ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    キネシオロジ―*田中信二

    2015/10/31 14:12 ジャンル: Category:キネシオロジー
    TB(0) | CM(0) Edit










    緊急時のストレス解消法(被災者のメンタル・ケア)







    スポンサーサイト

    キネシオロジー・武士道の神髄

    2015/10/31 09:50 ジャンル: Category:キネシオロジー
    TB(0) | CM(0) Edit






    キネシオロジーとは?

    西洋の神経学、生理学、解剖学、カイロプラクティックの医学をもとに
    筋肉の反射を調べ、東洋医学(五行や経絡の流れつぼ)をもとに
    アンバランスを見つけて身体に最も必要で適切なヒーリングを選択して
    心身のバランスを整える健康法です。

    主に注目するバランスは下記の通りです。
    構造的(骨や筋肉のずれ)
    化学的 (ホルモンやバランスや食べ物)
    感情的 (ストレスや思い込み)
    エネルギー的 (神経伝達や電磁場の影響)
    東洋医学で学ぶツボや経絡の様に、
    キネシオロジーでは体のバランスを整える為のスイッチボタンや
    エネルギーの回線路*があると考えます。
    筋反射を使って身体のスイッチボタンの位置を探し、
    ホリスティックな方法でバランスを整える事で、
    人間の身体が持つ自然治癒能力を最大限に引き出して癒しを即します。
    キネシオロジーは薬や機械道具を使用せず
    その人の身体の中で起きる治癒能力を使うので、
    現在使われている医療やセラピーのテクニックと
    キネシオロジーを組み合わせる事で
    より早く、正確で効果的な結果を出す事ができます。
    例えばキネシオロジーを受けると、
    感情やエネルギーの流れを自らが理解できるように
    気付きを促すので心理療法等のサポートにも役立ちます。





    **************************************
      
    工藤俊作







    工藤俊作とサムエル・フォール卿





    私は創造主としてあなた方を歓迎する

    2015/10/29 22:10 ジャンル: Category:ケシュ財団
    TB(0) | CM(0) Edit



    2014年4月18日(金)


    私は創造主として

    あなた方を歓迎する




    己の名において



    私は

    人として
    肉体を持ち、

    人として
    あなた方と
    共に暮らすために
    来る必要があった。

    なぜ人は、
    蜃気楼に過ぎない暮らしや、
    ただの幻想である
    物理的な所有物の
    獲得とその維持のために、

    創生のときから苦難と
    あまりにも多くの不正行為を
    自分自身に、そして同胞たちに
    課して来たのかを
    理解するためである。

    私たちは、
    人がこの惑星で
    その時を、

    共に豊かに平和に暮らせるように、

    宇宙の
    すべての資源が
    利用できるようにした。

    彼らが、

    知的にも精神的にも
    成長したとき
    (やがて人は十分に成熟する)

