ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    チェリャビンスクで起きた隕石爆発その後の詳細

    2014/09/14 08:45 ジャンル: Category:UFO
    TB(0) | CM(0) Edit


    「矢追純一」に集まる未報道UFO事件の真相まとめ ~巨大隕石落下で動き出したロシア政府の新提言「矢追純一」に集まる未報道UFO事件の真相まとめ ~巨大隕石落下で動き出したロシア政府の新提言
    (2014/08/26)
    矢追純一

    商品詳細を見る




    *zeraniumのブログ*

    チェリャビンスクで起きた隕石爆発その後の詳細

       2013年2月15日、現地時間の午前9時20分、
    ロシア中部ウラル地方チェリャビンスク州周辺に隕石が落下した。
    隕石は上空で爆発し、ガラス1m×1mに5トンという衝撃波が起き、
    その時の被害による負傷者は1200人にのぼったという。

       大きな破片は少なくとも3つに割れている。
       その後、そのもっとも大きな破片が、
    チェリャビンスクから約70キロ西にある
    チェバルクリ湖の底で見つかり、引き上げられた。
    計量器が故障したために正確な重量が計れなかったそうだが、
    およそ570キロあったという。

       この隕石が爆発した様子をとらえた、
    車からのドライビングレコーダーによる動画は
    you tubeでも多く見られたが、
    それはUFOが隕石を迎え撃って突き破っているかのような映像であり、
    日本でも話題騒然となった。し
    かし動画をよく見ると、後方から追ってきた白い発光体が、
    追い抜きざまに衝突し隕石を破壊している様子が映っている。
    UFO説以外では、ロシアの秘密兵器が撃ち落としたという説もある。

       その後、破壊される前の映像から隕石を分析したところ、
    推定される大きさは発表した機関によっても異なり、
    直径は数mから15m、ロシア科学アカデミーの解析では
    隕石の質量は10トン、
    落下速度は秒速15km(時速5万4000km・マッハ44)以上
    と見られている。
    つまり、大気圏突入角度が20度と浅いために、
    大気圏を長く飛んでも燃え尽きなかったのである。

       これがもし地表に落ちていたなら、
    チェリャビンスク市の半径100kmが、
    なんと広島型原爆の30倍に相当するエネルギーに
    見舞われていたことになる!

     一瞬で、10~30℃の温度上昇が起こる大被害が
    予想されたのである。

       実はこのチェリャビンスクには、
    その昔「チェリャビンスク65」という暗号名で呼ばれていた
    秘密都市があるのだ。
    それは核兵器の開発・製造が行なわれていた軍事都市である。
    もし隕石が破壊されず墜落していたら、
    広島型原爆の30倍に相当するエネルギーがそこへ落ちていた。
    そして地球全体が破滅するほどの大災害をもたらしていたのだ。

    そういうことがわかってくると、UFOが守ってくれたとも解釈したくなる。
    前述した太陽の回りに現れたUFOも、
    このような目的を持っているのではないだろうか。
    つまり、地球を脅(おびや)かす脅威としての
    宇宙人やUFOがある一方で、同時に、
    地球を守ろうとする勢力としての
    宇宙人やUFOも存在しているらしいのである。


       ロシアの隕石落下に関して、さまざまな情報がリークされ始めた。
       隕石落下の1週間前の2月9日には、
    モスクワの東にあるマグニトゴルスク市の女性から、
    「毎晩、UFOが飛び回り、毎日のように鳩が不審な死に方をしている」
    と当局に通報があった。
    その翌日には、他の都市からもUFO目撃情報や、
    流れ星落下などの情報が寄せられたが、
    チェリャビンスク北西の地方では、
    謎の紫色の爆発が起きていた。

     そして実はロシアの隕石落下の1週間前から、
    ヨーロッパやアラブ諸国、アジア諸国や日本にも、
    同じような隕石落下の現象が起きていたのだ。
    そうした中で、チェリャビンスクに隕石が落下したのである。
    ロシア各地から寄せられたUFOの映像を分析している、
    コスモ・ポイスク研究室のチェルノブノフ教授は、
    ある謎に首をかしげた。

