ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    8.29菅直人前首相記者会見(主催:日本外国特派員協会)

    2012/09/03 18:52 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(0) Edit



    神のご加護があったと思っています。




    3月11日夜8時には1号炉がメルトダウンを起こす、
    そして翌日には1号炉が水素爆発を起こす、
    そして14日には3号機が同じく水素爆発を起こす。
    つまり3/11からどんどん状況が悪くなって
    原子炉をコントロールできない状況が拡大しておりました。
    私はその状況の中で一体何所までこの事故が
    拡大するのか、何処まで拡大した所でこの事故を
    押しとどめる事ができるのか頭の中で
    ずーっと考えておりました。

    御存じのように福島第一サイトには
    6基の原発と使用済み燃料プールが7つあります。
    そして第一サイトから十数キロ離れた第2サイトには
    4基の原発と4つの使用済み燃料プールがあります。
    合わせると10基の原発と
    11の使用済み燃料プールが存在していた訳です。
    通常の化学プラントとかの火災事故であれば
    例えば石油とか天然ガスとかが
    全て燃えきれば日は沈下致します。

    しかし原発というのは、この場合も
    停止はしていた訳ですけども、
    しかし自己崩壊熱でずっと熱を出し続けますから、
    燃え尽きるということがありません。
    敢えて言えばプルトニウムが発生してますので
    その毒性が無くなるのは、
    半減期で言えば二万四千年ですから、
    まあ十万年くらいまてば、
    燃え尽きるというか安全な状況に戻るかもしれませんけども、
    少なくとも原発事故がコントロールされないで
    どんどん拡大した時にはその10基の原発と
    11の燃料プールから大量の放射性物質が、日本だけでなく
    世界中に撒き散らされる。

    その場合にどうなるのか、
    その後原子力安全委員長の近藤さんにも
    検討して貰いましたけれど彼の報告に置いても、
    そうなった場合には250キロ離れた東京を含む
    首都圏においても長期にわたって避難が必要になる。
    3千万人の人間に避難が必要となる。

    そうなった時に日本という国が国として存続できるのか、
    勿論そうなった場合今日のこのような会も
    開くことはできなかった訳です。


    3月15日の夜中に東電が撤退をしたいということが
    経産大臣に伝えられて経産大臣から私に話がありました。
    私はその話を聴いたその時から、撤退はあり得ない、
    その事をその瞬間に判断した。

    それはその前からたとえ命を落とすような危険性があっても、
    それを放置した時に日本がどうなるのか国がどうなるのか、
    世界に対して日本という国が責任を果たせるのか、
    と考えた時に、東電だけではありません、
    勿論政府を含めありとあらゆる立場の人が
    立ち向かわなければいけない、
    つまり見えない敵、
    放射能に大使立ち向かってそれを押さえ込まない限り
    この国は存続できないんだと
    そういう気持ちを強く持ってましたから、
    東電からの話、それが全員退避だとか、あるいは撤退だとか、
    言葉はいろいろありますけども
    いずれにしても立ち向かうしかないということを
    強く考えておりましたので、その事を清水社長に申し上げ、
    また東電本店に15日の朝5時ごろ私自身出掛けましたけれど、

    そこにいた勝俣会長ほか200人余りの東電幹部の前で
    危険性は十分わかっているけれども
    なんとしても立ち向かってくれ、
    勝俣会長、清水社長
    私を含めて60を超えてる世代の人は
    多少放射能に被ばくをしても、
    ある意味10年先20年先の
    癌の発生率が上がったからと言って、
    もうそういうことを気にする世代ではないだろう。

    まずそういう世代が先頭を切って現場に行く、
    そういう覚悟を示そうじゃないか、
    その事をその場で申し上げました。

    その後東電の現場の職員あるいは下請けの皆さん、
    そして自衛隊、消防、警察、私とある意味同じ気持ちで
    命がけでこの事故の終息にあたってくれました。

    その結果幸いにして、
    ある段階で原子炉に水を入れることができ、
    勿論今もたくさんの放射能が放出した結果
    16万人の福島県民が避難を余儀なくされておりますけども、
    東京を含むこの広い地域から
    3千万人が避難をしなければならない様な事態に
    立ちいる事にはならないで済んだ訳でありまして、
    そういう意味では命がけで立ちむかてくださった皆さんに、
    本当に心から敬意を表したいと思っています。

    原発事故がそれ以上の拡大をしなかったことは、
    今申し上げたように皆さんの努力に負うところが
    最も大きい訳ですが、やはり私は
    あまり信仰心のある方ではありませんけども、

    神のご加護があったと思っています。

    というのは、
    結果的には1号炉2号炉3号炉が
    メルトダウン、メルトスルーを起こしています。
    1号、3号、4号が水素爆発を起こしています。
    そして特に4号の使用済み燃料プールには
    使用中の非常に反応性の高い燃料が入っていて、
    もし4号のプールが崩壊していたら
    現場に近づけなくなって、最悪のシナリオになっております。