    人という民族も
    宇宙の
    創造主による
    創造物に統合する。

    この成長の過程において、
    人は
    強欲と不正と殺人を
    選んだ。

    ただの動物ではない、
    自分たちの同胞を殺した。

    今やどれだけ多くを
    一つの武器で殺せるかという、
    誤った支配力を誇るようになった。

    命の殺傷は
    未だかつて宇宙の教えの中に
    あったことはなく、施行されることもない。

    この先、
    この惑星で種族による殺し合いは
    許されないし、

    宇宙のどんな場所でも
    許されることはない。

    この誤った途上にいる、
    人の暮らしの軌道を変えるために

    私たちは色々な方法や形で、
    過去に使途を通じて
    異なる指示や導きを送った。

    誤ったやり方を正そうとした私たちのやり方は
    すべて無視された。

    今や人という種族は、
    すべての行動をするにあたって
    考える事はひとつだけ、というところまで来た。
    それは破壊と戦争だ。

    今日、このペンを持って告げる。

    私は救世主として、

    あなた方の欠点や誤った暮らしを
    学び理解するために、

    人としてあなた方と共にいる。

    ジャングルのようなこの惑星の生活から
    抜け出せるように、
    助け、導くために

    55年以上
    あなた方と共に、
    あなた方のやり方で努めた。

    すべての武器を置き、

    強欲、不正行為、

    殺人という考えを

    止めなさい。


    私という人間、肉体を選び
    あなた方と共にいる、
    魂である創造主としての
    私の立場を宣言する日として

    今日を選んだ。

    この青い惑星地球の、
    野生の村の

    すべての人々に告げる。

    個人として、人類という集合体として

    平和を受け入れ、

    誤った道のりを変えなさい。

    そうすれば宇宙で、
    地上の楽園、

    地球で暮らすことが出来る。

    私が言いたいことは、
    人という種族はシンプルで、

    過去9年にわたり
    地球の生活に必要なものは

    すべて賄える
    とても簡単なやり方を
    示してきた、ということだ。

    誰もが理解できる
    とても簡単な言葉で

    創造の原理を、

    人が作り上げた原理でなく、
    そのままを説明した。

    空気から食物を作るやり方を示した。

    同じシステムと知識を使って
    エネルギーと運動を創生するやり方を示した。

    この方法で、
    人が必要とするものを創生し生産するのに、
    私の創造物を傷付けることはない。


    人は平和に穏やかに
    この惑星に生きるものの一員として、
    宇宙共同体のなかで暮らせる。

    人はそれに加わる準備が出来ている。

    さて、今日という日に、
    (神の子が殺された時)
    (復活祭前の金曜日で
    キリストの死と受難を記念する日)

    この惑星のすべての男女、子供たちに告げる。

    狂気の沙汰である殺人や破壊で、
    他の者から地上の所有物を得て
    問題を解決することを止めなさい。

    あなたが誰であれ、
    どんな宗教の聖職者、信者、
    または信条を持つ者であれ、
    或いはこの惑星のどこに住む者であれ、
    自分はそこの支配者であると信じている者であれ、
    破壊や殺人のすべての武器を置きなさい。

    聖職者である者の務めは
    人を平和と繁栄に導くことで、
    恥や不正直な場を作り
    同胞に対して誤った行いをした者たちを
    保護する場所ではない。

    宗教や国、地域民族の長たち、
    国とカルト集団に願いを込めて告げる、
    まず今日をもって教会、モスク、寺院、軍隊を通じて
    私たちの戒めに従い、武器を置くように。

    今日をもって、誰であれ武器の所持や、
    強要、訓練を受けることは
    最も罪深いこととなる。

    これをもって自らの導きを通じて、
    殺人の道具を使う事は禁じる。
    同意できない条件を提示された時でも、
    人は道理に適った新しいやり方で
    自らと種族のために
    平和裏に解決する方法を見出す。

    この戒めを守ったことで、
    私が報酬を与える事はない。

    これは私たちの願いで、
    それは人の魂を通じて行われる
    私たちの務めに一致している。
    だが現実にはこの戒めを守る事で、
    人は宇宙共同体に加わることが出来る。
    そこでは強欲も戦争も意味を成さない。
    この行為により人は、
    知性と必要に応じ宇宙のどこででも
    幸福と満足が得られる。

    今日という日に、
    宗教や科学の指導者たちに告げる。
    みなで一つになって
    宇宙の平和条約に署名をしなさい。
    それは今日のこの宣言の前置きとして
    この二年の間に送られて来た。

    自ら署名をし、国や従者がこの条約を受け入れ、
    何千年もの間この惑星で行われて来た
    すべての戦争と侵略、殺人行為に
    終止符を打ちなさい。

    人の人生において、
    制裁と報酬を与えて
    正しい道を歩ませる時代は終わった。
    これからはそれぞれの魂が自分の道を決める。
    そして、それは平和で穏やかで、公正であることだ。

