ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    市民を敵とみなす、NASAの未来計画文書

    2013/06/29 22:15 ジャンル: Category:ケムトレイル
    TB(0) | CM(0) Edit

    私達にはもはや合法的政府は無く

    企業や銀行によって支配されている。

    日本政府も株式会社、

    私たちはもはや憲法の下にはいない。
















    銀行家、世界的エリートたちは、
    自分たちが不死を達成したと信じている。

    これはロボット、サイボーグ、人間についての文章である。


    彼等は脳の完璧な地図を持っている。
    彼等はすでに人間の脳をロボットに組み込むことが出来る。



    新しい兵器、新しい敵




    マイクロサイズの機械化された埃が
    ケムトレイルから散布されている。
    この埃は肺組織に接触し
    様々な病理学的ミッションを遂行する。




    彼等はこれが新しいタイプの兵器で合法だと言っている。




    これは彼らがこの地球上にいる全ての人間に対して
    行おうとしていることなのである。




    周波数がこの戦争状態の中でどのように使用されるかについて。




    敵を標的とする周波数の使用についての
    、20ページに及ぶ陸軍の文書。

    この敵とは我々市民のことである。
    人口の100%がこの周波数に影響を受けるといっている。
    人々はあらゆる病気を体験している。
    みみなりから始まり、動機、皮膚発信、不眠・・・

    そして彼らが行っている事というのは
    これらの周波数を使って、私達の免疫システムを
    動かないようにしているのだ。

    エリート達はどのようにして自分たちの兵器から
    自分を守っているのか?


    私たちが利用できるものよりも
    彼等は遥かに進んだ方法を持っているということだ。

    たとえば癌、
    彼等は癌にならない。
    特定の周波数攻撃をかわすことが出来る
    マイクロチップの仕組みがある。


    周波数の影響とどのように使用されるかが
    話されているだけではなく、発作の原因となる行動に
    干渉する大きな知識も話している




    世界中に配備されるスマートメーター
    電力をデジタルで計測し、
    メーター内に通信機能を持たせた次世代電力量計、
    ガスも水道メーターも含まれる。
    そして食料供給にも繋がれ、貨幣が崩壊した時には
    エネルギー許容量を発行し、
    このメーターシステムを介して制御するだろう。

    スマートメーターについてはもはや話し合う時期は過ぎた。

    尖塔、木、ネオンサイン、などに化けた夥しい
    携帯電話タワーが破壊の周波数で市民を攻撃している。


    Jessica0701 You Tube

    *

    日本に置いても、携帯電話タワーの周波数攻撃については
    日本の黒い霧等で検証が行われています。


    2013年05月02日 15時00分
    エネルギー管理:
    東京電力の決定で全国へ拡大、スマートメーターのシステム開発





    プラズマで解き明かす太陽系超先端 宇宙『超』シークレットゾーン NASA&シークレットガバメントが絶対隠しておきたいショッキング・インテリジェンスのすべて(超☆はらはら)プラズマで解き明かす太陽系超先端 宇宙『超』シークレットゾーン NASA&シークレットガバメントが絶対隠しておきたいショッキング・インテリジェンスのすべて(超☆はらはら)
    (2012/03/01)
    飛鳥 昭雄

    商品詳細を見る




    NASAも茫然自失!超先端[深宇宙]レポート 戦利品は地球!超知性のエイリアン〈アザーズ〉たちの銀河間戦争(超☆はらはら)NASAも茫然自失!超先端[深宇宙]レポート 戦利品は地球!超知性のエイリアン〈アザーズ〉たちの銀河間戦争(超☆はらはら)
    (2012/02/02)
    並木 伸一郎

    商品詳細を見る


    スポンサーサイト

    美術館にある古代オシリスの像が、自ら回転を始めた!

    2013/06/26 11:17 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit


    死者の世界をつかさどる
    オシリス神の像が、
    自ら回転を始めた


    osiris-01.jpg





    マンチェスター美術館にある
    ファラオの陵墓から発見された
    死の神の彫像が自分自身で回転した


    英国マンチェスター美術館に展示されている、
    紀元前 1800年ごろにエジプトで作られたとされる
    オシリス神の偶像が、自ら180度回転した。

    回転は昼間にのみ起こり、夜間は運動が止まっていた。
    その様子は美術館の監視カメラに記録されていた。
    神像はガラスケースに収められており、
    ケースの鍵を持っているのはひとりの学芸員だけで、
    他の人間が触れることはできない場所だ。

    監視カメラの映像を早回しで見てみると、
    像はまるで意思を持つように
    正確な円を描いて半回転している。

    専門家も理由がわからず、
    「いわゆるファラオの呪いでは?」
    などと冗談とも何とも言えない返答しかできなかった。

    像の高さは 25センチメートル、
    「ネブ・ア・セヌ ( NEB-A Senu )」
    と名付けられたもので、
    エジプトのファラオの陵墓から発見された彫像だ。

    1933年、マンチェスター博物館の収蔵品となった。

    オシリス神は死者の世界をつかさどる。


    ちなみに、一度だけ回転したということではなく、
    最近、気づくと回転していることに気づいた学芸員が、
    監視カメラで1日中、部屋を監視することを決めたところ、
    誰も触れていないのに回転していたことが
    判明したということのよう。

    記事にある監視カメラの映像は
    マンチェスター美術館が公開しており、
    ↑がその動画です。

    InDeep

    ・スタッフ数人しか像に触れられない
    最初に異変に気付いたのは、博物館の学芸員
    キャンベル・プライス氏だ。

    エジプトに関する所蔵品に触れられるのは、
    彼を含めて数人しかいない。
    しかも像はガラスケースに収められているので、
    一般の人が触れることはできない。
    それなのに、ある日気が付くと正面を向いているはずの像が、
    異なる方向を向いていた。
     
    ・誰も触れていない
    向きを直して一夜経つと、また違う方向を向いていた。
    再び直したのだが、一夜経つとまた別の方を向いていた。
    スタッフで話し合ったところ、
    誰も動かしていないことが判明。
    困惑したプライス氏は監視カメラを設置することにした。
     
    ・ゆっくり360度回転
    1分ごとに撮影するカメラを一週間設置。
    その間、像が向きを変えても元に直さないようにした。
    すると像は、ゆっくりではあるが360度回転したのだ。
     
    ・微細な振動の影響か?
    一体どのように像は動いているのか? 
    スタッフは微細な振動が影響しているのではと考えた。
    博物館の客や近所を通る車の振動が、
    像に何らかの影響を与えていると考えたのだ。
    しかしもし、微細な振動が影響しているとしても、
    円を描いて動くことを説明できない。

    したがって、原因は不明のままだ。

    ロケットニュース24 





    イシス (潮漫画文庫)イシス (潮漫画文庫)
    (2003/05/01)
    山岸 凉子

    商品詳細を見る


    世界一の諜報戦のプロ・プーチンが背後で…

    2013/06/24 13:59 ジャンル: Category:大量逮捕
    TB(0) | CM(0) Edit

    http://grnba.com/iiyama/index.html

    ◆2013/06/24(月) 
    世界一の諜報戦のプロ・プーチンが背後で…
    f518baed623ba723c5bebf61a2177b1a601b30e3.gif

    いま、米・英vs中・露は、
    すさまじいまでの諜報戦を戦っている。

    きのこや鷲までを常に監視している

    米・国家安全保障局(NSA)。

    この米・政府機関が個人情報を秘密裏に収集していた
    問題を証拠付きで見事にスッパ抜いた
    米中央情報局(CIA)の元職員、
    エドワード・スノーデンが昨日、潜伏先の香港を離れた。

    米国政府は、香港政府に対してスノーデン元職員の
    身柄拘束を公式文書で強く求めていた…。
    しかし香港政府は「文書が不備!」だとして、
    スノーデン元職員を「合法的に」香港からの出国を許した。

    この香港政府のフテブテしい姿勢の背後には、
    プーチン大統領と習近平国家主席の連繋プレーがある!