    もし格納容器が風船を爆発させるようにどんと
    爆発していたら、もう近づけませんでした。

    逆に格納容器が風船のような爆発ではなくて、
    圧力が高まった時何処かに穴が開いている、
    そういう状態であったから、一挙に大量の放射性物質が出て、
    近くにいる人が亡くなる、
    あるいは近づけなるという状況にならなかった。
    逆に穴が開くことによって、
    圧力が下がりそれで初めて
    水を入れる事ができるようになった。
    つまりがベントが成功したから水が入ったのか、
    実はベントが成功しなかったけれども、
    メルトダウン、メルトスルーによって穴があいて、
    圧力が下がり、水が入ったのか、
    後者の可能性が十分にある訳でありまして、
    そう言うことを考えますと、
    この段階で拡大がとまったのは、
    皆さんの努力によるところと、

    やはり、神のご加護があったというのが
    私の率直な思いであります。

    0:33:52

    私は3.11の事故が起こるまでは
    原発については安全性を確認しながら、
    それを活用して行くという立場で、
    総理としても活動してました。
    当時はベトナムやトルコの首脳にも

    日本の原発は一番安全だから、
    もし導入するなら日本の原発を購入して貰いたい
    というトップセールスもやっておりました。


    しかし、この3.11の事故を経験して

    考え方を180度変えました。

    飛行機事故で、一挙に人が死ぬこともあります。

    色々な事故で多くの人が無くなることもあります。

    しかし、一つの事故で国が滅びる、

    あるいはそれに近い状態になるような大きなリスクが生じる 

    それは私の知る限り原発事故以外にはありません。

    0:34:59



    1:06:30~ベン
    複数の証言者が出まして、一人、

    スラシャザレクという人間が
    9.11,3.11の原子爆弾を密輸したという人が
    警察に保護されているんですよ、

    ここに座ってる泉パウロという牧師さんのグループが
    自衛隊の人間で、3.11で使われた原子爆弾の
    セッティングに参加した人を保護している。

    こういう情報がどんどん出ている、だからですね是非今日、
    事故ではない説について、
    しってることを話して頂けたらありがたいと思います。


    菅元総理
    ナッシング!
    スポンサーサイト

    自衛隊だけが撮った0311-そこにある命を救いたい

    2012/07/06 08:07 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(0) Edit




    AirBornyoshiさんが 2012/03/14 に公開

    編集時間がない為CMカットしていません。

    削除の可能性 大
    しかし、多くの方に視聴していただければと思います
    【AirBornyoshiさん】

    是非大きな画面でご覧ください!


    *


    喉が壊れんばかりに逃げろと叫ぶ、
    自衛官達の想いが痛い。

    最初から、涙があふれてくる。

    想定外の事態に遭遇した日本の最後の砦
    それが自衛隊なのだと司令官は言う。

    18名の命を救いあげて尚も、
    有馬隊員は、やっと辿り着いた
    家屋の窓から、出て行った。

    助けられた人々が止めるのを、
    使命だからと振り切って、

    次から次へと人が流され、孤立する
    津波の海へと・・・。










    東電社員 「福島第一原発2号機に再臨界の可能性あり」とメールで告発

    2012/05/31 14:33 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(0) Edit



    現場からの人々を思いやる、国土を思いやる為の勇気ある声に
    応える為には根本的な原発村の解体が急務でしょう。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120530-00000000-sasahi-soci
    東電社員
    「福島第一原発2号機に再臨界の可能性あり」とメールで告発

    週刊朝日 5月30日(水)7時6分配信
     
    福島第一原発(フクイチ)を本当の意味で
    収束させるのに、東京電力の解体的な
    出直しが必要なことは言うまでもない。
    だが染み付いた体質を改めるには相当なハードルが待ち受けるだろう。
    週刊朝日は東電内部でひそかに交わされたメールを入手した。
    そこには、フクイチ2号機で懸念される
    「最悪の事態」の可能性がつづられていた。

     書いたのは、東電の技術系社員で、
    東電の同僚社員と原子力機関の要職を務めたこともある原子力専門家に長文のメールを
    送信していた。

     メールは、2号機の水位について
    こう書いている。

    〈60センチという水位は、格納容器や
    圧力抑制室に非常に甚大な損傷が生じていることを端的に示している〉

     あいまいな言葉遣いに終始する東電本社の会見とは裏腹に、断定調だ。また、

    〈再臨界で新しい熱源ができていることも、決して無理な想定ではない〉

     などと書かれている。
    冷却がうまくいっていない。
    燃料の一部がたまった水の上にあるなど、
    想定できる条件はいくつもある。
    メールは、あらゆる可能性に触れた後、
    こんな衝撃の言葉が並んでいる。