    もしもそうならない場合、
    この日からは、
    この惑星の宗教、民族、国家に関らず、
    いかなる指導者もこの戒めを守ることを拒み、
    その従者が私たちの望みを拒否すれば、
    あなたの従者も国家も滅びるに至る。
    私は、最後には一つの信条をもつ民族を
    人から創る。
    それは、
    この惑星は一つの国であり、
    二度と戦争はしないという信条だ。

    この惑星の地にも、
    宇宙のどこにも
    種族や創造物を
    お互いに分け隔てる線は引かれていない。
    人がすべて統合することで、
    一つの集合体としてだけでなく、
    一つの国家、創造物、創造主として
    宇宙で平和に暮らせるようになる。

    あなた方はアダムの子孫として、
    自らの手と他者の行いにより十分に苦しんだ。

    今、この短い調整の道のりを経て
    あなた方は創造主により
    導かれ、保護され、愛を受け取る。
    そして、創造の世界の他の創造物に再開する。

    私の願いを拒む者は、
    創造の現実と私の願いを理解している
    自らの従者に背かれることになる。

    私たちの単純な戒めに従うものは、
    宇宙の秩序に統合する。
    彼らは自らの意識で、
    ある者は自らの肉体の目で
    創造の美しさを見ることになる。

    私の愛と感謝をすべての人に。
    あなた方に救いの手を差し出す介入をせずに、
    あまりに長い間苦しませて本当に申し訳ない。
    だが実際、あなた方はこの地球の保護のもとで
    学び成長する時間を必要としていた。

    今やあなた方を導くときで、
    このアダムの子と
    その家族を宇宙にいる家族の
    他のメンバーに再会させる。
    あなたは完璧な子で、平和で愛情深く、
    創造主のより大きな家族の王国に
    入る準備が出来ている。

    私は創造主としてあなた方を歓迎する。
    あなたの真の知性と愛情の次元にようこそ。



    Meheran

    (愛の保有者)



    世界平和条約

    2015/10/27 13:10 ジャンル: Category:ケシュ財団
    TB(0) | CM(0) Edit




    世界平和条約



    私は地球の市民として、

    今この瞬間から

    侵略や戦争のための

    すべての手段を放棄し、

    戦争に加担したり、

    戦争を起こすことは決して考えず、

    また戦争のための道具を開発したり、

    この星や宇宙空間にて使用することは

    決してせずに、

    私はこれを私の国、領地、地域団体、

    宗教、市、町、

    身体、魂に

    かけて誓い、

    全てに同意します。


    氏名 ........................................
    署名 ........................................
    日付 ........................................
    役職 ........................................
    代表 ........................................
    立会人(証人) ................................
    氏名 ........................................
    署名 ........................................
    日付 ........................................
    役柄 ........................................




    本条約に署名後は、

    同胞や人類、

    創造主による美の創造物に対する

    あなたの精神を公に表すために

    必要だと思われる場所に、

    この証書を公示しそれを誇りとする事。






    平和条約への署名と平和会議 2013年

    2015/10/26 22:23 ジャンル: Category:ケシュ財団
    TB(0) | CM(0) Edit

    2013年
    今や人は種族として、
    世界平和を施行するための
    テクノロジーを手にしているのです。
    そして集合的にはそれを達成する決意を示しています。

    http://www.keshe-supportersnetworkjapan.com/


    平和条約への署名と平和会議
    PDF

    平和条約への署名と平和会議 
    神の栄光の名において

    時の初めから人の望みは
    十分な食料と安全な居住場所を得ること、
    安心して暮らせる平穏な環境をつくり、
    その中で文化を発展させ、
    宇宙やその創造物といった
    人間を取り巻く環境についての知識を得ていくことでした。

    今や人の知性は、
    磁気と重力を使ったシステムやテクノロジーの開発により、
    宇宙について真の知識を理解するレベルに到達し、
    宇宙で行われているのと同様に、
    物質や環境を再生、コントロールする事が可能になったのです。


