ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    ブルース・リプトン博士

    2013/12/15 20:29 ジャンル: Category:DNA
    TB(0) | CM(0) Edit

    2011-12-24  
    http://ameblo.jp/anbian15/entry-11116279942.html


      エピジェネティクス

    (後成的遺伝学)


    環境シグナルが遺伝子を活性化し

    その行動を調節する仕組みを研究する分野を

    「エピジェネティクス(後成的遺伝学)」と呼びます

    ブルース・リプトン博士は 

    生物学は勿論、量子物理学をも統合する研究結果を発表し

    新しい科学の分野「エピジェネティクス」が生まれました

    既に、遺伝子は設計図にすぎず

    遺伝子が生命をコントロールすることはない

    ということが実証されました

    意識や環境が細胞をコントロールし

    DNA(設計図)情報を変えるということが    

    科学的に証明されているのです。

      <2010年2月&3月号アンビアン便りより>
    http://anbian.jp/anbiandayori/2010/anbiandayori%202010-02.pdf




             
     新しい生物学が明かす『心の力』
                  
     リプトン博士の講演より要約


    【環境が遺伝子の活動をコントロールする】


    1953年、ジェームス・ワトソンとフランシス・クリックは
    遺伝子を構成する分子であるDNAの構造を発見しました。

    科学界はこの発見を「生命への鍵」と呼び、
    DNAこそ生物の特性をコントロールすると考えました。 
    <この「ジェネティック・コントロール」は
    古い科学となりました>

    接頭辞「エピ」は「その上」という意味なので、
    「エピジェネティック・コントロール」とは、
    遺伝子を超える制御を意味します。
    つまり、

    細胞の環境に対する反応が 
    遺伝子をコントロールする


    事が解った訳です。


    ★幹細胞の実験より★

    これらの細胞は1個の母細胞に由来しているので、
    すべて同じ遺伝子情報を持っています。

    3枚の培養皿に幹細胞群の一部を移し、

    それぞれ異なった化学成分を含む
    別の培地を使用して培養したところ、

    それぞれの環境での幹細胞は 
    筋肉細胞、骨細胞、脂肪細胞になった。

    ここで重要な問題にぶつかります。



    ■何が細胞の運命をコントロールするのか?

    答えは明白です。
    すべての細胞は遺伝的に同一であり、
    環境のみが異なっていたわけですから、
    環境こそが遺伝子の活動をコントロールするということです。




    【環境がどのように細胞をコントロールするか】

    ■細胞膜が細胞の脳に相当する

    組織培養皿の中に培地を加えると、
    その成分が細胞膜に結合するのが観察できました。
    これが「環境シグナル」となり、
    皮膚に相当する細胞膜から細胞内に情報を伝達し、
    その行動を制御することがわかりました。
    また、必要に応じて細胞は核にシグナルを送り、
    遺伝子を活性化することも解りました。
    そこで私は

    細胞膜こそが環境と細胞内部の

    インターフェイスであり、

    細胞の脳に相当することに気づいた。


    ■環境シグナルが 細胞行動をコントロールする仕組み
         
    膜スイッチ:「レセプター」と「エフェクター」

    細胞膜の表面には「膜スイッチ」というものが存在しています。
    私達が皮膚上に視覚、聴覚、嗅覚、味覚、感覚などの
    受容体を持っているのと同様に、
    細胞もレセプターを通して環境情報を読み込むわけです。

    レセプターとエフェクターは
    「プロセッサータンパク質」を介してつながります。
    エフェクターから情報が細胞内に伝達され
    特定の細胞機能を制御します。
    環境シグナルが消えると、スイッチは切れ、
    その細胞機能は停止します。




    新しい生物学が明かす『心の力』 ー後遍ー
    ブルース・リプトン博士: 2009年平和賞受賞記念講演
    『思考のすごい力』著者(PHP研究所発行)


    人間の心には2つの部分があります。

    それは意識下の心と潜在意識下の心であり、
    両者は非常に異なった特性を持っています。

    意識下の心は、前頭前皮質に関わっており、
    私達のアイデンティティ、本体
    あるいは魂の拠り所であり、創造的な心です。

    健康になりたい、成功したい、
    愛のある生活がしたいといった希望や願望の源であり、
    「プラス思考」を司る心です。

    意識下の心は過去、現在および将来の経験の
    いずれにも焦点を合わせることができます。

    一方、脳のほかの部分を占める潜在意識下の心は、
    記録再生装置のようなもので、
    本能や後天的に獲得した習慣などの
    プログラム化された行動のデータベースです。
    ボタンを押すと潜在意識は以前に身に付けた反応を
    自動的に演じます。
    10年前に身に付けた習慣が、
    あたかもたった今習ったかのように作動します。
    しかも、潜在意識の情報処理能力は意識下に比べて
    100万倍も大きいのです。