    エドワード元CIA職員は、電光石火の迅速さで、
    忍者のよーに香港からモスクワ行きの
    ロシア・アエロフロート機に搭乗した。
    牛ーーこれで、米・英は手も足も出せなくなった…。

    いま思えば…、
    ランチョ・ミラージュでのオバマvs習近平の会談で、
    習近平はオバマがタジタジするほど押しまくった。
    やれ、(“冷戦”を避ける)大国関係の
    ニューモデルを構築しよう!の、
    「太平洋には米中両大国を受け入れる十分な空間がある!」
    のと太平洋を米中が分割支配する案まで提言する
    ズーズーしさ。

    いっぽう、オバマは中国軍によるサイバー攻撃を口撃しよう!
    と意気込んだが、「中国も被害者だ」と
    習近平に一蹴される始末。

    日本が期待した尖閣問題も、
    結局は「日中で対話すべき問題」と、
    日本を突き放す姿勢で巧妙に逃げて
    習近平を喜ばせてしまった。

    さて結論的な本論、鼠ーか、諜報技術論的な話になるが…、
    今回の「米中両大国」の首脳会談は、実は、
    両大国の防諜能力が競われる凄まじい諜報戦だったのでR!

    「諜報」とは敵の情報を収集する活動だ。
    スパイ(Espionage)活動も諜報だが、
    敵のスパイ活動に対抗して、それを無力化することは
    「防諜」という。

    で、米国の諜報センターであるCIAは
    意外にチョロくてズサンで、
    本当に成功したと言えるのは、じつは、日本だけ!

    ただし日本の場合、岸信介、児玉誉士夫、正力松太郎等々の
    売国奴による自発的かつ積極的な協力の「お蔭」での大成功。

    この「大成功の系譜」は、中曽根康弘、与謝野馨、
    小泉純一郎、竹中平蔵、長島昭久、小泉進次郎と続き、
    菅直人や野田佳彦、仙谷由人といった中途半端な左巻きまでが
    積極的かつ自発的にCIAやジャパンハンドラーどもの
    手羽先に変身した…。

    (菅直人と野田佳彦は首相官邸での
    脅迫と暴力に屈した疑いが濃厚でR。)


    余談が過ぎた。本論に戻るが…、

    今回の米vs中の諜報戦は、
    エドワード・スノーデン元CIA職員による
    “米中会談に合わせた裏切り”で、
    中国(とロシア合同の諜報活動)の
    一方的な勝利!鼠ーー結果になった。

    今後、エシュロン、ウクサといった
    米国主導の通信傍受(シギント)システムは、
    中露によって徹底的に分析されて逆利用される!

    なにしろ、世界一の諜報のプロ、プーチンと、
    諜報戦を徹底的に学んだ習近平が相手なので、
    米国(と属国の日本)は、諜報戦では
    哀れにも丸腰!鼠ーコトになる鴨夜。


    images (9)

    ウラジーミル・プーチン大統領は、リュドミラ夫人との離婚を明らかにした。離婚の決定は、共同でなされた。結婚生活はほぼ30年続き、その間、マリヤさんとエカテリーナさんという二人の娘に恵まれた。
    リア・ノーヴォスチ通信によれば、ドミトリイ・ペスコフ大統領報道官は「大統領夫婦の離婚について、今のところ正式な手続きはなされていないが、それは重要ではない。決断は下された」と伝えた。

    プーチン夫妻は、6日夕方バレエ「エスメラルダ」観劇のためクレムリン大会宮殿を訪れた後、家族生活に関する記者団の質問に答えた中で、思いもかけず自分達の離婚について明らかにした。

    大統領は「国家元首としての活動は、完全に公けである事を前提とするが、それを自分と分かち合う用意の無い人達もいる」と述べた。

    一方リュドミラ夫人は「これは実際、2人で共に話し合い決めた事だ。私達が事実上、会っていないことから言っても、私達の結婚は終わっている」と離婚を認めた。

    リア・ノーヴォスチ

    余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人、アイゼンハウアー大統領はエリア51を攻撃しようとした?                

    2013/06/23 23:47 ジャンル: Category:UFO
    TB(0) | CM(2) Edit

     
    wake up Japanさんからコメントを頂きました!

    動画下に載せてある文章が
    動画の内容と全く逆になっている箇所があります。

    アイゼンハワー大統領はエリア51を攻撃していません。




    *


    Jessica0701

    2013/06/21
    2013年3月3日金曜日から
    ワシントンDCで行われた市民公聴会にて示された
    元CI­A職員とされる匿名の人物によるビデオ証言。

    UFO作家であり歴史家であるリチャード­・ドーランは
    この匿名の人物に2013年にインタビューを行いました。
    差し迫った腎不­全に直面し、
    この人物は秘密にしておくには重要すぎると感じ、
    機密情報をあえて開示し­ようと考えたのです。

    このビデオの中で、彼は米陸軍に仕え、
    CIAの為に働き、米空軍­の
    プロジェクトブルーブック
    (米国空軍UFO公式研究のひとつ。)
    でも働いていたと主­張しています。

    余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人 



    前編


    2013年3月5日

    アメリカ場所は不明

    A :私たちがだんだん年をとって来るにつれて
    今77歳ですが永遠には生きられないでしょう。
    もしこの血を綺麗にする処置が上手くいかなかったら、
    その時は・・・おそらく私の腎臓が動かなくなるまでは
    残り数ヶ月なんです。
    だから今回インタビューを受けることにしたんです。

    R:あなたが経験して見てきた事はそれについて
    知らない人々にとって非常に重要なのですね。

    A:そうです。

    R:まず最初にあなたの軍のキャリアから始めさせて下さい。
    そして正確にあなたの経験が何であったのかに進ませて下さい。

    A:軍の徴兵での事でした。
    私はアメリカ陸軍にはいりました。
    その後に米国南東にある信号訓練センターに送られました。

    R:それは何年の事でしたか?

    A:1958年の事です。
    信号訓練コースを修了しました。
    当時ラジオテレタイプコースを修了したんです。
    それと暗号コースも終了したんです。
    暗号コースには5人のインストラクターがいました。
    彼等は兵役を降りる所でした。
    ですから彼らは上位5人の生徒達を引き抜いたんです。
    そして私はクラスで3位だったのです。
    ですから私はインストラクターとして引き抜かれました。

    R:さて当時はまだCIA では働いていないんですよね?

    A:働いていません。

    R:まだなんですね?

    A:翌日に上司がやって来て言ったんです。

    「臨時収入を得たくはないかい」って。
    それで私はお金はいいですねって言ったんです。
    彼はやり遂げることが出来るんだって私に説明したんですよ。
    私達は仕事の為に最高機密であるホワイトハウスの
    Q許可を得なければならないって言うんですよ。
    それで思ったんですよ。
    本当にかなり限られた事なのかもしれないってね。
    それでこれは何なのかって言ったんです。
    それで彼は自分が米国東部のCIA長官なんだって言いました。
    それで私は知らなかったって言ったんです。
    すると彼は、君は知ってはならない筈なんだよって言いました。
    上司が来た6週間後に私のセキュリティ許可証が通りました。
    それで私はじぶんのCIAカードを得たんです。
    それはIDカードでクレジットカードみたいでした。
    ドアの所へ行って上からスキャンすると
    入ることが出来るんだよ。
    そして当時私の名前は、偽名も使っていました。
    本当の名前は一度も使った事はありませんでした。
    彼のいたプロジェクトで彼らと一緒に働き始めました。
    それはプロジェクトブルーブック(3:30)で
    そしてそれは一部は詐欺の様なものでした。

    R:ブルーブックのケースのいくつかは
    完全に架空のものだったと思っているのですか?