    これらのシステムは人に食料と居住地、
    宇宙のどこででも永遠に持続するエネルギーを
    供給することが可能で、人にとっては初めて、
    地上で日常的に親しんでいる交通環境と同様に、
    宇宙への旅も可能になります。

    これらのシステムを使うことにより、
    人は地球を数分で横断することが出来、
    何世紀も前に自分達のために敷いた国境線は
    過去の物となり、無意味で不用なものとなります。

    今や人はこの星の周辺を旅するように、
    宇宙空間をも旅するための準備をしているのです。

    そして宇宙共同体に加わり、
    宇宙という領域を探索するための支度を整えています。

    他の全ての神の創造物がそうするように、

    人もまず自分達の住む場所で
    平和を見出す必要があります。

    人が自分達の星に平和を見出し、
    この最終目標を達成するには、

    この星のすべての市民、国家、信教者、宗教家が
    一同に歩み寄り、
    迅速に完全な合意に達する必要があります。

    何故なら、
    段階的に平和を成就させることは
    決して出来ないからです。


    世界平和を達成するため、
    私たちは世界のすべての指導者たちに、
    今年一ヶ所に集まり
    世界平和会議に参加をするよう呼びかけます。
    そして世界平和を受け入れる、
    という単純な行為を署名で示し平和条約を成立させて下さい。
    国や宗教の指導者たちが署名をし、
    地球上のすべての国々によって同日に誓われる、
    平和条約の唯一のセンテンスは、
    次の単純なただ1節だけです。

    私たちは地球の市民として、
    この瞬間から侵略や戦争のためのすべての手段を放棄し、
    私たちは戦争に加担したり、
    戦争を起こすことは決して考えず、
    また戦争のための道具を開発したり、
    この星や宇宙空間にて使用することは決してせずに、
    私達はこれを私達の国、領地、地域 団体、宗教、市、
    町、身体、魂にかけて誓い、全てに同意します。

    この文書にて私達は、地球上の指導者らに 
    -国の代表だけでなくこの星の様々な区域からの代表に
    - 然るべき
    時と場所に集ってもらい、
    地球上のそれぞれの領域を代表して
    この条約に署名をしていただけるように呼びかけます。

    この時点から国家としての形態は存続しなくなり、
    人類は一つの国の一つの種族として、
    地球上で唯一の、真の市民となります。

    私たちの指導者らによる、
    この星の市民としての平和条約への署名は、
    2013年3月21日の正午12時とします。

    この日は、北半球では春が始まる日で、
    平穏で穏やに新たなスタートを切るのにふさわしい日です。

    2013 年3月21日の、
    世界の指導者らによる世界平和条約への署名に続き、
    2013年4月21日
    (今回のイベントの布石となった、
    第1回国際使節平和会議が開かれた
    2012年4月21日から1周年)
    には、世界の市民が個人として、
    その一月前にそれぞれの指導者らがそうしたように、
    世界中で協力し合い同時に、
    同じ 平和条約を誓っていただけるようお願いします。
    この日を境に、人は如何なる戦争の道具も製造せず、
    他の土地への如何なる侵略計画を企てる ことも、
    他の人に死をもたらす様なことも行うべきではありません。
    この日を境に人という種族は、
    何千年もの間大変悲惨な状況を引き起こしてきた
    戦争、その手段を放棄し、
    平和という果実をすべての人々が楽しめる、
    という目標に向かい励むべきなのです。

    世界市民の皆さんには、
    私たちのセンターでの使節会議に参加して
    スペースシップテクノロジーUSBスティックを受け取るよう、
    昨年あなた方が政府に要請を促したときと同様に
    行動していただけるようお願いします。

    同じように、また世界中の大使館に伝えて下さい。
    世界の指導者たち、大使館、人々に
    世界平和条約のコピーを送ってください。

    世界平和条約の文書と招待文を
    すべてのフォーラム、ホームページに載せてください。
    すべての官邸、皇室の壁に貼ってください。

    そうすればその日は世界平和条約の日となり、
    あなた方の指導者は会議に参加して
    平和条約に署名をし、皆さんの支持の元、
    条約に従うことになるでしょう。