    では、潜在意識のプログラムは
    どこから獲得されるのかというと、
    一部は本能と呼ばれるプログラムであり、
    そのほかは観察され、記録された生活体験に由来します。
    行動様式のダウンロードと外界に対する
    適切な反応を促進するために、
    6歳までの子どもの脳は低周波数脳波
    (デルタ波およびシータ波)で働くように設計されており、
    催眠トランス状態で作動します。
    穏やかな意識の脳波(アルファ波)は6歳頃に現れ、
    12歳頃にはさらに精神集中的な
    意識の脳波(ベータ波)が支配的になります。
    6歳までの子どもは無意識に他人の行動をダウンロードし、
    自分自身の行動としてプログラムします。
    また、この催眠期に子どもは自らに対する考え方を
    両親から聞いて獲得します。
    他の人たちの放った言葉が直接潜在意識の中に記録され、
    自分は愛に値するか、価値があるか、
    能力があるかといった自己評価となり、
    目に見えない習慣として自動的に演じられるのです。
    ここで大きな問題があります。
    脳の活動を見ると、私達が生きている時間のうち、
    意識下の心が働いているのは5%の時間だけで、
    残りの95%の時間は潜在意識下の心の習慣によって
    支配されていることが神経科学で明らかにされています。
    つまり、自分の人生を生きているようで、
    他の人たちから与えられた目に見えないプログラムで
    生きている場合の方が多いのです。
    このことがわかれば、私達の人生は変わります。
    まず理解しなければいけないのは、
    親というものが本当に貴重な役割を
    果たしているということです。
    親が子どもに発する言葉一つ一つすべてが重要なのです。
    その子の発育、その子の将来、
    そして私達の世界の未来にとって
    重要なのだということを認識しなければなりません。
    私達はみな力強い生物であり、
    健康かつ幸福で愛情に満たされた
    人生を創造する機会を持っています。
    遺伝子を変えることはできなくても、
    プログラムを変えることはできるのです。
    知ることは力です。
    自分自身を正しく知れば、
    プログラムを変え、自分の人生も世界も
    変えていくことができます。
    この世界に平和と調和をもたらし、
    地上の楽園をつくることができるのです。


     2013年12月09日
    ・瞑想と思考が
    「 DNA と細胞の構造そのものを変化させている」
    ことが初めて明らかになった
    …… という報道を訳しきれずに時間切れとなり



    Waking Times 2013.12.05

    研究者たちは、ついにマインドフルネスと思考により
    本人の遺伝子に特異的な分子変化を誘導する方法を示した




    「思考」のすごい力「思考」のすごい力
    (2009/01/20)
    ブルース・リプトン

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    さよなら、戦争時代

    2013/12/01 22:55 ジャンル: Category:ヒーリング
    TB(0) | CM(0) Edit




    マドモアゼル愛

    さよなら、戦争時代

    2013-11-30 23:53:47

    1999年の7の月、、、の
    有名なノストラダムス予言は、
    外れたことになっていますが、な
    ぜノストラダムスがこの時期に天に大十字が現れることを
    知っていたのかは、やはり不思議です。


    というのは、実際に99年の7月と8月には
    不動星座におけるグランドクロス、
    すなわち大十字が天に現れたのですから。

    そしてそれを合図に世界は変りました。
    不動星座とは、おうし座、しし座、さそり座、
    みずがめ座の四星座のことで、おうし座は金融を、
    しし座は王権を、さそり座は軍事を、
    そしてみずがめ座は民意を示します。

    これら四つの力が四すくみ状態となって、
    どれもが時代原理として働かなくなることを
    99年のグランドクロスは表していました。

    そこで占星術師の多くは、
    (よくわかっている者のみですが)
    時代が変わることを直感したわけです。
    具体的に言うと、金融でも、王権や特権階級でも、軍事でも、
    時代を動かすことはできない、、、となったわけなのです。

    民意はまだだまされている状態でしたので、
    これもまだ時代を動かす原理にまでは
    育っていませんでした。
    ここにおいて、エアポケットが開いたのです。

    21世紀に入ってからは、
    時代をすすめる原理の確立がないまま時が流れたのです。
    その間に、軍事の介入もありました。
    戦争もありましたが、
    すでにそれは時代原理にならないものですから、
    戦争を仕掛けた方にその報いが出ることになります。

    自然界の反作用をもたらすのですから、
    打って出たところにその力を戻ります。
    これによて、
    アメリカは弱体化していくこともわかっていました。

    また、金融も限界を迎えます。
    それはリーマンショックですでに終えており、
    ふたをして冷凍庫に保存している肉が
    段々と腐りだすようにして、
    そのツケは不良債権を買い取る中央銀行が
    おう形で最終のコーナーにかかっています。

    これも99年時点で
    こうなることはおおむねわかっていました。

    しし座が示す王権も、ダイアナ妃の悲劇など、
    前代未聞の出来事が隠せなくなりましたし、
    あらゆる名家、王権、既得権益層には
    運命の扉が叩かれる状況が到来しています。

