ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    南極の大量避難と軍事移動

    2017/03/05 15:34 ジャンル: Category:巨人
    TB(0) | CM(0) Edit

    5~6メートルもある48人の巨人が南極の地下から脱出した模様

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52003514.html

    Godlikeproductions:
    今、南極からの大規模脱出が進行中です。
    南極で働いていた民間人や科学者が一人残らず南極から飛行機で脱出しています。
    同時に特殊部隊と米軍が南極で軍事行動を始めまています。
    米国防省に雇われた民間人がGodlikeproductionsに伝えた情報では、
    米軍部隊が何らかの軍事行動を始めるために南極に向かいました。
    また、謎の器具も南極に輸送されました。
    現在、米軍部隊は南極で働いていた人々を南極から全員避難させています。

    同時に、ロシア海軍が武装船と共に南極に向かっています。
    また、米軍は南極から全ての物を秘密裡に移動させる準備をしていました。

    世界中のリーダーたちに最後通告が命じられたのでしょうか。
    そのためにグローバル・エリートが南極に押し寄せているのでしょうか。
    しかしリーダーたちは最後通告に対応しなかったのでしょうか。




    UFOmania:

    以下は南極で働いていた匿名の内部告発者からの情報です。


    「私は米国防省の請負会社の関係者です。会社名は貴方も耳にしたことがあるかと思います。
    我々は高度な武器と電子装置を主に米陸軍と米海軍に販売しています。
    また我々は大量の兵器や機器を世界中に輸送するロジスティックスにも携わっています。
    今週の土曜日にビールを飲んでくつろいでいたところ、緊急救助を求める連絡が入りました。
    何が起きたのか詳細は分からずに現地に駆けつけたところ、
    面識のない軍の高官たち(大佐)がそこにいました。
    私は日々米軍関係者と共に仕事をやってきましたから、
    面識のない大佐が数人そこにいるということは非常に深刻なことが起きているのだろうと察しました。
    さらに、大佐の中にはパニック状態になっている方もいました。
    彼等は直ちに大量の兵器を地下に搬入するよう命令していました。
    同時に民間人は全員、急いで南極から飛行機で脱出しました。

    南極巨人

    By スティーブ・クイル

    南極からの大規模避難についての最新情報です。
    1ヵ月前に南極からアメリカに戻ってきた情報筋によると、米軍は南極の活動エリアから民間の請負業者を大量に避難させました。しかし、その後、南極に残っている人たちからの連絡はありません。
    南極は広大ですからアメリカだけが大量の人々を避難させることができるのです。南米の基地は軍隊が配備されています。他の国々の基地では南極条約に従って軍隊は配備していません。


    先週、様々な情報筋(グリーンベレーや米軍大将など)から耳にした情報によると、米軍は大量の戦闘用機器を2基のエレベーターで地下深くにある米軍指令室に搬入しました。
    どうやら、身長が18~20フィート(約5~6m)もある48人の巨人が地下から脱出し巨大な地下トンネルに向かっているようです。音波及びレーザー兵器を持った民間の特殊作戦部隊が出動し巨人を探し殺害しようとしています。

    今、南極で起きていることは、10年以上も前にドルシー地下基地(エイリアンの基地)で起きたことと全く同じです。
    私が入手した情報が真実かどうかを確認することはできませんが、どうやら南極の地下にいた巨人が逃亡したようです。
    また、135歳のナチス関係者が巨人の逃亡に関わっているようです。
    http://beforeitsnews.com/paranormal/2017/03/this-is-big-big-the-event-is-coming-

    本当に殺害しようとしているのか?
    それとも、いよいよトップドラコ地球脱出の時なのか?↓
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=105459

    「空に太陽が2つ見える12月に法王がローマから逃げるだろう」ノストラダムス

    太陽が二つ出現2015年6月7日(日)の早朝
    日本でもふたつの太陽


    実はニビルに乗って脱出?






    スポンサーサイト

    巨人動画流出

    2017/01/30 20:00 ジャンル: Category:巨人
    TB(0) | CM(0) Edit



    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/

    http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201701290000/

    昨年7月、貴重な動画がリリースされた。
    2002年に、ナント、洞窟以外での場所で、
    US海兵隊により、レッドヘアーの巨人が撮影されていた。







    ヘリと巨人


    兵士と巨人


    「アフガニスタンで4mの巨人を射殺した」米軍人の告発!