    〈格納容器の内部がわからない現状を
    踏まえると、再臨界が絶対にないと
    言い切ることはできない〉

     と、再臨界の可能性が否定できないと
    いうのだ。あらためて指摘しておくが、
    このメールを書いているのは、
    東電の技術系社員だ。
    しかし現在まで、そうした危険性について
    東電が警告を発した形跡はない。

    ※週刊朝日 2012年6月8日号


    2号機のクリプトン85の上昇と東電技術系社員のメール
    http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1314.html

    福島原発の作業員800人死去の情報を東北大学医学部付属病院が緘口令
    を敷いて、外部に漏れなくしているのだが、惨状に堪えられない、医師や看護師らから、
    しだいに漏れ始めている。2012年5月1日↓
    http://blog.kuruten.jp/itagakieiken/205490





    これ以上現場から多くの犠牲者
    を出し続けてはいけない。

    金のためなのか、
    背後から脅かされているためなのか、
    原発村のどんな者の答弁も明らかにおかしい。
    論理のずらしかた、ぼかし方、最終的には
    個人的理由で逃げるパターンは、核心を避けるためだ。
    あんまりみんな右へならえだから、かえって核心の在りどころが見えてくる
    焦点の定まらない原発経済ロボットは腫れものには触れないようにマインドコントロールを受けている。

    原発の存在理由は、核廃棄物の生産だという定義を当て嵌めてみると、推進派の顔触れから論調まで悉く辻褄が合う。


    宇宙人
    預言
    戦争
    果てしないロマン
    これが曲者だ。



    鬼塚英昭著
    『黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア』
    原発利権の黒幕が実名で名指しされている。鬼塚氏は我々のために命懸けで書いてくれている。
    少し長くなるが原発利権の重要な箇所を抜粋していく。
    この情報を拡散することは鬼塚氏の身の安全につながると信じる。
    ロスチャイルドとロックフェラーの利権の関係も見えて来る。
    インターネットを席巻している『世界皇帝』デーヴィッド・ロックフェラー叩きはヤラセであることが分る。

    http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/224.html




    先月4月22日、山口県岩国市の三井化学岩国大竹工場の酸化塔で発生した爆発事故

    82fc49b1907f6b8955c8ecddfdc14204.jpg


    写真追1:1回目の爆発

    ■原子力発電所の2次産業

    三井化学大竹工場は原子力発電所の使用済み燃料から発生する「核燃料廃棄物(アイソトープ)」を扱っているとのことです。ここで今一度、原子力発電所が実際に行っている業務を優先順位の高い順から箇条書きにしてみます(裏ビジネス含む)。

     1.プルトニウム生産 - 兵器用
     2.トリチウム生産 - 水素爆弾、中性子爆弾、核融合実験炉の材料
     3.アイソトープ生産 - 医療用、実験資料、蛍光塗料、LED照明、兵器用

    あれ?発電は?と思われた方も多いと思いますが、実際には、発電はこれらの工業生産過程の余剰熱を使って水蒸気タービンを回しているだけのことであり、原子力発電所の存在意義とはまさに、放射性物質の生産にあるとも言えます。その意味では「使用済み核燃料」とは、立派な工業生産物であると言えましょう。しかも、上記のリストから分るように、その多くが軍事目的(兵器生産)であり、一般には民生用と思われているアイソトープに関しても、その使用目的のほとんどが軍事用であることは、もはやこの業界での常識となっています。

    (新) 日本の黒い霧
    http://blog.goo.ne.jp/adoi




    天皇陛下の御言葉 (全文) 於:追悼式

    2012/03/12 11:49 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(2) Edit

    http://grnba.com/iiyama/i/okotoba311.htm

    天皇陛下の御言葉 (全文) 於:追悼式

    東日本大震災から1周年、
    ここに一同とともに、震災により失われた
    多くの人々に、深く哀悼の意を表します。

    1年前の今日、

    思いもかけない巨大地震と津波に襲われ、
    ほぼ2万に
    及ぶ死者・行方不明者が生じました。

    その中には、
    消防団員をはじめ、
    危険を顧みず、人々の救助や防災活動に従事して、

    命を落とした多くの人々が含まれていることを
    忘れることができません。

    さらに、この震災のため、

    原子力発電所の事故が発生したことにより、

    危険な区域に住む人々は、住み慣れた、
    そして生活の場としていた
    地域から離れざるを得なくなりました。

    再びそこに安全に住むためには、
    放射能の問題を克服しなければ
    ならないという困難な問題が起こっています。

    このたびの大震災にあたっては、
    国や地方公共団体の関係者や、
    多くのボランティアが被災地に足を踏み入れ、
    被災者のために、
    さまざまな支援活動を行ってきました。