    A:そうです。
    ですが私たちが得たケースはメリーランド州の
    フォートベルビュー・・?から来たものだったと思います・・・。

    R:フォートベルボアですか?

    A:そうです。
    それでペンタゴンから来たものではありませんでした。
    CIA本部から来たものでもありませんでした。
    ですが私達はメキシコを始め、
    イタリアとか何かそういう特定の場所から
    報告書を得ることになっていました。
    それで私たちがしなければならなかったのは、
    私達にはそれを行う人達がいて、その報告書に従い、
    そこへ行き人々にインタビューし、
    それはその事例ではないのか本物かどうか見るのです。

    R:彼等は頻繁に海外へも行くんですか?

    A:そうです。私は行きませんでした。
    私はいつも国内にいました。
    ですが一緒に働いていた人々・・CIAはそれを行うんですよ。
    私たちは新しい報告書を得て、
    たぶん週に2~3回になったでしょうか。
    私は楽な確約で軍隊に入ったでしょう?
    だから私は本当に何の知識もなかったんですが、
    上司が私をプロジェクトブルーブックに入れて、
    これまで彼らが見つけてきた事というのが
    グレイだとか宇宙人だとかそれからロズウェル事件だとか・・

    R:最初にこれらがあなたに降りかかってきた時は
    どう感じたのですか?
    最初にこれを知った時にはです。

    A:圧倒された感じになりましたよ。
    こういった全てにです。わかるでしょう?
    それでこう言ったことをこれが本物でこれは違うって
    判断する人々に自分が入れるか分らないって言ったんです。
    こう言った知識がないのにです。
    わかるでしょう?

    R:それで彼はなんて言ったんですか?

    A:情報が来たらそれがどの様になっているか
    見る能力を持たなければいけないと彼は言いました。

    R:そして他のことでは勿論、
    あなたは本当に家族や親しい友人に
    それを言うこともできないのは明らかですよね。

    A:そうです。誰にも言うことはできませんでした。
    実際、私は誰にも言わないという
    誓いを立てなければなりませんでした。
    多くのものは40年間です。
    もっと長いものは50年です。
    それは2010年にオープンになりました。

    R:あなたはそれらすべての暗号仕事を行い、
    イメージや写真、ビデオを見ていたんですね。
    それは1958年以降のことでしょうか?
    この後は何が起きたんでしょうか?

    A:当時プロジェクトブルーブックは
    不運な目に遭った感じだったんですよ。
    当時の公正なメンバー達は
    何もないと宣言した感じだったんです。

    R:そうですね。
    彼等はすべてのUFOは誤認識、デマ、心理学的問題だとか
    世界に言っていましたね。

    A:気球だとか・・・
    そうです。それで上司が私の所へ来て言ったんです。
    私達は二人とも
    二人とも研究課題を知らなくてはならないってね。
    それで私は「何処へ行くんですか?」って言ったんです。
    私達は首都に向かうって彼は言いました。
    宇宙人について何か、
    全てを知ろうとするアイゼンハワー大統領や
    ブッシュに会うことになるだろう。
    MJ-12が見つけ出す筈であったのに
    一度も彼に報告書を送っていなかったんです。

    R:MJ-12というUFOコントロールグループのことを
    当時もMJ-12と呼んでいたんですね?

    A:そうです。
    到着すると彼等は私達を呼び入れました。
    そしてアイゼンハワー大統領とニクソンがそこにいました。
    それで彼等は行ったんです。
    我々はMJ-12やエリア51のひとびとをよんだんです。
    ですが自分たちのやっている事は政府は全く管轄外だと
    私達に彼等は言ったのです。
    ですから大将であることで、かつては大将であったことで、
    正当な理由もなしに地獄へ落ちろって
    彼に言わなかったんですよ。
    だから彼は言ったんです。
    君と君の上司とで彼らの所へ跳び、
    彼らに私の個人的メッセージを伝えてもらいたいのです。
    それはこうです。
    引き受けていようがいまいが、彼らに伝えて下さい。
    来週までにワシントンに来て私に報告して下さい。
    もしそうしなければ、
    コロラドから第一軍団(アメリカ陸軍・8:46)を得て、
    そこへ行き基地を乗っ取ります。
    どんな種類の機密素材があるかなんて関係ない。
    我々はそれをバラバラに引き裂くつもりだ。





    後編



    A:我々がそれをバラバラに引き裂いてやるって言ったんです。

    R:アイゼンハワー大統領はエリア51を
    侵略するつもりだったんですね。


    A:そうです。
    第一軍団(アメリカ陸軍)を使ってです。

    R:ではあなたは上司と出掛け、飛んで行き
    到着して何が起きたのですか?
    全ての過程を説明してもらえますか?
    何を見たのでしょうか?

    A:彼等は私達を13から15マイル南の
    S4へと連れて行きました。
    そしてそれはまるで別々の車庫のドアが開く様でした。

    R:OK

    A:そして、それら別々の車庫のドアが開くと
    別々の円盤型の船があって、一番最初の所には
    ロズウェルの船がありました。
    粉々に砕けた感じになっていました。
    明らかに全てのエイリアン達は
    数人以外は死んでしまっていました。

    R:あなたはロズウェルの船を見たんですね。
    他には何を見ましたか?

    A:ロズウェルの船は本当に奇妙で・・・なぜなら、
    本当に重たいアルミホイルのように見えたからです。
    それを横に揺り動かすことが出来るんですよ。
    それを全て揺り動かすこともできるんです。
    恐らく全体で150から300(68kgから136kg)ポンド
    くらいの重さでしょうね。

    R:その船の動力源は何であったか分りましたか?

    A:はい。それは・・・
    反重力だとかそういった類のものでした。
    実際、後になって反重力の数学的コードを得て、
    それは3×5のカードでした。
    (多分インデックスカードのことだと思います)
    たぶんそこには様々な種類のグレイなどがいて・・・

    R:どの様にその証拠を見たんですか?

    後になって、S4にて私たちが解剖フィルムを見たんです。
    そうしたら大佐が言ったんです。
    我々がこの中で持っているものは、
    我々はグレイエイリアンにインタビューしている
    ということです。

    R:わかりました。そこでその瞬間はどのように
    感じていたのですか?

    A:思ったのが、なんてこった。
    本物を見ることになるなんて思いも寄らなかった。
    ビデオしか見たことなかったのに。

    R:その瞬間ちょっとしたドキドキがあったんですね。

    A:私の上司は中に入ることが出来て、それで個人的にインタビューをしました。

    R:そのグレイエイリアンはどんな姿だったのでしょうか?
    少し説明して貰えませんか?

    A:少しだけ東洋人のように見えました。

    R:少し不思議に思ったんですが、
    殆んど人間のように見えたのであったら、
    人間に見えない所はどんな所でしょうか?

    A:いいえ人間の様には見えてません。
    肌のトーンや基本的に形やサイズが違います。

    R:たとえば通常の人間と比べて頭のサイズは
    どのように違いますか?

    A:脳がもう少し大きかったです。
    何人かは鼻が物凄く小さくて、
    そして耳はただの穴のようでした。
    口は物凄く小さかったです。

    R:さて一体ともかく、
    彼等は如何してあなたをそこへ連れて行ったのですか?
    エイリアンを見せることに
    どんな意味があるというのでしょうか?

    A:大統領の所へ戻って彼らが実際に
    それを持っているのだと伝える為にです。

    R:では彼はこの時点では知らなかったのですか?