    2016/10/21 15:26 ジャンル: Category:巨人
    TB(0) | CM(0) Edit

    2002年、アフガニスタンの砂漠地帯カルダハール

    アフガン巨人


    「アフガニスタンで4mの巨人を射殺した」米軍人が告発!人喰い巨人との戦闘を赤裸々暴露



    ■身長4.5メートルの巨人

     Mr. Kと名乗る元アメリカ軍兵士は、2002年、アフガニスタンの砂漠地帯カルダハールで部隊とともに偵察任務についていた。大きな開口部の洞窟を発見したのは、小高い山の麓にさしかかったときだったという。洞窟の入り口付近には動物の骨らしきものが散乱していたため、部隊は洞窟内に肉食動物か敵兵士が潜んでいると判断。さらに洞窟の方へ近づくと、突如として“それ”が現れた。

    「それは12~15フィート(3.6~4.5m)ほどの身長でした」(K氏)
    「怪物です。肩にかかる長い髪は真っ赤でした」(K氏)


     あまりに非現実的な光景に部隊全員が呆気にとられ身動きが出来なかったそうだが、1人の隊員が巨人に発砲。それに応じてK氏や他の隊員も巨人に銃撃を開始した。しかし巨人は、弾丸を全身に浴びても進撃を止めず、最初に発砲した隊員を持っていた槍で貫いたそうだ。隊員らは目の前の光景に半狂乱になりながらも、とにかく「顔を打て」「顔を狙え」と死に物狂いで銃を乱射したという。何発もの弾丸が巨人の頭部をとらえたが、それでも巨人は倒れず、なんと完全に殺しきるまで30秒もかかったそうだ。

    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


    どうも、巨人の実写だけは公表されないようだが・・・どこまでが本当だろう。
    本当なら…そっとしておくべき存在だったのではないだろうか?
    それとも、国と国との戦争がしずらくなった軍産複合体の、
    新しいプロパガンダの布石だろうか?

    宇宙人地底人デーモンと今後も戦争を続け止むことなく、
    人類は他の種を侵犯して行くとでもいうのだろうか?


    南阿蘇村で土砂から運び出されたのは巨人か?!

    2016/04/28 14:26 ジャンル: Category:巨人
    TB(0) | CM(0) Edit






    遺体が大きなものに挟まれたままなのか?

    巨人だったのか、




    ・・・絶対に見せられない大きな何かを、
    遺体の収容に紛れて運び出していたのか、

    果たして、
    このちぐはぐな映像とニュースの意味は何だろう・・・。


    kyouryuu.jpg


    hayakawasan.jpg


    南阿蘇村で土砂から1人のレプティリアン発見!
    行方不明の爬虫類人か?


    こっちの方が、しっくりきます。

    この不思議なシートの大きさに言及しない報道人も
    シートを持ってる人も、自衛隊員さえ、その実態を
    知らないまま何かが、運ばれている。
    誰ひとり中を覗くことすらしないから、
    テレビの前でも、白昼堂々と
    シーっとで隠しながら・・・・
    闇から闇へと、何でも運べて秘密は守られる。

    かつて最も非道な輩が戦犯を逃れ褒美をもらった。
    人体実験のその果てに、
    彼等は何を創りだしたのか・・・?

    地下に隠されて来たものの
    実態を覆う幕に亀裂が入ったような、
    マスコミと金権魔と自衛隊が作り出す
    大変奇妙な映像でした。



    AGPtEK 容量8GB 小型ボイスレコーダー
    録音機 音楽再生機能付き ストラップ穴付け(ゴールデン)
    ★★★★★


    科学者らは巨人族の骸骨を隠滅した

    2015/03/23 14:33 ジャンル: Category:巨人
    TB(0) | CM(0) Edit





    科学者らは巨人族の骸骨を隠滅した

    スミソニアン博物館は、20世紀初頭に
    「科学的事実を隠蔽し人類進化の理論の無謬性を守る目的で」
    アメリカ大陸各地で見つかった巨人族の骨格標本数万点が
    廃棄された事実を語る文書を公開することになっている。