    このような活動は、
    厳しい避難生活の中で、避難者の心を慰め、
    未来へ向かう気持ちを引き立ててきたことと思います。

    この機会に、被災者や被災地のために働いてきた人々、
    また、原発事故に対応するべく働いてきた人々の尽力を
    深くねぎらいたく思います。

    また、諸外国の救助隊をはじめ、
    多くの人々が、被災者のため、さまざま
    に心を尽くしてくれました。

    外国元首からのお見舞いの中にも、
    日本の被災者が厳しい状況の中で、
    互いに絆を大切にして、
    復興に向かって歩んでいく姿に印象づけられた
    と記されているものがあります。

    世界各地の人々から、
    大震災にあたって示された厚情に深く感謝しています。

    被災地の今後の復興の道のりには、
    多くの困難があることと予想されます。

    国民皆が被災者に心を寄せ、
    被災地の状況が改善されていくよう、
    たゆみなく努力を続けていくよう、期待しています。

    そして、この大震災の記憶を忘れることなく、
    子孫に伝え、防災に対する心がけをはぐくみ、
    安全な国土を目指して進んでいくことが大切と思います。

    今後、人々が安心して生活できる

    国土が築かれていくことを一同とともに願い、

    み霊への追悼の言葉といたします。


    http://grnba.com/iiyama/i/20120311tennou.htm

    震源地も規模も一週間前に予測できる!【地震解析ラボ】

    2011/11/24 11:21 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(0) Edit

    正確な予測は不可能と言われていた地震予知の世界。
    ただ「めちゃくちゃ当たる」と企業・官公庁でひそかに話題の

    地震予測システム「地震解析ラボ」を運営する
    「インフォメーションシステムズ」(東京都港区)
    地震計測システム」の仕組みは単純なことです。
    地震の前には必ず前兆現象が起こるから、
    これを捉えているだけです。我々が『前兆』として使っているのが電離層の乱れ。
    地震が発生する1ヵ月から数週間前に大気圏と面する電離層が何らかの原因で乱れ、
    大気圏との境界線の高度が低くなることが我々の研究でわかった。

    その境界線の高度を電波を使って計測、解析を加えることで、
    地震の起こる地点や時期、規模を予測しているんです」
    jisinn.jpg
    地震解析ラボでは現在、北海道から新潟、東京、静岡、
    四国など国内7ヵ所に受信局(観測点)を設置。

    米国のハワイ州、ワシントン州、オーストラリアといった海外も含めて
    国内外6ヵ所から送信される電波を受信し、電離層の状態を監視しているという。
     日々特製のモニターを凝視しながら、地震の「前兆発見」に勤しむメンバーは5人。
    そんな少数のマンパワーでここまでの的中率を誇るのだから驚くばかりである。
     
    そもそも早川教授が電離層の乱れから地震を予測する研究を始めたのは、
    ロシアでの経験がきっかけだった。
    「'93年にモスクワで衛星を使った電離層の解析の研究に触れ、
    どうやら地震と関連しているようだと感じた。

    その2年後に阪神淡路大震災が起こり、その時に地震と電離層の乱れの相関関係を確信しました。

    つまり、あの大震災の時も、電離層の乱れが起きていたんです。
     
    そして'96年から宇宙開発事業団
    (現・宇宙航空研究開発機構)の『地震総合フロンティア計画』で5年間研究開発の予算をいただき、
    日本各地に観測基地を設置した。
    それらの蓄積データが現在の地震予測情報として実を結んでいる」(早川氏)

    地震解析ラボでも政府への働きかけは行っているが、採用には至っていない。
    ラボの運営は契約者からの料金で賄っている。予算がついて、人手が増えれば、
    より広範囲の予測が実現できるという。
    「5人しか人手がいないので、ラボでは沿岸から50km以内の海域までしかウォッチできていない。
    実は東日本大震災の前、3月5日から6日にかけて、ワシントン州から送信されている電波が、
    明確な電離層の乱れを示していた。ただこれは50km圏外の海洋上空だったので、
    当時はきちんと確認できていなかった。
     
    もっと人手がいれば、東日本大震災も1週間前に予測して情報を提供できていたはず。
    それが残念でならない」(早川氏)
     
    地震解析ラボでは現在、さらなる精度向上を目指し、全国にアンテナを増設中。
    さらに解析にあたる人員を増やし、より詳細なデータ収集を進め、〝的中率〟を上げようとしている。

    「このままいけば関東の直下型地震の予測はもちろん、東京直下、千葉直下と
    『地域』までピンポイントで指摘して予測できるようになる。もちろん1週間前に、です。