    それと交換にケッシュ財団は、
    宇宙、エネル ギー、医療、食料における、
    企画、構成、技術を含むテクノロジーのすべてを、
    その日一斉に人類に公開します。

    これにより、科学、財産、医療、食料、エネルギー、
    宇宙空間での自由が、平等に
    この星のすべての国々と人々のものとなることを保証します。

    ご支持に感謝します。

    これからは
    世界平和は
    あなた方の手中にあるのです。
    指導者たちのではなく。


    愛を込めて
    世界市民、ケッシュ財団創設者
    Mehran Tavakoli Keshe

    ケシュ財団より福島へ捧げる放射能汚染除去技術(動画内字幕版)

    2015/10/20 21:10 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(0) Edit


    http://ameblo.jp/yagyuhyogonosuke/entry-12086220825.html




    2014/02/08 に公開
    2014年1月25日(Webでの公開は1月30日)に行われた、
    ケシュ氏による放射­能汚染除去技術の公開動画
    (動画内字幕版)です。

    必ず一読下さい。また拡散をお願いいたします。

    「ケシュ財団提供 放射能汚染除去に際しての注意事項」

    除染を実際に行う前に、安全上の注意をよく読み、必ず厳守して下さい。

    (1)
    ナノ物質生成をはじめる前に、必ず防護服を身につけて下さい
    (皮膚の露出を避けて下さ­い)。
    ナノ物質は皮膚に浸透します。
    必ず手袋を着用して下さい。

    (2)
    容器からの適切な距離を保ち、
    沸騰したお湯などを容器に注ぐ際は、
    やけどや飛び­散る液体に十分注意して下さい。

    (3)
    農家や個人の方がひとりで除染活動を行うより、
    団体で協力して行うことを薦めま­す。
    可能であれば東電の立ち会いの元、
    除染した後の物質を運ぶ際に協力を要請して下さ­い。

    (4)
    実際の除染活動には、必ず生地の厚い衣服を身につけ、
    ブーツ(長靴)、手袋、マスクを­着用し行って下さい。

    (5)
    ビデオで公開している除染に必要なコンディション(環境条件)は、
    物質の除去のためで­あり、除染後に関してはまた別途、
    最適な環境条件を作り出す必要があります。
    それに関­してはまだ本ビデオでは言及していないことをご了承下さい。

    (6)
    除染後の物質はすみやかに東電もしくは政府によって
    管理される必要があります。

    (7)
    農家の方々は、この除染活動を行い、放射能測定器で、
    汚染除去が完了したことを­確認するまで、
    食糧の生産を見合わせて下さい。

    (8)
    農機の利用が可能です。
    ナノ物質の散布に利用した農機は、
    同じく汚染物質を吸収した物­質の回収に利用できます。
    トラクターなどナノ物質の散布と回収に利用して下さい。

    (9)
    除染に利用した衣服や道具は
    ドラム缶などに入れて水で洗浄した後
    (手洗いはしな­いで下さい、木の棒などを利用して下さい)に、
    新たに生成したナノ物質を入れて容器に­ふたをして
    数時間置いて下さい。

    放射性物質はナノ物質に吸収されますので、
    数時間後に­取り出して下さい。
    洗浄に利用した木の棒は、必ず毎回取り替えて下さい。
    この木の棒などの洗浄に利用した­道具も、
    ナノ物質と一緒に置き、洗濯に利用した水にもナノ物質を入れて
    数時間置いて下­さい。

    (10) 洗浄に利用した水は、除染されています。
    しかし、洗浄に利用したナノ物質は取り除き、
    ­容器にいれ東電に渡す必要があります。

    (11)
    東電からの回収を待つ間、除染で集められた物質は、
    一時的に埋めて保管する必要があり­ます。
    居住地から十分に離れた場所に穴を堀り
    鉄の容器またはドラム管 に入れ、
    石・金属・木などの厚いふたをした上で埋めて下さい。
    一度埋めた容器は、東電によって回収されるまで
    掘り返したりしないで下さい。