    A:知りませんでした。

    R:S4にエイリアンがいるという事をです。

    A:知りませんでした。

    R:そのエリアであなたは何をしていたのですか?
    そこで終わったのでしょうか?
    それとも他にすることがあったのでしょうか。

    A:はい基本的に私達は終わった感じで、
    エリア51に戻った時に、彼等はメインビルに私達を連れて行き、
    そこで私達はU2を見たんです。
    *
    u2偵察機
    ロッキード社がF-104をベースに開発したスパイ用の高高度偵察機。初飛行は1955年。

    *
    勿論私はそれが存在することを知りませんでした。
    そしてSR-71のモデルを見ました。
    *
    SR-71
    1950年代後半から1960年代にかけてアメリカのロッキード社・スカンクワークスで開発した超音速・高高度偵察機。愛称はブラックバード(Blackbird)。初飛行は1964年12月11日。1967年5月31日実戦投入。

    *
    R:ブラックバードですね。

    A:ですから・・・
    先に言ったように現在のブラックバードではなく、
    前のバージョンです。

    R:この後直接ワシントンに行ったのですか?

    A:そうです。

    R:どの様にそこへ行ったんですか?
    普通の航空でですか?

    A:私達は通勤用旅客機に戻り、
    それで空軍基地へ戻ったんです。
    そしてアイゼンハワー大統領の
    ロッキードL-10エレクトラに乗りワシントンに戻ったんです。

    R:あなたとあなたの上司は次に大統領に会うのですね?

    A:はい

    R:それを説明してくれますか?

    A:私達は2階建ての古い戦略諜報局倉庫で彼らに会いました。
    アイゼンハワー大統領ととニクソンがいました。
    そしてまたフーバーもいました。
    それで私たちは何が起きているのかを聞かれたのです。
    そして私達は彼らにエイリアンや全ての状況について
    伝えたんです。
    それからブラックプロジェクト等についてです。
    それで彼等は完全にショックを受けていました。
    彼は初めてうろたえているのを現したのです。
    わかるでしょう?
    彼はうろたえているようでした。

    R:アイゼンハワー大統領は確かに円盤が本当であることや
    エイリアンがいる事を知っていたと思うのですが・・・
    ですから不思議に思ったのですが、
    彼は何に対して驚いていたのでしょうか?

    A:ブラックプログラムについて驚いていたのです。
    アイゼンハワーは言いました。
    これは完全に秘密にしておかなくてはならない。
    わかるでしょう?私達はこれについて話す事は出来ないんです。

    R:あなたの実際の名前は・・・成長過程で使った名前は
    そこで使っていたのとは違う名前なのですよね。

    A:そうですCIAではその名前は全く使いませんでした。

    R:さて、今日ではどうなのですか?
    あなたが公式記録へ行くとこれは未だに国家機密であり、
    先にあなたは特定の期間で期限切れになる
    セキュリティ設定の誓いについて話していましたよね。

    A:50年です。

    R:ですがあなたは未だに懸念しているのですか?

    A:リンダ・ムルナウの電話ですが、
    彼女の電話は盗聴されていました。
    そして彼等は私の電話番号を得たんです。

    そして電話会社を通し、
    彼等は私を見つけることが出来たんです。等々です。

    R:彼等があなたを見つけた時に何が起きたのでしょうか?

    A:私はスーパーへ行く所でした。
    黒いリンカーン・タウンカーに乗った
    黒いスーツを着た二人の男がやって来ました。
    私に会いに来たんです。
    そして私に何も出版しない方が良い、
    そしてリンダにこれ以上それについて話さない方が
    良いと言ったんです。ですから当時、そうしたんです。
    わかるでしょう?(話すのを)止めたんです。

    R:あなたを脅かすにはそれで十分だったんですね。

    A:そうです。
    私でいるよりも無名のままでいる方が良いのです。
    一度も顔を出したり、そういった事はありませんでした。

    R:本当にインタビューに応じてくれてありがとうございました。

    A:はい。たぶんこれは良いアイデアだったのです。
    それについて話してずっと気分が良いからです。
    肩の荷が下りた感じがしますよ。

    R:本当に。

    A:なぜなら何年もの間にしまってきた
    秘密から解放されたんですから。

    以上がJessica0701さんのアップされた動画の翻訳です。









    **********************************************





    たきさんのHPより

    アイゼンハウアー大統領はエリア51を攻撃した
    http://www12.plala.or.jp/gflservice/EisenhouwerAttackedArea51130623.html 
    2013年6月23日


    Richard Dolang(R):
    あなたが言うことは非常に大事なことなので、
    人々に知らせたいと言われるんですね?

    Anonumous(無名の人、A):そうです。

    R: そうですか。
    R: 初めにあなたの軍隊経歴を話し、それから、
       あなたが経験したことを正確に話してくれますか?

    A: 私は・・・私は徴兵で入隊し、陸軍に配属になりました。
       それから、東部にある信号訓練センターに送られました。

    R: それは何時頃のことでしょうか?

    A: 1958年。
       私は信号訓練センターでの訓練を修了しました。
       その時に、私は無線テレタイプコースと
       暗号法コースである、”クリプト”を受けました。
       軍務から離れてきたインストラクターが5人いて、
       優秀な者5人を選び出しました。
       私はクラスで三番目だったので、
       インストラクターから指名を受けました。

    R: 今でもCIAで働いているんでしょうか?

    A: いや。

    R: それともCIAで働いたことはないんでしょうか?

    A: いや、そういうわけではなく、
       あくる日にボスがやってきて言うには、
       ”お金を稼ぎたくはないかね?”と。
       私は”お金は好きですよ!”と言ったんです。 
       (お互いに笑い) それから、彼は、私に、
       それではやって もらおう、君、
       ちょっと面白いことになると思うよ、と言い、    
       私は、”で、一体何ですか?”と尋ねました。
       彼は、”私は米国東部のCIAの指揮官ーなんだ が、”
       と言いました。私は、”えー、そうですか。
       知りませんでした。”と言いました。
       彼は、”そうだろうとも。”(お互いに笑い)約6週間後、
       私の信用審査が通り、CIAカードを受け取りました。
       それはクレジットカードのような身分証明カードで、
       ドアに近づいた時に、装置にスライドさせると
       ドアが開いて通 過できるようになっていて、
       当時使っていた偽名も書いてありました。
       本当の名前は使いませんでした。
       私は彼が実行していたプロジェクトで
       一緒に働き始めました。
       それはブルー・ブックと言うプロジェクトで、
       部分的には詐欺のようなものでした。

    R: ブルー・ブックのある部分は完全に
       架空のものだと思うんですね?

    A: そう、そう。けれども、我々が担当したのは、
       メリーランド州のベルビー基地だと思います。

    R: ふーん。ベルボア基地のことでしょうか?

    A: そうです。
       で、それはペンタゴンからの指令ではなかったんです。
       あるいは、 CIA本部からのものでもありませんでした。
       けれども、我々はメキシコかイタリアかで起きた
       ある目撃事件のようなものについての
       報告書を受け取りました。 それから、我々は、
       ・・・我々には、それについて外部の人々に聞いて、
       空騒ぎなのか、本当なのかを調査する者がいました。

    R: 彼らは頻繁に海外に出かけたんですか?

    A: 私は行かず、いつも国内にいましたけど、
       CIAから来て我々と一緒にいた人たちは
       そうしていました。
       我々は一週間に幾つかの新しい報告書を受け取りました。
       私は軍隊には入ったけど、武器を手にし たことは
       ありませんでした。
       だから、私には軍隊の知識はほとんどありませんでした。
       その代わりに、私のボスは
       プロジェクトブルー・ブックについての知識 と、
       これまでに分かったことを詰め込みました。
       グレイや、エイリアン、
       そしてロズウエル事件についてです。

    R: この情報に初めて接した時はどう思いましたか?