       「隕石の出て来た故郷はペガサス座である。
       データからわかることは、
    隕石は地球に衝突するような位置には存在していなかったはずだ。
    地球には小惑星や隕石に対する警戒システムが備わっており、
    万全の監視体制が敷かれている。
    今回のような直径17m程度の隕石でも、
    ミサイル迎撃は可能だったはずなのに、
    なぜそうしなかったのか?」


       また隕石は「破壊」されたあと、2つの破片に割れ、
    そのままきれいに並んで飛んで行ったのだが、
    これも航空力学の理論に反するものだ。
    そこで学者たちは2つに割れた隕石の映像を分析したところ、
    それぞれに「尾翼」らしきものが見られたという。
    さらに破壊された2つの破片はなんと、
    それぞれの破片が真球あるいは楕円に形を変え、
    さらに尾翼まで作り出していたという
    実に信じ難いことがわかったのである! 
    これはいったいどういうことなのだろうか?

       スズメ1羽すら逃さないほどの能力を持つ
    ロシアのレーダーをはじめ、ヨーロッパや米国の最新鋭レーダーも
    まったく機能しなかった。
    我々が隕石落下を知ったのは、大気圏突入後なのだ。
    つまりこのことからわかることは、隕石はステルス機能のような、
    レーダーをくぐり抜ける特殊な装備を持っていたことになる。

    これらのことをまとめて、チェルノブノフ教授が考えた結論はこうである。
       「宇宙のどこかで知的生命体によってつくられたこの隕石を、
    地球に衝突させようとした。それを別の知的生命存在が察知して、
    地球を守ろうとしてUFOでそれを破壊したのではないだろうか?」

    それに対して、
    「UFOは隕石を宇宙空間で破壊することもできたはずだ」
    という疑問に、彼はこう答えている。
    「隕石が多くの人の前で破壊されたことに意味があるのではないか。
    そこにUFOからのメッセージが秘められている」と。

       あえて地球人にそれを見せることで、
    彼らは知的生命存在の持つ悪意というものの恐ろしさを、
    地球人に教えようとしたのだろうか。
    それとも緊急時にはいつでも、
    地球を助ける意思のあることを伝えたかったのだろうか。



    宇宙に関する情報はすべて公表すべきであり、
    一部の者が独占してはいけない


       「宇宙に関する情報はすべて公表すべきであり、
    地球人の一部の者たちだけでそれを独占してはいけない」
    というのがプーチン大統領の考えである。

    それでロシアではすでに情報開示が始まっているが、
    日本のマスコミメディアはそれを流さないので、
    我々はインターネットでその一部を目にできる程度である。

       その1つであるが、2010年5月、
    テレビ局のインタヴューで、
    ロシア共和国カルムイキアの大統領(当時)であり、
    また国際チェス連盟理事長でもあった
    キルサン・イリュムジノフ氏の衝撃的な体験告白が報道された。

    1997年のある日、彼が自宅のペントハウスのベランダにいたところ、
    半透明の葉巻型UFOが着地し、
    中からは黄色い宇宙服の人間型宇宙人が現れたという。
    その宇宙人は、UFOの中へイリュムジノフ氏を案内し、
    「自分たちの存在を地球人に知ってほしい」と伝えた。
    その後、彼はそのままUFOに留まり、
    彼らのUFOに乗って旅をしたのだという。

     これが起きた当日の状況は、
    その場にはイリュムジノフ氏だけでなく、
    閣僚や側近、それに運転手の3人が
    ペントハウスに同席している中で起きた事件であったので、
    彼らの目撃証言もとれている。
    しかもイリュムジノフ氏によると、
    彼は2001年にも同じようにUFOに乗せられたことがあるという。


       book 『『矢追純一」に集まる未報道UFO事件の真相まとめ』 
                                   矢追純一著  明窓出版

                               抜粋
    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-354e.html

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。