ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    エイリアンバイブル

    2014/08/31 20:44 ジャンル: Category:UFO
    TB(0) | CM(0) Edit




    Broadcast live streaming video on Ustream


    Mファイルとエイリアン・バイブル

    NSA(アメリカ国家安全保障局)の元高官ブルーム・マッキントッシュ(偽名)が、

    飛鳥昭雄氏に暴露した「Mファイル」というものがある。

    ロズウェル事件も当局の否定によって、

    事件そのものがもみ消されたが、Mファイルによると、

    最初にUFOが出現したのは1947年7月2日午前8時15分過ぎ。

    突如、全長1kmを超える巨大な葉巻型の影が、

    ロズウェル基地のレーダーに映った。

    軍人や職員たちは何事が起こったのかと急いで外に出て上空を見上げ、

    パニック状態になったという。

    この葉巻型UFOの出現と同時に、

    白い雪のような謎の物体が一斉に降ってきたがすぐに溶けて消えた。

    これはUFO出現時に降る「エンゼルヘア」と呼ばれる物質で、

    実はファティマの奇跡でも同様の現象が記録されている。

    火の玉博士で有名な大槻教授は、

    プラズマによって出来たフラクタル物質ではないかと考えている。

    さて葉巻型UFOだが、

    しばらくすると底部からオレンジ色の光を放つ小さな飛行物体が2つ飛び出した。

    その後、葉巻型UFOは想像を絶するスピードで飛行して姿を消し、

    残った2機の小型UFOは基地上空を旋回し、

    やがて物凄いスピードで南の方に消えていった。

    これは領空侵犯を超え、米軍に対する威嚇行為であり、

    すぐに緊急有事体制が敷かれた。

    同日、午後11時35分、レーダーに謎の光点が現れ、

    南東から北西に向かってマッハ4という凄まじい速度で移動していた。

    やがてUFOは雷雲に突入、その時、何かにはじかれるように光点が2つに分裂し、

    1つはそのまま飛行し続けたが、もう1つは西に進路を変更し、

    大きく弧を描くようにレーダーから消えていった。

    レーダーから消えていく光跡から、

    西に向かった物体が地上に落下したことはほぼ間違いない。

    原因は、落雷かUFO同士の衝突ではないかと考えられている。

    墜落UFOから回収されたエイリアンは人間、

    我々地球人と同じ「霊長類ヒト科ホモ・サピエンス・サピエンス」だった。


    「グレイ」と呼ばれる生物は異星人ではなく、現存する地球産の数少ない両生類で、

    西洋ではチュパカブラ、日本では河童と呼ばれているUMA(未確認動物)である。


    エイリアンは全員死亡しており、遺体は3体。

    身長は約1.5メートルで、アメリカ人に比べれば小柄だが、正真正銘ヒトだったという。

    この時もっとも損傷のひどい1体を検死し、

    エイリアンは「モンゴロイド」という結論が出た。

    3人とも血液型がO型だったのも、モンゴロイドの特徴だ。

    ちなみに、モンゴロイドであるアメリカインディアンの血液型は殆どO型だ。

    また彼らの外見は非常に若く、3人とも18~20歳くらいだと診断されたが、

    後の観察学の進歩により、1人が推定30代半ば、

    2人は20~24歳と考えられるようになった。

    しかし最近、保存されていたエイリアンの凍結細胞を分析した結果、

    寿命を司る遺伝子が特殊で、地球人の10倍、つまり1000歳まで生きることが判明。

    遺伝子鑑定の結果も、モンゴロイドであることが裏付けられた。

    特に注目されたのは、YAP因子と呼ばれる遺伝子だった。

    YAPは性染色体のY染色体にある約300の塩基からなる遺伝子で、

    民族の特徴が顕著に現れ、東アジアでは日本人にしか見られない。

    朝鮮や中国ではまだYAP因子をもった人はまだ発見されていないが、

    日本人の約42%にこの遺伝子がある。

    しかもYAP因子には(+)と(-)の2種類があり、縄文人タイプがYAP(+)因子、

    弥生人タイプがYAP(-)因子をもっている。

    どうやら4~5世紀の古墳時代に、朝鮮半島を経由して古代日本にやってきた

    騎馬系弥生人がYAP(-)因子をもたらしたらしい。(詳しくは過去記事参照)