    A: そう、私は全ての事に圧倒されましたよ。
       で、私は彼に言ったんです、
       ”十分な知識がなければ、私はこのタイプのことについて、
       何が本当で、何がそうじゃないのか
       判断できるかどうかわかりません。”だから、その・・・

    R: 彼は何と言いましたか?

    A: 彼は、”そう、前に進むには、情報を構築しなければ
       ならないんだから、このことがどのように進むのか、
       見極めて欲しい。”と言いました。

    R: で、別のことですが、あなたは家族や親しい友人に
       何も話せなかったんですよね。

    A: そりゃそうですよ。
       私は誰にも話すことは出来ませんでした。
       実際、私は誰にも話さないと心に決めたんです。
       40年間多くのことが起き、
       更に2010まで50年経ちました。
    R: あなたはずっと暗号化をして、イメージ、写真、
       ビデオの面倒をみていたんですね。
       多分1958年の秋のことだったんでしょうが、
       この後で何が起こったんでしょうか?

    A: 当時、プロジェクトブルー・ブックの種類のことは、
       瓶詰めにされたんですよ。当時を振り返ると、
       この種のことは何もなかったことにされて、そして・・・
    R: 彼らは世界に全てのUFOは誤認だあり、
       ほらだったといって回りました。

    A: バルーンについて話をしたいと思んですが。

    R: 何にせよ、心理的なことですよね。

    A: そうです。ボスが私のところに来て、言う には、
       ”新しい任務だ。”と。そこで私は言いました。
       ”どこに行くんですか?”彼が言うには、”首都だ。
       私たちは大統領の直属になる。
       彼はMJ12が発見 したと思われるのに、
       アイゼンハウアー大統領に報告しようとしなかった
       エイリアンの全てについて
       何か見つけ出そうとしている。”

    R: MJ12はUFOのコントロールグループで、
       その当時そう呼ばれていたんですね?そうですか?

    A: 彼らは我々を呼び入れたので、
       我々はオーバルオフィス に行きました。
       アイゼンハウアー大統領とニクソン氏がそこにいて、
       言いました。”我々はエリア51とS4のMJ12から
       人を呼んだが、政府は、彼らがしている事に
       口を挟む権限はない、と彼らは言った。
       ”かつては将軍だったので、何も理由がないんだったら
       地獄に落ちろ、といったはずですよね。
       そう、そこで彼 は言いました。
       ”私はお前たちとボスにあそこから飛んで出てゆけ
       と言いたい。ボスに私のメッセージを伝えなさい。
       ”彼は言いました。”誰が責任者であろうと、
       そいつに来週にワシントンに来て、私に報告させなさい。
       もしそうしないんだったら、私はコロラドにいる第一軍を
       引き連れて飛んで行き、基地を乗っ取る。
       お前たちがどんな秘密情報を隠していても構わない。
       私はお前たちをぶち壊してやる。”

    R: アイゼンハウアー大統領はエリア51を
       攻撃したんですか?

    A: しましたとも。第一軍を引き連れて。

    R: あなたも上官と一緒に?

    A: ええ。

    R: あなたも飛んでいったんですね。
       そして着陸し、何が起きたんでしょうか?
       プロセス全体を説明してくれますか?見たことも?

    A: 彼らはS4の南13~15マイルの地点に結集し、
       まるで別のガレージのドアを
       こじ開けるようなものでした。
       このガレージのドアが開くと、
       彼らはまるで違った円盤型の飛行機を飛ばしてきました。
       それはその中にいたロズウエルの飛行機の最初のやつで、
       例の墜落したやつそっくりでしたが、
       中にいたエイリアンは、二体を除いては死にましたけど。

    R: あなたはロズウエル事件の宇宙船をご覧になったと。
       他にご覧になったものは?

    A: ロズウエル事件の宇宙船は全く奇妙なものでした。
       何というか、まるで分厚いアルミホイルのようでした。
       我々は宇宙船のすぐそばを歩く事が出来ましたが、
       その重さは150-300ポンドではなかったでしょうか。
    R: 動力源は何でしたか?
    A: リバーの重力装置のようなものでした。
       構造となる数式は3×5インチのカード大の装置に
       記録されていて、これはグレイらが使うものとは
       異なるものでした。

    R: それを何で知ったのですか?

    A: S4の後でフィルムを見せられ、大佐はこう言ったんです、
       ”いま見たフィルムはグレイによる情報だ。”

    R: どんな印象を持ちました?

    A: 現実のものを見ているという気がしなかった、
       まるでSF映画を観ているようでした(笑)。

    R: 混乱、葛藤せざるをえなかったと。

    A: ええ。そのあとボスによる追加の説明がありました。

    R: グレイはどんな感じでしたか?
       断片的にでもいいので教えてください。

    A: 東洋人に少し近い感じでした。

    R: ほお。ヒトに似た面がある反面、
       ヒトと異なる部分はどういった面でしたか?

    A: 皮膚の感じは全く人間でした。
       体つきも大きさもヒトに近く、
       異なる面は見当たりませんでした。

    R: ヒトと比べてどんな感じでした?

    A: 脳がヒトに比べ大きかったです。
       そして鼻の大きさがヒトよりもずっと、ずっと小さい。
       耳はただ穴があるだけ。口もとても小さかった。

    R: あなたにエイリアンを見せた理由は
       何だったと思いますか?何が目的だったんですか?

    A: 大統領に伝えるためだったと思います。

    R: その時点で大統領はS4にエイリアンがいる事を
       知らなかったと。

    A: いえ。知っていました。

    R: エリアでその後何をされたんですか?

    A: エリア51に帰り、メインビルに到着、
       そこで後のSR-71の原型となったU2を見ました。

    R: ブラックバードですね。

    A: ええ。ただ、今のブラックバードの原型というより、
       もっと初期型です。

    R: その後直接ワシントンに行かれたんですか?

    A: ええ。

    R: 何で行かれたんですか?通常の飛行機?

    A: コンピュータ式の飛行機で航空基地に帰り、
       そこでアイゼンハウアー大統領が乗る
       ロッキードエレクトラに乗り換え
       ワシントンに向かいました。

    R: あなたとあなたのスーパーバイザーは
       そこで大統領に会ったわけですね?

    A: ええ。

    R: その辺りを詳しく教えて下さい。

    A: はい。我々が大統領に会ったのは
       OSSウエアハウスです。
       そこにいたのはアイゼンハウアー大統領とニクソン氏、
       それからフーバー氏でした。
       我々は彼らに何があったのか訊かれ、
       我々は宇宙人に関する事、極秘プロジェクトの事などを
       話しました。彼らは驚いたようでした。
       彼らの不安げな顔をみたのはこれが初めてです。

    R: 当時のアイゼンハウアー大統領はUFOや宇宙人が在すると
       考えていたと私は考えますが、どの点に驚いたんでしょうかね?

    A: ブラックプログラムの事に驚いたんでしょう。
       アイゼンハウアー大統領はこの件を極秘にするよう命じましたから。

    R: 当時のあなたの名前は以前使っていた名前とは違っていたと。

    A: ええ。CIAで使っていた名前とは異なるものでした。

    R: 今はどうなんですか?公式の名簿に記録されているはずで、
       一定以上の期間が経ち時効になったとはいえ、
       こういった情報は今でも機密情報であるはずですが。

    A: 情報の機密を要求される期間は50年です。

    R: でもこの情報については、あなたは50年以上経った今でも
       案じていらっしゃいますね。

    A: リンダ(苗字は不明)の通話は盗聴されていたが、
       私の電話番号も電話会社を通じて彼らは知っていた。
       だから電話で話した情報は把握できていたはずで、
       私を見つけるのは容易だったはずです。

    R: 見つかって何をされたんですか?