    また現在、伊豆諸島に設置予定のアンテナが完成すれば、
    発生が憂慮されている東海、東南海、南海の地震は完全に予測可能となる」(早川氏)

    気象庁が提供する「緊急地震速報」は、直前過ぎたり、ほとんど当たらないことで知られる。
    1週間前に地震が来ることがわかれば、対策を立てる時間もある。
    はるかに有効な地震予測システムになる可能性があるのだ。

    文部科学省によれば地震研究の総本山とされる東京大学地震研究所をはじめとする
    地震研究・防災機関には現在、年間100億円を超える予算が割かれているという。
     こうした潤沢な資金の恩恵を受けている「地震学者」たちが地震予知できず、
    同じ〝失敗〟を繰り返す。一方で一民間業者が地震予知で成果を上げているのはなぜなのか。
     地震解析ラボ特別顧問で、東大地震研究所に約30年所属した上田誠也東大名誉教授はこう言う。
    「日本の多くの学者たちは、地震が起こるメカニズムの研究をしているだけ。
    つまり『地震がなぜ起こるのか』を研究しているのであって、
    『地震予知に直接つながる研究』をしているわけではないから。

     地震予知に必要なのは地震が起こる前に発生する前兆現象の研究だが、
    それを地震学者はほとんどやってこなかったのです」
     早川教授はその前兆現象こそが、地震解析ラボが分析している電離層の乱れであり、
    地震前に高い確率で発生することがわかっている電磁現象なのだと言う。
     ではこれから一体、どんな地震が起きると予測しているのか。
    「我々は1年後、10年後といった長期の予測はやっていない。
    とにかく短期予知、数週間後から数日後に起きる地震を予測することが大切だと思っている」(早川氏)
    2011年09月05日(月) 週刊現代より抜粋

    あれほど難しいと言われていた地震予測が、
    1~2週間前にできる。
    大気に現れていた地震の予兆、
    やがては雲を見るだけで、予測できる人も
    あちこちに現れて来るだろう。
    地震雲は迷信では無かった。
    地質ばかりを見てきた地震学者では、
    人為的なものによる影響まで配慮が及ばないが、
    大気は現時点の地球の全ての状態を反映している。
    東大の地震研究所も、研究の為の研究ばかり続けていないで、
    素直に結果を出している民間に協力を仰ぐべきだ。
    最も東大は、自分を1%の側に数えている人間達に
    支配された組織だから、期待すべきでないかもしれない。
    いずれにしろ、あの震災以来
    民間企業の活躍には目を見張るものがある。
    これぞ日本の底地からというものである。




    ソーラーパネル付リュックが頼もしい!


    万が一に備えてください!非常持ち出し袋【防災セット防災グッズアルファ米ホイッスルロープ非...

    福島第1原発:報道陣に公開 免震重要棟で吉田所長に取材

    2011/11/13 01:01 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(0) Edit

      【毎日jp】より

    福島第1原発が、報道陣に公開された
     吉田所長は、「作業なお危険」だと。

    原発敷地内でずーっと
    現地を指揮してきた、吉田昌郎所長は
    「3月11日から1週間は、
    『もう死ぬだろう』と思うことが数度あった」
    と当時の危機的な状況を振り返った。
    原子炉は安定しているが、
    作業する面では(放射)線量も非常に高く危険な状態だという。

    吉田所長は冒頭、事故の被害者に対し

    発電所で事故を起こし、いろんなご迷惑、

    ご不便をおかけしたことを心よりお詫び申し上げたい。

    日本全国、世界から支援いただいたことが励みになっている。


    と言われたそうだ。



    3月12日の1号機の水素爆発時、吉田氏は免震重要棟の緊急時対策本部にいた。
    「まずボンという音を聞き、1号機が爆発しているみたいだという情報が入って来た」
    だけで原子炉の状況は分からず、14、15日には3、4号機でも爆発が発生。
    原子炉格納容器の損傷した2号機への注水も進まず「一寸先が見えない。
    最悪、メルトダウン(炉心溶融)もどんどん進んでコントロール不能になる、
    これで終わりかなと感じた」と当時の不安な心情を吐露した。

     その後も高濃度の汚染水漏れなどがあり、
    危機的な状況を脱したと感じたのは7、8月になってからだという。
    現状については「燃料が(圧力容器の)外に出ていたとしても、
    格納容器も含めて原子炉全体は冷却されている安定状態だと判断している」と語った。

    この日は細野豪志原発事故担当相も原発を視察。吉田所長とともに取材に応じ
    「着実に落ち着きを取り戻し、職場環境がよくなっている
    現場としても年内の冷温停止状態の達成に向かえるという話なので
    (ステップ2の)最終作業に入りたい」と語った。【笈田直樹】

