある意味、アメリカの戦略だった。

    船瀬  
    当然ですよ。フリーメーソン、明治維新です。
    あの吉田松陰がこんな句を残している。
    「かくすれば、かくなるものと知りながら、やむにやまれぬ大和魂」。
    あんたアホかの世界でしょう。
    「こうしたらこうなるとわかっちゃいるのにとめられない。
    誰か私を止めたって~」(笑)。

    本居宣長だって、「敷島の大和心を人間はば、朝日に匂う山桜花」。
    あんたは人間だろう、何が桜だ。
    要するに美意識に託したシステム思考になるわけ。もっとひどいのは、
    「撃ちてしやまむ」。とにかく撃て、撃ったら終わる。
    「撃ったらどうなるんですか」「先は考えるな、バカヤロー」
    それに会津の、「ならぬものはなりませぬ」。
    理由を言いなさいよ、理由を。
    「ならぬものはなりませぬ」では意味が通っていないでしょう。

    飛鳥  
    最後はひどかったね。
    女、子どもに竹やりを持たせて、
    自分たち体制側(大本営)を守れと、女、子どもを前に出した。
    その後ろに隠れるのが大和魂と言うんだからあきれ果てる。



     
     
    『ハイジャックされた<>を99%の人が知らない』
    船瀬俊介×飛鳥昭雄  ヒカルランド


    抜粋



    格安で世界発売になったオーマサガス・HHO発生装置!

    HHOガス発生装置が二万円で買えるようになりました。
    大政ガスのHHOガス発生装置がアメリカのベンチャー企業から
    二万円くらいで発売されました。
    長年の夢であったフリーエネルギー、HHOガス発生装置が
    格安で世界中に発売されるという時代がやっと到来しました。
    driveh2oとインターネットで検索すると
    その企業のホームページにたどりつきます。
    自動車に40分で装着すれば、ガソリンが60%節約出来ます。
    船舶用のナノバブル技術を使用した水素ガス発生装置は
    7万円で燃料費を80%節約できます。
    安いのは一万位からあります。
    この企業は今専務代理店を開設して、
    日本代理店を、募集しています。
    さっそく、二万円の車用のナノバブルHHOガス発生装置を購入しました。
    大政ガス


    http://www.ohmasa-gas.org/




    ・大学の科学研究費約600億円の9割が東大の取り分と決まっている



    関連記事
    スポンサーサイト

    大政ガスについて
    初めまして、宮原と申します

    今回ご連絡したのは、大政ガスを使ったがぞうの機械を購入したいと思いましたが、リンク先のホームページがないんですが、わかりますか?
    [ 2016/01/09 22:05 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。