    A: スーパーに買い物に行く途中、黒塗りのリンカーンが
       私のそばで止まり、中から黒のスーツに身を包んだ
       2人の男がでてきました。
       そして出版しないほうが身のためだ、
       リンダとは話すなと私に言いました。
       私は当時は命令に従い、情報の口外を止める事にしました。

    R: そういう状況に出会えば、命令に従わざるをえませんよね。

    A: ええ。公に知られるなんて問題外、ずっと無名のほうがいい。

    R: 全くです。

    A: ええ。匿名で話すほうがいい。これはいいアイデアだった。
       肩の荷も降ろせたし。

    R: そうですか。

    A: 今までずっと、監視の目を恐れて生きてきましたから。






    エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実 (ヒストリカル・スタディーズ)エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実 (ヒストリカル・スタディーズ)
    (2012/04/05)
    アニー・ジェイコブセン

    商品詳細を見る

    聖なる変革者の目覚め

    2013/06/21 14:11 ジャンル: Category:ヒーリング
    TB(0) | CM(0) Edit




    lightworkermike
    カウンシル12
    セラシア 2013-6-3






    聖なる変革者の目覚め






    自分で人生の舵を握っていると知る時は、

    すべてが変わります。


    自分に責任があると知ることが

    根本的なシフトになります。



    本当に大きなシフトは、
    知っていることに基づいて
    行動出来るようになる時にやって来ます。

    その様な力によって、自立し、
    内面的な資質に結びつけるようになります。

    継続する中で聖なるタイミングで起こります。

    世界中の聖なる変革者が目覚めて、
    スピリチュアルな変容の道に踏み出しつつあります。

    その人たちは世界をもっと愛のある場所へと
    変えようと生き生きと手助けをしています。

    それが、すべての生命を尊重する
    高い波動のあり方へと引き上げることになります。

    聖なる変革者の役割は

    必要な変化が起きるのを手助けすること、

    変化の最前線にいて、

    真心、愛の心でいて、
    何事も意識的になり、
    申し分ない、

    他の人にとってそういう手本になることです。

    聖なる変革者とはどういう人ですか?

    あなたももちろんその一人です。

    まだ自分をそう呼ぶことはありませんが、
    聖なる変革者としてのエネルギーの特徴を持っています。

    この人生ではその特徴を備えて生まれています。

    DNAレベルでこのパワフルで善意あるエネルギーが
    配線されており、それを生かして
    あなたの目的を果たすようになっています。

    その時がいつになるか特定の時刻表はありませんが、
    あなたはそうなると信じてください。

    事実、そのエネルギー自体は時間をかけて、
    非常に強く、
    絶えず聞こえてくる、
    無視できないほどの大声が
    あなたの中で上がるでしょう。

    既にそういう経験があるとしたら、
    深い所で感じて知っています。

    その感覚には、次のようなものがあります。

    (1)自分の人生や世界の現状に対して
    不満の感覚が大きくなる

    (2)もっと良くなりたいという絶え間ない欲求 

    (3)地球の崩壊に対して如何ともし難い悲しみを感じる 

    (4)愛のある世界を考えた時に言い表しがたい喜びを感じる 

    (5)際限のない幸福感を感じ、時として思いやり深く、
    優しい人に出会うと目頭が熱くなる 

    (6)危機的状況にある人や動物たちを救いたいという
    飽くなき欲求がある

    このような感覚を自覚するようになると、
    あなたのハイヤーセルフはそれを合図として受け取り、
    あなたが感じることを
    実行できるような手段に繋げてくれます。

    ハイヤーセルフに注意を向け
    その後押しを受けて行動すると、

    それまで閉じていたドアが開きます。

    なぜそういう入り口がそれまで分からなかったのか
    不思議に思うこともあるでしょう。

    でも心配はいりません。
    すべては聖なるタイミングと配財で起こります。

    なので、あなたが明らかにまだ寝ている場合には、
    自分を責めて貴重な時間を無駄にしないでください。

    前に進みながら、考えすぎを減らし、
    ハートが教えることにもっと繋がってください。

    ハートを信じ、ハートが何に関心を向けたらよいか、
    何が大きな視点で重要なのかを教えてくれます。

    そのことを信じてください。

    あなたが今後関わる物事は、
    時間がないとか、
    自分が正しいという確信がないとかの
    ありきたりな考え方で対応できるものではありません。

    あなたは多次元的な見方をするようになります。

    聖なる変革者としてのあなた
    他の人に変わってると見られるとか、
    他の人は触れない、立ち入らないような考えを
    はっきり持つ時、

    それは多次元的な見方・考え方です。

    一つ例を上げましょう。

    あなたは、自分の神聖さに目覚める事も含め、
    聖なる変革者としての役割に気づくようになります。

    宗教的なことではありません。

    それは、DNAレベルから真の意識に至るまで
    あなたは神聖である、という意味です。

    その時、芯から神聖なのです。
    隣の人より自分のほうが神聖だとは言わないでしょう。

    すべての存在、すべての生命には
    神聖さがあることを知るのです。

    そのことを知ると、自分自身の神聖な火花に気づけるよう
    他の人を手助けします。

    身を持ってそうするのです。
    そのことがどれだけパワフルか、軽く考えないでください!

    同時に、宗教に入った多くの人たちは、
    ある特定の最高の存在だけが神聖足りえると信じている、
    そのことを理解してください。

    常識とは違う考え方の2つ目は、
    あなたに意識的な創造者になろうという意識があることです。

    このメッセージをここまで読むからには、
    自分がそうであると信じているから読んでいるのです。

    しかし、今後こういう考え方をしない人に
    たくさん会うでしょう。
    おそらく、一つのレベルで自分の運命が左右されると
    考える人もいるでしょうし、
    それだけでなく、ほとんど運命や運が決まっているとか、
    他の存在の意志次第だと考える人もいるでしょう。

    本当は、 “運” というようなものはないということを
    知っていましたか? 

    もちろん、過去に善行を積んでいれば
    幸運を手にできたでしょう。

    エネルギーはエネルギーです、
    幾つもの人生を通じて嘘はつきません。
    しかし、幸運は、古い知識が教えるように、
    サイコロによって転がり込むわけではありません。

    スピリチュアルな観点では、

    終わりのないシンクロニシティと
    聖なる配財が働いているのです!

    覚えておいてください。

    重要なことは、現在の状況は過去のエネルギーを
    今刈り取るところから生まれるのです。

    未来には新たな行動と
    もっと光にあふれた新たな意識が映しだされ、

    表れます。

    それは今から出来ます。

    目覚めることと目覚めていること

    もう既にあなたは目覚めていると考えてください。

    目覚める仕事は終わり、後は人の役に立つだけです。

    目覚めるというのは時間のかかるプロセスです。
    ゴールラインはありません。

    悟りを開いたマスターたちでさえ進化し続けています。

    次の段階に進化する都度、
    あなたはあたながいることだけで
    無数の他の存在を手助けします。

    目覚める過程には、どんな状況にいても、
    また、あなたのように目覚めていない人と一緒にいても
    起き上がり目を開けていなければなりません。

    そうするには素晴らしい力と根気が必要です。

    聖なる変革者としてのあなたの役割は、
    自分の持って生まれたものをどんどん生かして
    器を大きくするようになることです。

    そうする時は、
    自分がそうするように生まれ付いていることを忘れずに、
    自分に対して辛抱強くなってください。

    簡単なことではありませんが、
    あなたはそれは計り知れないほど
    価値があることは直感的に知っています。

    Copyright 2013 by Selacia, Channel for The Council of 12 * All Rights Reserved * www.Selacia.com







    エレン・グリーン・ヒックスインタビュー

    2013/06/12 22:40 ジャンル: Category:心理
    TB(0) | CM(0) Edit



    2013年5月29日
    このインタビューは2013年5月に
    スーパーソルジャーサミットで行われた。

    エリングリーンヒックス
    別名エリンロスチャイルドは、
    50%がレプティリアンのハイブリッドだという。
    イルミナティマインドコントロールと悪魔の儀式を通して
    拷問と虐待を受けながらロスチャイルドとして育ち、
    10歳で父親によりMKウルトラに置かれた。

    タイムトラベルと彼女の経験の視点からの話
    http:// projectcamelot.org




    Jessica0701















    食物も水も飲まずに生きている人々

    2013/06/10 01:28 ジャンル: Category:スピリチュアル
    TB(0) | CM(0) Edit

    http://x51.org/x/05/01/1506.php




    それは人類にとって未来永劫不変の活動である。

    おそらく多くの人々はそれを疑いさえしないだろう。

    しかし、世界には既に、

    食事を絶ってなお快活に生きている人々が

    少なからず存在しているのである。

    あなたが毎日口に運ぶそれは、

    果たして本当に必要なものなのだろうか?