    米オルタナティブ・アーキオロジー・インスティテュート(AIAA)
    の求めに応じ、米最高裁が長期の審理を行い、ついに決定が下された。
    AIAAは早くから、スミソニアン博物館は1900年代、
    巨人族の存在に関する夥しい数の証拠を廃棄したのではないか、
    と疑っていた。
    歴史文書には一切記されておらず、
    しかし異教の祭儀や宗教文書に名残をとどめる巨人族の遺骸は、
    公式科学に承認された人類の誕生と発展を記述する
    歴史理論に疑義を挟ませないために、廃棄されたという。
    スミソニアン博物館は長期にわたり容疑を全面的に否認してきたが、
    のち、一部のスタッフが、巨人族の骨格標本の廃棄の証拠となる
    文書の存在を認めた。
    また、博物館から盗み出されて廃棄を免れた
    長さ1.3mの大腿骨なるものが裁判所に提出された。
    この大腿骨は、それを盗み出した博物館幹部の家に、
    長らく保 管されていた。
    その人物は公聴会で、その骨について、
    博物館で行われた秘密オペレーションについて、証言した。
    審理の中で、この大腿骨の提出の瞬間は、
    ひとつのハイライトであった。
    裁判所の決定によれば、
    博物館は2015年中に関連文書の秘密指定を解除し、
    公開しなければならない。
    国際, サイエンス
    続きを読む: http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/news/2015_03_01/283143102/





    スミソニアン博物館、巨人族の存在の証拠公開へ

    2014/12/24 13:50 ジャンル: Category:巨人
    TB(0) | CM(0) Edit

    Voice of Russa


    スミソニアン博物館は20世紀初頭、
    「人類進化理論を守るために」、
    米国各地で見つかった巨人族の
    骨格標本数万点を廃棄した疑いがある。

    そのことを示す書類が
    公開されることになった。


    femur.jpg
    法廷で提示された証拠に類似の代替考古学のための
    アメリカの協会が2011年にオハイオ州で明らかになった
    巨大な人間の大腿骨、
    - See more at:
    http://worldnewsdailyreport.com/smithsonian-admits-to-destruction
    -of-thousands-of-giant-human-skeletons-in-early-1900s/#sthash.8BS00KLJ.dpuf

    米最高裁が長い審理のすえ、決定を下した。
    古典文献や経典に語られる巨人族の痕跡は
    人類の誕生と発展に関する伝統的理論を守るためだけに
    無残に破棄された。
    事実と理論が齟齬をきたしたとき、彼らは考え直すこともなく、
    また単に隠すのでもなく、隠滅したのだ。
    スミソニアン博物館は長らく全面否定していたが、
    のち、一部職員が、証拠隠滅の証拠が存在することを認めた。
    加えて裁判所に1.3mもの長さの大腿骨が提出された。


    かつて博物館から盗み出され、ゆえに破棄を免れたものだ。
    この骨は長らく盗み手(救い手)たる同館元上級職員の手元に
    保管されていた。
    その元職員こそがこの骨の何たるかについて、
    また博物館で秘密裡におこなわれていた作業について、物語ったのだ。

    この骨が法廷に提出された瞬間は、いわば裁判の華であった。
    裁判所の決定で、スミソニアン博物館は、指定された書類を
    2015年のうちに公開し、公表する義務を帯びた。

    しかし特別委員会が公表の時期を微調整することは許された。
    それもそのはず、未知の巨人族がかつて存在したことを認めると、
    現代の歴史学は根幹を破壊され、ほぼ絶滅されてしまうのだから。
    worldnewsdailyreport.com
    続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_22/281578926/





    *

    ゼカリア・シッチン著
    ネフィリムとアヌンナキ
    ―人類(ホモ・サピエンス)を創成した宇宙人 (超知ライブラリー)
    公転周期3600年、
    太陽系未発見の第12番惑星Xに実在するエイリアン
    ―ネフィリムとアヌンナキは太古地球に植民し遺伝子工学を駆使して
    人工生命体アダパ(=アダム)をつくり出した。
    このホモ・サピエンスこそわれわれの始祖であり
    エイリアンの奴隷だったのだ―。
    古代シュメール文献の科学的分析から導き出された衝撃の新説。




    岩手一関の崩落現場の巨人の骨は加工されたものでした。

    2014/07/17 10:45 ジャンル: Category:巨人
    TB(0) | CM(0) Edit

    ピラミッドや前方後円墳を造ったのは巨人だった?


    大変失礼いたしました。
    以前上記ブログで紹介してしまった写真は、加工写真だったようです。
    はやしひろしさんの動画に巨人の骨などな~んにもないもとの写真が、
    紹介されていました。
    昨日見て、ここにも貼り付けようと思っていたのですが、
    忙しかったので、後で・・と思い一旦閉じて、
    今日履歴から必死で探しているのですが、未だみつかりません。
    はやしひろしさんの、確か1時間以上の動画の中だったと思います。
    ごめんなさ~い!