    吉田所長 本当にありがとうございます。


    あの指差し作業員はどうしているだろう。

    今度は記者になって東電の会見に入りこんでいたが、
    全く面白い若者だ。

    ごくろうさまです。



    放射能汚染から命を守る最強の知恵―玄米、天然味噌、天然塩で長崎の爆心地でも生き残った70名





    東電社員のテロ予告で気づくテロ予防かな

    2011/09/21 18:14 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(0) Edit







    東電社員がテロ予告?原発を盾に恫喝発言連発



    原発を盾にした恫喝に等しい発言を、「東電社員」と名乗る人物がtwitterで連発していたことが発覚した。

    2011年4月21日の書き込みによれば、
    「最近ウチの会社バッシングする奴らの意見見てるとお前等日本出てけよって思う。外国なら安全だよ?銃社会だから撃たれても文句言えないけど」
    という。

    その他、以下のような書き込みもある。

    「ああそうそう、なんでウチの社員に給与出すんだなんて言ってる人たちがいるけど、ウチの社員結構現金な人多いから、給与カットした瞬間に仕事しなくなるよ。福島も柏崎も同時にメルトダウンするし関東も大停電して復旧しない。 それでもいい?ww」

    「ちなみに冗談のように聞こえるけど、働いてる社員がやる気なくして全員帰ったらメルトダウンだって普通になるし、首都大停電も普通に起きる。これは紛れもない事実。」

    「そして年収20%OFFの話を受けて作業能率が2割落ちたのも本当の事。マジで皆のやる気が落ちてたww」



    これらに続けて、
    「まあいいや。今日本で一番嫌われてる東電社員ですよ私はええ。いまさらばらしても何も怖くないね」
    と書いた。

    過去の書き込みを見ると、エネルギーの技術的な評価に関わるものが多い。また、mixiやHPを持っていて、twitterからリンクされていた。楽器を演奏する動画もあり、そこには本人らしき人物の姿も。

    また、既に削除されたHPのプロフィールには、本人に関する様々な情報が掲載されていた。その真偽は不明だが、生年月日、新潟出身、東京に本社があり勤務先は新潟、職務は発電所の防護管理者といったことが書かれている。

    政府は言論統制をしていると批判した書き込みもある。政府が言うことを聞かないなら、サブカルチャー好きの自衛隊員や東電の社員たちを蜂起させて、日本を壊滅させるという。

    「あと自衛隊とか最前線に立つ人の中でも特に重要な実働部隊となる若者の大半がサブカル趣味持ってるというのも事実。 結構オタ度高いらしいぞ?w」

    「ウチの社員のオタ率なめたら怪我するでぇ……運転員なんか3割はオタじゃないか?w」

    ニコニコ大百科に東電の悪口を書かれたことに対しては、
    「なにこれ吹いたwwwwwwwよく調べたねと言ってあげたいけど、これ見た運転員が発電所爆発させちゃったら責任とってくれるのかな?wwwww」
    と応じている。



    その他にも、東電社員であることを挙げて、各種の恫喝的な発言を繰り返してきた。

    当サイトでは、29日に東京電力に取材を申し込んだ。



    担当者によると、この件については把握していなかったそうだ。当該の人物の書き込み内容と掲載場所を尋ねられたので、詳細に説明した。同社では、これから確認を行い、本人の特定を急ぐとのこと。同社社員によるものと確定した場合には、しかるべき対応をするという。また、同社社員に成り済ました人物であった場合の処置も、検討する模様だ。

    多くの犠牲者を生み、未だその困難の中にある人々が各地に存在する。
    そのような状況下で、原発を盾にして人々や政府への挑発を繰り返すなどというのは、あまりにも心ない発言である。
    被災した人々、その支援に尽力してきた人々にとって、許しがたいものだろう。

    これまでも、東電社員と名乗る人々のネット上での発言が、物議を醸してきた。原発事故とその対応で激しい非難を受けてきた東電だが、それに追い討ちをかけるように、こうした騒動が相次いでいる。たとえ東電がどんなに真摯に対応をしたとしても、一部の人間がこのような行為に及ぶならば、全て台無しになってしまう。

    東電が今すぐ取り組むべきなのは、この問題について、迅速かつ徹底した真相解明を行うことだ。そして、どんな結果が出たとしても、それを公表し、適切な対応を取るべきだ。



    高橋



    問題なのは、現場で放射能を浴びながら、劣悪な環境で、作業に従事する人々のモチベーションだ。

    ここまでの惨状を招きながら、だれも責任を感じていない国、

    ここまでやって来て、一つでも原発のメリットがあったか、

    原発推進派は、自分の国は自分で守る!という人に多いようだが、

    原発とは結局、テロリスト(NWO等)の的に過ぎなかったのである。

    核爆弾より強力な防衛は、相手国に原子力発電所を造らせることだった。

    核の傘とはよく言ったものだ。


    大戦で奪われたのは、本音。

    東電が本音で真撃に対応していれば、
    政府が本音で真撃に対応していれば、
    佐藤知事や山下教授に振り回され、
    スピーディからの情報さえ握りつぶし、
    限界値さえも変え、沢山の人を被爆させることもなかっただろう