    何も食べず、何も飲まない人々 - 人は不食で生きられるか

    【Pravda】食 - それは睡眠と共に、
    人間を含む多くの動物にとって
    生命活動の根幹を成す活動のひとつである。
    それは言わば人類不変の営みであり、
    それなくして生命活動を行うことは
    不可能だとさえ言えるだろう。
    しかし近年、世界中で決して少なくない人々が
    一切食事を取らず - そして水さえ飲まずに -
    何の支障もなく生活しているという。
    そしてそうした人々は、自らのことをして
    「独立栄養生物」だというのである。
    独立栄養生物とは、例えば光合成を行う多くの植物のように、
    自分自身で栄養を生産し、
    それを自らの生命の糧とすることが出来るものを指す。
    しかし、本来生態系において最も強欲な消費者
    - 「従属栄養生物」である人間に、
    本当にそんなことが可能なのだろうか。

    ロシアの動物保護団体会長の
    イリナ・ノヴォジロヴァ氏はここ数年に渡り、
    不食を実行している人物である。
    彼女は不食について次のように語っている。
    「不食というコンセプト自体は、遠い昔から存在しています。
    例えばロシアの哲学者でエコロジストのベルナツキーは、
    かなり早い段階で人間の不食の可能性について考え、
    そして人間は本来宇宙から得られるエネルギーで
    生きる事が出来るものであると確信していました。
    実際、現在でも幾人かの人々は不食を実行し、
    何の問題もなく生活しています。」

    独立栄養生物、従属栄養生物

    「現在、地球に存在している生物は大別して
    二種類に分けることができます。
    それは独立栄養生物、そして従属栄養生物です。

    植物の多くは独立栄養生物ですが、
    それらは太陽や空気といった無機物から栄養を生産し、
    光合成というプロセスを経てエネルギーを得ることが出来ます。
    そしてもう一方、人間を含む動物の大半は
    従属栄養生物に属していますが、
    これは他の生物から栄養を摂取して生きているわけです。
    従って、現在不食を実行している人々は、
    人間というよりは植物に近い存在であるといえるわけです。
    現在、モスクワには不食を実行している団体がありますが、
    彼らは定期的に集まってそれぞれの活動を報告しあっています。
    私は時々彼らと話をする機会があるんですが、
    例えばモスクワに住むある女性の話では、

    幼児が7歳になるまで母乳を与えた結果、
    8歳になるまでには何の苦もなく
    独立栄養人間となることが出来たそうです。
    その母親はもちろん、食べることも飲むこともしません。
    しかし、母乳はちゃんと出るんですね。

    不食はまず、動物性のものを摂取することを止めて
    菜食主義者になることからはじまり、
    そして段階を経ながらやがては菜食すらも止める
    という形で行われます。
    そしてそれと同時に飲むことも止めていくわけです。
    しかし不食を実行している人々が、
    それによって悪影響を受けることはありません。

    彼らはむしろ精力的で、明るい人間になります。
    しかしここで注意しておきたいのは、
    不食を実行しようとして、ある日突然全ての飲食を
    止めることは不可能であるということです。
    それは決して焦らず、一時的な飢餓状態を繰り返しながら
    時間をかけて行うべきです。
    さもなけらば、最悪の場合、
    飢餓や浪費によって死ぬことになるでしょう。」

    断食、絶食、不食

    近年、65年間に渡って水も食料も摂取せずに
    生活している男として世界中に紹介された

    no_food1.jpg
    http://x51.org/x/05/01/1506.php

    プララド・ジャニ氏は、最も有名な不食実践者の一人である。

    氏は6歳の時に水と食料を絶ち、現在に至るまで
    不食を実践し続けている。
    一昨年には科学者らによって調査が行われたが、
    そこで彼は不食が嘘でないことを証明し、
    科学者らの度肝を抜いた。
    調査でジャニ氏は数日間に渡って完全な
    監視体制が敷かれた部屋に入り、水や食料を摂取せず、
    更には排尿、排泄さえも行わずにそこで暮らしたという。

    そして数日を経て尚、
    ジャニ氏の身体は至って健康のままだったのである。

    また調査でジャニ氏の体内では尿が生成されていることが
    明らかになったが、それは排尿されず、
    膀胱に吸収されていることが明らかになったという。

    そしてジャニ氏は実験を終え、まず空気から水を得ていること、
    そして口蓋に孔があり、そこから流れ出すエネルギーを
    摂取していることなどを語っている。


    no_food2.jpg
    http://x51.org/x/05/01/1506.php

    「太陽を食べる男」として有名なヒラ・ラタン・マネク氏 。
    氏の断食はNASAの科学者にも調査されているという。)


    そしてロシアで最も有名な不食実践者は
    クラスノダルに暮らすジナイダ・バラノワ(68)である。
    彼女の場合は、まず最初に肉をやめ、
    そして野菜を止めるといったように、
    非常に長い時間をかけて徐々に不食を実行し、
    現在では完全に不食状態に入ってから
    既に4年半が経過しているという。


    またバウマン研究所の科学者らが彼女を調査した結果、
    彼女の身体は年齢にして20歳程度の若さを
    保持していたことが明らかになっている。
    同研究所のスピリドノフ博士によれば、
    彼女の身体は至って健康であり、胃を除く
    全ての器官が正常に機能していることを確認したと話している。
    そして博士の結論どおり、彼女は現在、
    病気もなく至って健康であり、非常に快活であるという。
    しかしまた、彼女は不食についてその厳しさを
    次のように語っている。

    「不食という新しいライフスタイルに慣れるまでは
    本当に苦しみました。
    痙攣や極度の疲労、喉の渇きに襲われ、
    時にはこのまま死ぬのではないかとさえ思いました。
    しかしそういう状態を1ヶ月半経て、
    ようやく健康状態が回復してきたんです。」



    現在ではまだ数少ないが、
    何も食べず、何も飲まずに生きている人間は既に、
    実際に存在していることが確認されているのである。

    あたかも人間の存在を根本から覆す彼らの身体には、
    一体いかなるシステムが機能しているのだろうか。
    一説には、こうした不食の実践が人間を根本から、
    新たな自給自足型の人間に作り変えるのではないかという
    推測も行われているが、その原因は未だ定かではない。
    近年の栄養学によれば、人体に必須とされるB12ビタミンは
    動物性食物の中にのみ存在していることが確認されている。
    従って、菜食主義は人間にとって本来は
    不適切な状態であると言えるはずなのである。
    しかしまた最近行われた報告によれば、
    そうした事実にも関わらず、
    菜食主義を実践している人々の身体から
    十分なB12ビタミンが存在していることが発見されている。
    この結果は研究者らを悩ませたが、更なる研究の結果、
    それらのビタミンは腸内のマイクロフローラ(常在細菌群)の
    活動によって合成されていることが
    明らかになりつつあるという。
    また更に別の研究では、人間の腸は、
    アミノ酸を合成する微生物を作り出すことが
    可能であるという新たな事実も報告されている。