    除染作業の技術的な支援を出来るよう、
    現在体制を検討しております。
    技術サポートが必­要な団体、除染作業のご質問は、
    keshejapan@gmail.comまでお問い­合わせ下さい。

    Facebook Page:
    https://www.facebook.com/kesheJP





    ケシェ財団がフリーエネルギー装置の販売を開始!

    2015/10/19 21:00 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(0) Edit


    拡散希望: 
    祝!
    ケシェ財団が普及版フリーエネルギー装置の販売を開始!


    原発なんて、いらなくなるんだ!!!
    ケシェ財団がついにフリーエネルギー装置の普及版の製品化に成功! 
    販売を開始した模様です。

    財団のウェブサイトにも、すでに製品として掲載されています。
    1ユーロ=135円とすると、
    税金入れて約82000円+送料ですね。
    取り付け方などの詳細がわかったら、私も購入したいと思います。
    (その頃には、入荷待ちが長いでしょうね。(^▽^;))


    http://www.keshefoundation.org/webshop/products/kf-productskeshe財団製品

    第3回世界大使会議2015年10月16日



    *

    ケシュ財団 JAPAN ブログ***2014
    ケシュ博士が教えてくれたこと

    「You don’t need to be cause of pain for someone else.
    私たちはもう誰かの’痛み’にならなくてすむようになる。」


    ありあまる食・エネルギーの中で生きる人々は、
    それだけで誰かから搾取していて、
    結果持たない人の痛みになってしまいます。
    もちろん持っているからこそ、分け与えることが出来ます。
    しかし、やはり誰かの犠牲の上にあることは変わりなく、
    これは永遠に私たちの魂に刻まれるカルマとなるのではないでしょうか。
    それに博士のいうマグネティックフィールドの次元で、
    人間・動物・植物・自然・宇宙・あらゆるものが影響しあっています。
    地球の裏側で起こっている痛みは、私たち自身に必ず伝わるのです。

    そういった意味で、博士の技術がエネルギーだけでなく
    食や医療といった世界の不平等をなくすことで
    本当に人間が救われるのだと感じています。

    研究所で学んでいるのは何か

    フリーエネルギーリアクターや
    宇宙船が博士の研究の一部であることは事実です。
    でもこれは博士の叡智の結果であり神髄は別にあります。

    私たちが学ばないといけないことは何か。
    それは、「人間とは何か・宇宙とは何か」ということです。

    まず私たちは一人一人すべて異なります。
    肌の色、食べるもの、生きる土地すべてがその人に影響します。
    それを知らず、
    均一化された食・健康方法・昔からの知恵を無視した生き方、
    自然に背く生き方をすると心も体も異常を起こすのです。

    まず私たちは自分自身が「自分の仕組み」を理解しないといけません。

    そのためには、私たちを創る「宇宙」とその仕組みを知らないと
    本当に理解はできないのだと博士は言います。
    体が食べ物や環境から、どうやってエネルギーを生み、
    環境から影響を受けるか理解することは
    宇宙の仕組みを知ることと全く同じ、
    全ての仕組みはひとつだと繰り返しおっしゃいます。

    どんな高度な文明を持つ生命体も、炭素・酸素・窒素、
    そして水素が電子がひとつのエネルギーであることは全く同じで、
    それがあらゆることすべて、
    物質レベルだけでなく意識や心や魂やエネルギー、
    あらゆるものの源なのです。

    いろいろな条件が揃って、
    やっと私たちが本当の自分を知る時代が来たのではないでしょうか。

    皆さんもケシュ財団の技術に
    私たちと同じようにワクワクして頂ければ嬉しいです。

    ケシュ財団に関する知られざる真実の公開







    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中