    彼らに憑いているものの正体にしっかりと目を据えて、
    根本的な国の立て直しを考えない限り、
    この国は、サブカルチャーオタクテロの脅威にも
    到底対処できないだろう。

    彼はトリックスターを演じているだけだ

    重要なのは、原発とは此処まで危険なものなのだ、
    という新たなる認識である。


    化女








    ふくいちライブカメラを指差した作業員の記録

    2011/09/12 19:09 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(0) Edit


    ふくいちライブカメラを指さししたのは私です。

    改めまして私がこのような行為を起こした経緯と、大変僭越ながらこの行為の個人的な意図を申し上げます。
    8月28日、休日であった私は勤務先、東京電力福島第一原子力発電所へ行き、 ふくいちライブカメラに対し指をさすという行為をいたしました。
    カメラの存在に関しては会社に面接を申し込む以前から知っており、 その位置などはインターネットや免震棟内の掲示物の情報で概ね把握しておりました。
    当日は線量計を持ちマスクと防護服を着用した上で、スマートフォンでライブカメラの配信を見ながら接近し、当該行為を起こしました。

    私が指さした対象は、カメラを設置した東京電力さん及び政府へであり、ライブ配信や後に動画をモニタで見る方々、またスマートフォンを通して見る自分自身へでもあります。

    ■東京電力さん、及び政府の方を指さした意図と要望

    東京電力さん及び政府の方々におかれましては、下請け会社への業務委託、全ての作業員の雇用状況の把握について現状の具体的な是正を望みます。
    既に多く報道されております通り、 原発で働く人の中にはアウトローな領域とされる方々により手配された、止むに止まれぬ事情の方々が少なからずおられ、
    不当あるいは厳しい雇用条件の元、それを元請けに偽装しながら働いておられるという問題があります。
    ハローワークに求人を出している会社でさえ、労働者の本当の契約先の実在を元請け会社が知らないということもあります。
    過度な多重下請けは低賃金や保険未加入、 あるいは契約書を書いてもらえないといった待遇の問題として現れることは報道されるとおりだと思います。

    加えまして瑣末ながら私の体験した事例を申し上げます。
    私は滞在先の旅館において、同室のメンバーの勤務時間が昼夜バラバラだったこともあり、 深夜勤務の予定があるにも関わらず日中なかなか寝付けない日が何日かありました。
    作業員は作業前に必ずその日の健康状態を規定の用紙に記入し提出します。 私は正直に4時間と書きましたが、目を離した隙に先輩に6時間と書き換えられました。
    健康管理のできない作業員がいては会社の体裁上まずいという判断の上でのことかと思います。
    また、現場で仕事をする時間が規定のもので あっても、新人の面倒や諸手続きを作業員が兼任し膨大な雑務に追われ1,2時間という少ない睡眠時間で仕事についたり車を運転するという事例もあります。
    下請け企業が仕事を得るために競争すること、また少々の無理をしてもアピールすることで 元請け会社は低コストで高効率の仕事が得られますが、
    その構造の性質上小さな無理や弊害は上に報告されません。
    随所でしわ寄せられるいくつかの弊害は非常時 においていつか重大な事故につながりかねないと危惧しています。

    仮にこうした問題を会見で指摘されても東京電力さんとしては「調査します。」あるいは「そういうことのないよう協力会社にはお願いします。」としか言いようがないかもしれません。
    そしてたいした報告は上がってこないでしょう。
    多重に業務を委託した分だけ、都合の悪い部分を隠した報告が上がるのです。
    こうした状況は正直に報告しない下請けばかりが悪いのではありません。
    私は作業員個人や一協力会社に責任を問えば無くなる話だとは思えません。
    締め付けを厳しくしても、安全対策にはつながりません。これは 私たちがJR福知山線の脱線事故から学ばなければならないことです。
    弱い立場に対しては、仕事のための無理を隠さねばならない厳しさから解放すべきです。
    多くの人のためにこの大事故を収束させねばならないという使命感だけでも大変ですから、下請けへ会社の社員には低待遇や雇用不安をプレッシャーとして課してはならない思います。