    *****************************


    新科学と健康と雑学

    ジナイダ・バラノワ
     
    彼女が食事をしなくなったことには、悲しい過去があった。
    12年前、最愛の息子ウラジミールさんを交通事故で失った。
    彼女が40歳の時にできた待望の子供だっただけに、
    悲しみは計り知れないほど大きなものだった。
    その1年前には夫、2年前に両親を相次いで亡くしており、
    周囲は彼女の体を心配したが、
    食事を摂ることさえままならないほどの状態が続いた。
    食べたい気がまったく起こらず、
    草を煎じた汁を1杯飲むだけという日が続いた。
    栄養が足りない日々が続き、体に変化が起こった。
    体力が低下し、口が乾き、
    さらには皮膚がむけるような感覚さえしたという。

    しかし、食べたい気は起こらず汁さえ飲めなくなり、
    2000年からは飲食を全くしなくなった。
    だが、そんな彼女の体内にはある異変が起こっていた。
    あんなに辛かった症状が和らぎ、気分が良くなって来た。
    信じられないことに食事を摂らなくても健康でいられる体を
    手に入れたのだ。
    同時に息子の死という悲しみも受け入れられたという。
     地元のテレビ局が話を聞きつけ取材をし、
    ロシア中に名を知られるようになった。
    2003年、モスクワ民族友好大学の医学部のチームが1ヶ月間
    バラノワさんに密着し、本格的な調査を行った。
    体内組織の機能の検査が行われ、
    彼女からは病気といえる症状や異常は
    一切見つからなかったどころか、
    細胞レベルでの体内器官の状態が
    30歳の女性と同じだったというのだ。



    岩戸の中に閉じ込められていたのは実は私たちだった!

    2013/06/05 02:03 ジャンル: Category:ひふみ祝詞
    TB(0) | CM(0) Edit

    ここが岩戸の中だった・・・

    とても、今的に意識が拡大されずにはおれない
    言葉に出合ってしまったような気がする。

    一言でアセンションさせる。

    まつり、みまつり、アセンション

    DMTより強力な、意識に働くことばの絶対の力を実感した。

    出産と同じように、自身を手放す以外にない
    意識を超えた絶対の力の働く時を
    誕生する側から体験していたような・・・


    ことばは、当に意識だった。


    岩戸の中に閉じ込められていたのは実は私たちだった

    実際、この言葉に出合ってから、
    3日間程、フラフラして、未だ嘗て無い具合の悪さに
    もうじき死ぬに違いないとか考えるほどだった。

    日本を駄目にした爺達・・・これはいけない言葉だった。

    近所中を敵に回し、常会の役員会議で・・・しぼられた。

    ブログにも何度か書いたので、

    クロカモどころかヤタガラスまでおこらせてしまったらしい。

    酷い言葉を使った後で、火水伝え文に出合った。

    口心行を慎めとあった

    口も悪いし、煙草も止められない
    考えることもろくでもない、
    と自分を振り返りだすと

    そのあと、

    3日間

    癌の末期か
    (病院へは行かないので検査した訳じゃない)
    ・・・もう死ぬのか、

    子供達には苦労をかけただけで、
    何一ついい思いをさせてあげられなかった・・・とか
    そんな思いで・・・落ち込んで行き、
    目はくぼみ、ズボンはゆるゆるになり、
    もう駄目だ・・・とあきらめた。

    祈っても罰が当たるだけだし・・・
    どうせ死ぬんだし、


    壁に張り付けた
    方位相階層結界にむかって、
    私は、祈りを決心に変えた。

    今日一日をいい日にします!


    山に竹を採りに行って、
    車のサイドガラスを割っちゃったけど
    今日の夕方になると、
    とっても元気な私でした。

    当に宇宙丸ごとグレンとひっくり返るの言葉の意味を
    肉体を持って示された所です。

    以下はアマゾンから拝借したものですが、


    これは、強力なアセンション起爆剤となる言葉ですね。
    促されて、アセンションが大きく進んだような気がします。

    火水伝え文


    ◎ 私たちの地球を含むこの宇宙(銀河系)は、
    元つ神の子宮になっていた
    ◎ 元つ神がすべてを産んだ
    ◎ 元つ神から産まれた中つ神が宇宙のすべてを仕切ってきた
    ◎ 世界中の神様はぜんぶ中つ神
    ◎ 中つ神は元つ神から産まれたことを
    まったく知らずに活動してきた
    ◎ 岩戸の中に閉じ込められていたのは実は私たちだった
    ◎ 岩戸で子宮を閉じることで内部を保護し流産を防いでいた
    ◎ 人類も中つ神も岩戸の内部だけが
    宇宙だと思い込んでしまった
    ◎ 岩戸開きで私たちは中つ神と共に宇宙ごと生まれ変わる
    ◎ 元つ神は国常立大神(艮の金神)である
    ◎ 元つ神は大豊雲大神(坤の金神)である
    ◎ 元つ神の子である私たちはこうして神に帰る




    ◎ 龍なる元つ神国常立尊(艮の金神)
    ◎ 鳳凰なる元つ神大豊雲尊(坤の金神)
    この隠れたる二神現れ出で

    そこに生まるるはスサナルノオオカミ
    それはまさに主の座(神)なるあなた!
    そう、あなた自身が
    《ミロクの世の神/キリスト》
    になることだったのです!

    ◎ あなたはこの宇宙大出産で
    《スサナルノオオカミ/日月地の神》に生まれ変わる!
    これこそが岩戸開きアセンションの
    これまで明かされざる「超真相」だった!!
    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    白山/大地
    東京生まれ。
    古神道、古代史、チャネリング、神示、占術の研究を通して、
    独自のアプローチで地球の歴史を探求している。
    日本各地におけるフィールドワークをベースにした
    生命科学の視点から、環境、農業、医療に関する執筆も多い

    モンサントに抗議の世界同時行動

    2013/06/03 12:28 ジャンル: Category:世界同時行動
    TB(0) | CM(0) Edit


    5月25日(土)、
    世界同時行動
    「March Against Monsanto」

    この日は、52カ国436都市で
    モンサントに対する抗議行動が行われ、
    200万人以上の人が参加したと報道されています。



     5月25日(土)、
    世界同時行動「March Against Monsanto」に呼応し、
    日本でも、東京・東銀座の日本モンサント社前で、
    同社への抗議行動を行い、
    約200人の参加者がフライパンなどを打ち鳴らしながら
    声を上げました。

    http://www.uplink.co.jp/monsanto/



    公開日: 2012/07/30


    YES0TRUE 5 か月前・You Tubeコメントより
    モンサントと住友化学は提携していて、
    その会長が!経団連のTP­P推進「米倉弘昌」ですよ。


    *

    私の住む地域では、テレビと政府と決まりだけを
    頼りに生きている人がほとんどで、
    全く何処から説明したらいいのか・・・

    まずは、除草剤が分りやすいでしょうか?
    お隣さんに知らせましょう。
    自分の住む地域を守りましょう。

    除草剤が撒かれる度、地域猫達の皮膚がただれます。

    踊り子草やれんげ草等の花の蜜を少女たちは
    「これ甘いんだよ!」と言って吸っています。

    子供たちが花の蜜を吸っていた・・と常会に抗議すると、
    「なんでそんなことするだ?・・・」とまるで
    子供が悪いように言い、子供を躾けしなければならないと
    まるで方向違いの結論を出す始末、

    まあそれでも、コツコツと、ご近所の説得から始めるしか
    ないのでしょうね。






    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。