ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    般若心経とガス爆発の思い出

    2017/02/12 10:48 ジャンル: Category:
    TB(0) | CM(0) Edit






    自分の声で読み上げて見て欲しい
    ラップみたいに
    後半まで涙腺緩まず読めたなら、
    もう一遍読んで・・・

    夢や空想や慈悲の心を思い出すまで


    :::::::::::::::::



    あれは24歳の時だった
    弟が横でガスのつまみを回した瞬間だった
    ヒューーッと音がして
    次の瞬間あたり一面真っ赤な世界と化した
    そこから意識が飛んで
    ガラガラと物が落ちてくる大音響の只中で
    三途の川を見下ろしながら
    その向こうにまつ無の気配に
    恐怖を覚えた瞬間
    仙人の衣の裾と足が見え、
    何か穴のような処から、
    私は引っ張りあげられた。

    心配そうに私を見守る
    親戚筋の様な人々に囲まれていた
    咄嗟に私は叫んでいた
    「大丈夫!私は大丈夫!」
    ・・・・・
    するとまた一人になり
    一体何がどうなってんだろう・・・?
    とりあえず般若心経を唱えようと思い
    観…と発した瞬間だった
    後に続いて般若心境を唱えようとする弟の声が「観・・」と聞こえ、

    同時に私の名を呼ぶ母の声が遠くに聞こえた

    あれ…耳が聞こえる
    ということはもしかしたら目も
    と思い目を開けた
    見える
    手は…動く
    足も…動く
    起き上がると瓦礫の山に囲まれていた
    木の壁が丸ごと倒れ、横の川を覆っている
    乗ったら落ちるかな・・・呆然としていると
    後ろにあった大きな換気扇のフードを
    持ち上げて、中から弟が出てきた
    「姉ちゃん・・・」
    二人してひしと手を取り合った
    (こんなことでもなけりゃ弟と手を取り合うなんてことは
    一生なかっただろう)

    弟が何の躊躇もなく
    倒れた木の壁を歩いて降りて行ったのを見届けると
    つずいて私もそこを降りた

    ごめん…俺・・・

    弟が景色を見て母に謝っていた

    二階建ての木造家屋はペシャンコだった

    弟はすっぽりと換気扇のフードに覆われて
    火傷以外の傷は追わずに済んだ

    私は流しのすぐ前に倒れていて、
    私もまた火傷以外の傷は追わずに済んだ

    私のすぐ後ろにあった冷蔵庫の取っ手は
    溶けながらぐにゃりと曲がっていた

    外には近所の人々が
    続々と集まってきていた

    倒れた壁の橋を渡っているとき、
    ジョンレノンの死と
    原爆を落とされた広島や長崎のことが
    脳裏をよぎった



    今日はいい天気、
    洗濯日和だ
    続きはまた後で








    スポンサーサイト

    リトルカブで4トントラックと正面衝突その4  門前戒  

    2017/02/02 16:29 ジャンル: Category:リトルカブ
    TB(0) | CM(0) Edit



    岩屋社で求聞持法を1111回唱えようとリトルカブで向かった
    私は虚空蔵菩薩に門前払を食らったのか・・・

    https://plus.google.com/+%E6%A2%85%E5%B0%BE%E6%B3%B0%E5%B7%8C

    monnzennkai.png

    http://blog.goo.ne.jp/akibus/e/29cb789b5460e950ec7af102e9bf6997
    βエンドルフィンで酩酊状態の私の意識はまさに寂静にあって門前戒を受けていたとも思えるのだが・・・。

    ヘミシンクを開発したモンロー氏も幼いころ雷にあったことを回想するシーンのあと、
    人は誰でももう少しで稲妻に打たれる経験をしないと自我が覚醒してくれない、
    ということでないように願いたい。
    と言っているが・・・。

    ::::リトルカブで4トントラックと正面衝突その4::::

    私を乗せたタンカーが到着した部屋は、特別室の個室だった。
    革張りの大きなソファーとテーブルのある部屋。
    奥にベッドとその横にもソファーがあり、トイレとシャワー室に大型液晶テレビも完備されている。
    二部屋一面の大きな窓の外には、里山と田園の大パノラマが広がっていた。

    ・・・・
    「何…この高級ホテルなみの部屋・・・・
    確か、看護師さんには大部屋希望だって言ったんだけど…(;^_^A」
    とつぶやくと娘が、
    「大部屋いっぱいなんだって・・・大部屋があくまでここしかないんでしょ・・・。」
    「料金は・・・」
    「大部屋分でいいでしょ、希望してもここしか空いてないんだから・・・」

    「…ラッキー♡・・・」

    「うわー・・・みんな足が足がって言ってたから、足を骨折したんだと思ったけど、
    手だったんだ~・・・」
    と言いながら、恐る恐る私の手首から突き出て腕に伸びた鉄の棒を触ってみていた。