    生物学的に、エイリアンは日本人のルーツとなる人種だったのだ。

    実際、エイリアンの回収にあたった兵士たちは、

    頭を丸坊主に剃ったエイリアンの死に顔を見て、

    誰もが真っ先に旧日本軍を連想したという。

    ロズウェル基地にUFOが現れたのも、

    そこに原爆が保管されていたからではないかという見方をされている。

    ロズウェル事件が起こったのは、第2次世界大戦の終結から2年後だった為、

    UFOの搭乗員がモンゴロイドであることが分かった時、米軍は当初、

    ナチスが極秘で開発していた戦闘機に

    日本人が乗っていたのではないかと考えたらしい。

    しかし、ドイツ人ならまだしも、乗っていたのが日本人ソックリだったという事実は、

    アメリカ人のプライドを酷く傷つけたという。

    原爆で叩き潰したはずの日本人が、

    想像を絶するハイテク戦闘機を開発して領空侵犯を繰り返したことは

    絶対に許せるものではなかったのだ。

    だが、墜落UFOを調べていくうちに、

    米軍はエイリアンが日本人ではないことを徐々に悟っていく。

    機体や内部にあった物品に記された文字は、

    どれも日本語ではなかったからだ。

    そして、その数年前に偶然起きた、ある奇妙な事件「バード事件」によって、

    (バード事件・・・アメリカのバード少佐が北極上空を飛行中異変が起き、ジャングルや

              ピラミッドのようなものを見た。その世界にはマンモスや川、道路のような

              ものもあったという。訳が分からず雲の切れ目に突入すると南極上空に

              出てきたという。なんとバード少佐は数年後に南極上空で同じ体験を

              している。尚アメリカは現在においても、北極点付近の撮影禁止、

              飛行禁止命令を各国航空会社に出している)

    エイリアンがどこに住んでいて、どこからやってきたのか謎が解けることとなる。

    それはUFO機内で発見された一冊の本で、

    その表紙を見た兵士たちは言葉をなくしたという。

    カッバーラの奥義「生命の樹」の象徴図形が描かれていたからだ。

    その本は、古代ヘブライ語の字体に似た文字で書かれていて、

    解読までに多くの時間を要しなかったという。

    内容は聖書だった。

    しかし、地球上の聖書と途中までは同じ内容だが、後半になると全く違い、

    聖書が南朝ユダ王国の視点で書かれているのに対し、

    「エイリアン・バイブル」は北イスラエル王朝の視点で書かれており、

    エイリアンの正体が「失われたイスラエル10支族」の末裔であることが判明した。

    イスラエル民族は12支族あり、『旧約聖書』の「出エジプト記」を

    題材にした映画にもなった有名な民族「ヘブライ人」のことである。

    現在のイスラエル共和国が2支族(ユダヤ人)で、

    残り10支族が歴史上行方不明となっており、史上最大の謎とされている。

    さて、「エイリアン・バイブル」には、近い将来、

    10億人以上のエイリアンが地上に帰ってくることが書かれていたという。

    イスラエル10支族が終末に姿を現し、再び12支族が揃うことは、

    我々の知っている聖書にも預言されている。

    尚、彼らはユダヤ教徒ではない。

    2支族のユダヤ教と対立していた支族である。

    彼らはイエス・キリストが生まれる以前に存在した民族だが、彼らの宗教は、

    イエスが説いた「原始キリスト教」と同種のものであった。

    そのエイリアン(イスラエル10支族)こそ、

    反キリスト軍を滅ぼす為に一斉大挙してやってくる「キリスト軍」、

    つまりアメリカ最大の敵だったのである。

    しかし、彼らはすぐには攻撃してこない。

    聖書で預言された、地上に帰還する時を待っている。

    その時までにエイリアンの軍事力に追いつければ、勝てる可能性はある……。

    そう考えたシークレット・ガバメントは、急ピッチでプラズマ兵器の開発を推進し、

    UFO問題を国家のトップシークレットに指定した。

    漏洩した情報をもみ消す為には、脅迫や殺人までも行なっているのだ。


    つづく
    http://ameblo.jp/002ameblo/theme24-10028669549.html#main

    雑雑談談
    50代のたわごとブログさんより、

    無断拝借いたしました♪






    1947年ロズウェル事件でアメリカは墜落UFOを手に入れ、
    その中に隠されていたエイリアンバイブルを発見する。

    エイリアンバイブルを解読したアメリカは、
    UFOを飛ばしているエイリアンは地球内天体アルザルの住人であり、
    彼らの正体が失われたイスラエル10支族であることを理解した。

    ロズウェル事件から、アメリカは自らが迎えるべき驚愕の未来を知り、
    真の敵は、地球内天体からやがて地上に帰還する聖書の民であることを悟る。

    UFO関連事項は全て、最高レベルのトップシークレットとして、
    アメリカは徹底的に隠蔽した。

    アダムスキーのコンタクトストーリーはエイリアンの存在を隠蔽するために
    功名に仕掛けられた情報操作であった。

    アメリカは2機のアルザルテクノロジー、
    ナチスUFOハウニヴーとロズウェル墜落UFOを研究開発し、
    ついに地球製UFOを完成した。

    やがて地上に帰還する聖書の民と戦うため、地球製UFOを準備し、
    そして核兵器をはるかに超えるスーパーウエポンを完成させているアメリカ。

    悪魔の666によって樹立される世界統一政府は、
    巨大な軍団で地上に帰還する聖書の民に戦いを挑み完膚なきまでに叩き潰される。

    収録日:2014年05月22日(木)
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中