    こんなのがニュースで放映されて、騒がれない訳ないのに、
    のーてんきな私でした。
    誠に申し訳ございません。

    4bc83cc5_20140305114535251.jpg





    ・・・・・・・・でも、はやしひろしさんの動画は見つからず、
    こんな動画を見つけて張り付けてしまいましたが・・・・・・???




    なんだかな~・・・と思うほど、
    この記事に訪問される方が、減らないので、
    せっかくいらしゃったのに、このまんまじゃ
    なんだかな~・・・と思っていたところ、

    最近になって、かの井口博士もこの動画を取り上げ、
    記事にしておられましたので、是非ご覧ください。

    2015年 05月 17日
    「2008年6月14日岩手・宮城内陸地震震度6強」発生!
    :一関の崖で巨人化石が見つかっていた!?
    http://quasimoto.exblog.jp/23124994/



    つまり、2008年6月14日発生の震度6強の岩手・宮城内陸地震、
    岩手県内陸南部で発生した、
    マグニチュード7.2 最大震度6強の地震の時のことである。
    その時に、岩手県一関の崖崩れの中から、
    ネフィリムが見つかったのである。

    ところが、その直後しばらくして現場では
    ブルーシートがかかった。
    一方、ニュース映像ではその巨人の骸骨が
    映像から消去されたか。
    あるいは、撤去された後の映像が流されたらしい。

    というわけで、どうやらかつてこの地球上には
    巨人の楽園が存在した。
    しかも遺品や道具や身につけた装飾品もその周りにないから、
    巨人族はほぼ裸で埋葬されたか、
    裸で生活していたのかもしれない。

    ここ日本にも存在したということから、
    ほぼ全世界に巨人がいたということである。
    それもかなりクロマニオン的な現代人の頭蓋骨で、
    手足の長い、かなり西洋白人種型の巨人である。

    いや〜〜、実に興味深い。

    あるいは、未来人がタイムスリップして
    過去の地球に戻ったのは良いが、
    何かの手違いでスケールが変わってしまったという可能性もある。
    ガリバー状態で過去にタイムスリップしたのである。

    こういう可能性も捨てきれない。

    はたして真実はいかに?

    今後の研究を待とう。それにしても、
    貴重な歴史的発見であるわが国最初のネフィリムの化石は
    一体誰が撤去し保管しているのだろうか?


    名を名乗れ!










    ピラミッドや前方後円墳を造ったのは巨人だった?

    2014/03/03 21:55 ジャンル: Category:巨人
    TB(0) | CM(0) Edit


    日本でも崖の崩落ニュースに
    巨人の白骨がちゃっかり写っちゃってた♪


    いいえ

    これは加工写真だったようです。



    4bc83cc5_20140305114535251.jpg

    http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51807745.html?_f=sl

    正に嫌でも真実に光が当たり出した様な今日この頃

    巨人の発掘写真が世界中から出てきていて、
    隠しようもなくなってきたもう一つの現実。
    ピラミッドの周りからたくさん見つかっているなら、
    何のことは無い、巨石の運搬は巨人の人力だわね。
    何だかロマンが半減しちゃったピラミッド、
    金融ピラミッドの頂点が崩れたら、
    でるわでるわとんでもない歴史の真実が、
    世界中のあっちからもこっちからも・・・

    目から鱗が落ち続け




    やたら巨人族が人間を食べる漫画が流行ってるらしいけど、
    本物の巨人には険歯が無く、菜食だったようだ。
    こちら↓のブログの解釈が素晴らしい!

    http://ameblo.jp/re-health123/entry-11633411049.html

    巨人の骨は世界各地で発掘されています。


    もちろん、この日本でも。

    t02200172_0480037612712181188.jpg
    http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51807745.html?_f=sl


    これは岩手の一関市で撮られた映像ですが、
    巨人の骨をスクープしているわけではなく、
    崖の崩落の報道だったそうです。


    災害の報道で空撮していたときに、たまたま
    崩れた崖の地盤に巨人の骨が埋まっていたため
    カメラに入っちゃったのでしょう。
    ↓↓↓↓↓↓↓↓

    進撃の巨人は本当か!
    世界各地でみつかる大きい人型の生物の
    骨格から考える地球の歴史と和多志たち人類






    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。