    落ち着いて自分の腕をみてギョッとした。
    緊急措置なのか、外側から手首と腕の折れた骨を固定してあるようだ。
    ・・・これが仮の処置ということは・・・


    リトルカブで4トントラックと正面衝突その3 魂の所在

    2017/02/01 18:15 ジャンル: Category:リトルカブ
    TB(0) | CM(0) Edit




    上記動画もバイクと車による事故だが、死亡は病院搬送後だという。
    きっとこの人は木内鶴彦氏のように、あちこちでかけてみた結果、
    天国から戻りたくなくなったのだろう。

    私自身死にかけたことは3~4回ほどある。

    1回目は、川に落ちて数百メートル流れ、母親に拾い上げられた。
    3歳ころのことで、この時の記憶は残っていない。
    ・・・ただ運動は大好きだったが、水に顔を入れることが怖くてできず、
    泳げるようになったのは、高校生になってからだった。

    2回目は小学校4年のころ、
    腎臓病であわや落第というほど学校を休んでいた。
    この時は、ばあちゃん(近所の他人だが育ての親)が、
    よく当たるという評判の宗教家だか占い師に相談に行ったところ、
    「3つで亡くなった姉の霊が連れて行こうとしている」
    と言われたといって、宗教家が何人かやってきて、
    経を読んだり手当をしたりされた記憶がある。

    3回目はガス爆発、24歳の時だ。
    2階建ての建物がぺしゃんこになった中心にいた。
    この時は、意識が飛んだ先を断片的に記憶している。
    遥か下方に三途の川を見ているのだが、
    強烈な無の世界を予感して恐怖した瞬間に
    仙人の衣の裾と足が見え、その存在にひっぱりあげられた。
    親戚というか身近な存在が私を囲んでいる中で
    、「大丈夫、私は大丈夫・・・」と叫び、
    とりあえず般若心境を唱えようと「観…」と発した瞬間、
    母親の呼ぶ声が聞こえ、耳が聞こえる自分に気付いた。





    ・・・そして今回のバイク事故なのだが、
    今回はどうも痛みを感じない程度に、霊魂がずれていたような気がする。
    写真を撮れば、数センチ上にぼんやりと映っていたかも・・・・。

    何処にも出かけず、

    すぐそこで

    ・・・じーっと自分の体に寄り添っていたような・・・。

    賢明な母親なら娘の試験会場に飛んで行ってたところだ、
    残念ながら、そのような記憶は全くない。

    むしろ、科学的に言えばβエンドルフィンで
    酩酊状態だったということになるのだろう。
    ・・・・・・・娘の試験中に、せっかくの折、
    幽体離脱するチャンスだった。
    ・・・体は完全なる不動状態のなか
    意識だけが無にあって、
    無にありながら自分の体に寄り添っていた・・・
    ・・・寄り添っていたのは自分の魂だと思っていたのだが、
    あれは菩薩様だったのかもしれない・・
    そういえば ぶつかった瞬間、
    虚空蔵菩薩に投げられたイメージが頭から離れなかったのだが、
    受け身を取ってくれたのは、虚空蔵菩薩だったのだ。


    ぶつかった4tトラックは、鶏糞を運んでいた。

    そこに蔓延していたのは、鳥たちの霊であり、
    熊やシカやタヌキほかの霊であり、
    なぜか女性のイメージが浮かぶ。

    この山は自殺の名所でもあったといわれているから、

    私の不注意が、浄化のきっかけを作り、
    横たわる私の体を依り代としたのだろう。

    私が自分の体に寄り添う感覚は、
    虚空蔵菩薩が痛みや悲しみを背負った霊たちに
    寄り添うものだったのかも知れない

    :罰が当たるとは正にこのシンクロを指すようだ。

    確かに、私は娘と一緒に合気道をやっていた。
    5~6年前に・・・・一年ほど、5級。

    それは、手術を担当してくれた医師にあえて話すわけもない。

    医師は、手術を終えたあと、腕を取って
    ・・・・・…受け身かあ・・・凄いなあ
    ・・としみじみつぶやいていた。


    ・・・凄いのは、私ではなかったと悟ったため追伸。2017・2・12



    リトルカブで4トントラックと正面衝突その3

    手術室を出る前に意識は戻っていたようだから、
    麻酔も控えめだったようだ。
    手術室を出ると娘が待っていた。
    3時間も待っていたらしい。
    その間けがの状態を尋ねると、みな口々に足が…と言っていたらしく、
    娘はてっきり足の骨を折ったと思い込んでいた。
    脛の横が大きく裂けて、そこからの出血が目立ったためだろう。



    ネズミの魂が抜ける瞬間




    素粒子物理学者も霊魂の研究に着手!?
    :「最新の量子力学が魂・臨死体験の謎を解き明かす!」



    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。