    私はこの問題は雇用のシステム全体の問題として包括的に解決にあたるべきと考えております。
    全員まとめて東京電力さんで雇いあげて欲しいところですが、どうしても無理だというなら、
    せめて全作業員の契約状況を書面で完全に把握してはいかがでしょうか(私は契約書は交わしていませんでした)。
    そこに適正な賃金と保険が保障されているか。
    そしてゆとりある待機人員の確保がなされているか作業シフトと人数と休日を把握してはいかがでしょうか。
    本来協力会社に業務を委託するのは自社でできない専門性の高い業務を任せるためであり、管理業務を投げて責任から逃れるためではなかろうかと存じます。
    事故は未だ予断は許さぬものの想定しうる最大限の危機を辛うじて免れている状態と理解しております。
    管理業務や労働者のケアの不徹底が招くヒューマンエラーを防ぐことはこうした事故現場においては大事だと思います。

    現場には全国から届けられた子供に書かせた寄せ書きの応援メッセージが、色紙や旗が、FAXやメールのコピーが、千羽鶴が、たくさん飾られています。
    そうしたたくさんの声が「残酷な自己犠牲を強いる声」になってしまわぬよう、是非とも考えて欲しいところです。
    また私の行為が誰にも咎められずに済んでしまった事実は例えば現状に不満を持つ者が現場に入り何か仕掛けたければいくらでも方法があることを示しています。
    この点ばかりはどれだけセキュリティを強化しても厳しく締め上げても同じでしょう。
    そうした不満など出ないまともな雇用環境を正す方がはるかに対策として妥当かと存じます。
    マスメディアの皆さんには、私個人的には原発の労働状況については引き続き取材、質問していただきたい点です。
    以上ご本人のブログより一部転載【http://pointatfuku1cam.nobody.jp/】


    神の目 2ch観察 ふくいちライブカメラ関連 実況スレ29より
    967  ◆AGkTn5GJOc (芋) 2011-09-08 13:47:10 TFHUsRhX0
    twitterでエンセン井上説が横行してますが…
    8/28にカメラに向かって指差しした者ですが、言いたいことをまとめたので興味ある方は見てくださいちょっと重いけど
    微妙にスレ違いすみません
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1996758.jpg削除されています

    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1996756.jpg削除されています

    http://pointatfuku1cam.nobody.jp/


    ご本人のブログには、福島原発作業員の食事やロッカー、子供たちからの応援の寄せ書き、千羽鶴等々の写真が掲載されております。是非彼の命がけの仕事をご確認ください。【化女】

    神社は警告していた・女川原発と福島第一原発の明暗を分けたもの

    2011/08/29 22:27 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(0) Edit

    同じ津波を受けながら、

    二つの原発の明暗を分けたもの


    20110820 原発建設 警告は無視された? 投稿者 PMG5

    福島原発と女川原発はどちらも同じ程度の津波に襲われたが、ふたつの原発の明暗を分けたのは何だったのか。東北電力は過去の津波を考慮して、女川原発敷地の高さを14.8mに決めた。一方福島第一原発(東電)はもともと高さが30mあった大地を20m削って海抜10mの高さに原発敷地をつくっていた。
    (東電がつくった記録映画あり)【ameba】

    過去に学んだ東北電力-女川原発

    貞観津波も隠ぺいされていた ?

    東京電力のおごり-福島第一原発


    毎日新聞 東北女川原発の3分の1だった東電福島第一原発の津波高

    希望・水と放射能汚染と波動性

    放射能汚染でおぞましい結晶に免疫力向上の波動を転写したら、
    見事に美しい結晶に変わった!
    青字部分をクリックして写真をご覧ください。

    世界中に響き渡った奇妙な音の正体は何か?

    2011/08/27 15:22 ジャンル: Category:震災
    TB(0) | CM(0) Edit

    キエフ・8/11

    リヴィウ・8/17



    世界中で聞いた奇妙な音の現象のマップ


    コロラド・地震の前8/22


    マックギル近くのトロピカーナ野球場

    米東部地震


    2011年8月24日ロシアレポート核爆発は、広大な米軍トンネルのネットワークをヒット




    とまあ、そういうことらしい。要するに、MJ12=NWOの地下基地が核攻撃を受けたのである。しかも2発。そのために、爆風が内部のトンネル中を吹き荒れ、一気にトンネル末端の空気穴から吹き出したのである。その時の音が、奇妙な音として全米ないし世界中に響きわたったのである。

    これがロシア、クレムリンの諜報機関が得た情報らしい。

    もしこれが事実だとしたら、NWOはご臨終であろう。内部は放射性物質だらけだからである。

    いったいだれがそんなことをしたのだろうか?

    これについては今の所何の情報もないが、これで「第三次世界大戦」時にだれも地下都市に逃げることが出来なくなったということだろう。

    ちょっと前にNASAの長官が「何かが起こる。それに備えろ」というメッセージを出したが、はたしてその何かとはこれのことだったのだろうか?

    いずれにせよ、この爆風は放射能の風なのだから、アメリカやカナダの人々もかなり被爆したのではないだろうか?

    今後を注意しておくことにしよう。

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。