    民意はうまくごまかされていますが、
    しかし、民意の高まりのみが、
    新たな状況を作る力であることは、事実です。
    なので、民意をマスコミなどを使って抑えることで、
    四すくみ状態が維持されていると言ってよいでしょう。

    この均衡をくずすのは、
    やはりみずがめ座が示す民意になることもわかります。

    今、時間をかけてこうした状況が進行しているのです。
    私はシリア開戦は無理、、、と思いましたし、
    今回の中国と日本の軋轢が
    戦争に発展することはないと思います。
    また、同時に猪瀬知事は失脚すると
    オリンピック招致が成功したあとにブログに書きました。

    偶然かもしれませんが、まさにそうなりつつあります。
    まだ中国と日本で争いがあると思っている人も
    多いと思いますが、おそらくそうはならないと思います。

    それは99年以降の占星術における
    大局から見た考えなのですが、

    大きな時代の流れに逆行する小さな出来事は、
    むしろ大きな流れを加速させるという法則があるのです。

    たとえば、人の幸運期における小さな不運や問題や事件は、
    その時は驚き焦りを感じても、
    結果的に幸運を倍加させるように働くのです。

    この占星術の法則を知る人はあまりいませんが、
    本当に的中します。
    反対もそうで、大きな不運期が到来中の人に訪れる
    幸運やチャンスは、
    かえって大きな不運を拡大させるように働いてしまうのです。

    これを99年以降の大きな流れにあてはめると、
    金融の行きづまり、軍事の限界、王権の失墜
    、、、これらはもう流れとして仕方ないところに来ています。

    そうした力を無理に行使した場合、
    最初は成果が上がったように見えても、
    そのことが逆に崩壊の速度を速めるように作用するのです。

    日中も戦争はありません。
    もしあった場合は、それが拡大するのではなく、
    基本的に仕掛ける意思が強い勢力が崩壊を早めます。

    今回そこをよく見ていたのがアメリカです。
    アメリカは航空域の設定に不満を言いつつ
    日本の肩を持ったのですが、
    実際には民間飛行機については中国に申告しろと、
    日本政府からみると仰天の発言をしました。

    さあ、月曜日から政府は大変です。
    アメリカの真意が何だか、
    きっとわからなくなってしまうでしょうから。
    本当は簡単なことなのです。

    戦争させない、、という意思を
    アメリカ政府は示したまでです。

    アメリカの軍部を動かす一方の力と日本政府の関係。
    そして日本政府とアメリカ政府との関係が
    交錯しているのです。

    アメリカはロムニーではなく、オバマ再選により、
    リベラルが勝ったという重大性を
    政府が無視しているのが不思議です。
    見たくないものを見てないだけかもしれません。

    B52を飛ばした意思と
    民間機の空路を中国に知らせろ、、と言った
    アメリカ政府はことなる指令系統にあるわけで、
    力の分散は戦争を起こせないように働く上で
    有効になっています。

    そのため、日本政府が考えているのとは
    異なる力学がこうして働いてしまうのです。
    しかし、私は依然から本当は安部も麻生も
    そのことをよくわかっている可能性が高いと思っています。

    対中国への強硬路線を強行した力は
    こうしたことがかさなれば、
    もしかしたら責任問題となり一掃される可能性が出てきます。

    そして政府内に段々と疑心暗鬼が始まるでしょう。
    日本政府内にも隠れた戦争が勃発してきます。
    政党はもう関係ないのですから。

    そうなると結局は正論しか力を持てなくなるわけで、
    大きな時代の流れは本当に上手にすべてを使って
    物事を達成させていくのです。

    シリアでの戦争起こしの失敗。
    日中でも同じ結果になるでしょう。
    もし小さな軍事衝突が起きた場合は、
    むしろ戦争を引き起こそうとした勢力の一掃が
    なされることなるでしょう。

    これは誰が決めるという問題ではなく、
    それが時代の流れなのです。
    時には神もかなわぬぞよ、、、という
    筆先があったと思いますが、
    時と流れを人間が変えることはできません。
    一時的にせき止められても、
    決壊すればさらに大きな奔流になるのです。

    個人においても今の時代は大局を持ち、
    小さな動きに流されずに
    生きていくことが大切だと思います。

    金融はリーマンで完全に死んだのです。
    大量の不良債権は冷凍状態にされていますが、
    結局国が買い取ることしかなく、
    それは通貨制度の解体へ最終的に行きつきます。

    リーマンの時にもう確定していたことなのです。
    それをもっとも最初にはっきり言ったのが、

    ローマ法王でした。

    本質をすぐに表明できる立場におり、
    同時に王権の失墜を受け入れる覚悟であったと思われます。

    あとは次の時代原理である民意の目覚めを待つばかり。
    個々に任せられた時の神のはからいは、
    すでにあなたの心の中にあるはずなのです。

    自分が変われば世界が変わるという、
    究極の時代が訪れています。
    他の人が何しているかは、どうでもいいことなのです。



    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中