ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ディスクロージャー ★ アインシュタインの手紙

    2016/02/22 22:02 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(0) Edit




    アルベルト・アインシュタインから娘への手紙

    1980年代の末、有名な天才アインシュタインの娘リーゼルは、
    父から彼女に宛てられた1400通の手紙を、
    父親の死後20年間は内容を公開しないという指示を添えて、
    ヘブライ大学に寄付した。

    これは、リーゼル・アインシュタイン宛ての手紙のなかの1通である。



    「私が相対性理論を提案したとき、
    ごく少数の者しか私を理解しなかったが、
    私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、
    世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

    必要に応じて何年でも何十年でも、
    私が下記に説明することを社会が受け容れられるほど
    進歩するまで、お前に、この手紙を守ってもらいたい。

    現段階では、科学がその正式な説明を発見していない

    ある極めて強力な力がある。
    それは他のすべてを含み、
    かつ支配する力であり、
    宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、
    しかも私たちによってまだ特定されていない。

    この宇宙的な力は、愛だ。

    科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、
    彼らは、この最も強力な見知らぬ力を忘れた。

    愛は光だ。
    それは愛を与え、かつ受け取る者を啓発する。

    愛は引力だ。
    なぜなら、
    ある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。

    愛は力だ。
    なぜなら、それは私たちが持つ最善のものを増殖させ、
    人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。

    愛は展開し、開示する。

    愛のために私たちは生き、また死ぬ。

    愛は神であり、神は愛だ。

    この力は、あらゆるものを説明し、生命に意味を与える。

    これこそが、私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。

    それは恐らく、
    愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない、
    宇宙のなかの唯一のエネルギーであるため、
    私たちが愛を恐れているからだろう。

    愛に視認性を与えるため、
    私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。

    「E=mc2」の代わりに、私たちは次のことを承認する。

    世界を癒すエネルギーは、
    光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、
    愛には限界がないため、
    愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

    私たちを裏切る結果に終わった、
    宇宙のほかの諸力の利用と制御に
    人類が失敗した今、

    私たちがほかの種類のエネルギーで
    自分たちを養うのは急を要する。


    もし、私たちが自分たちの種の存続を望むなら、
    もし、私たちが生命の意味を発見するつもりなら、
    もし、私たちがこの世界と、
    そこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、
    愛こそが唯一のその答えだ。

    おそらく、私たちにはまだ、
    この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を、
    完全に破壊できる強力な装置、
    愛の爆弾を作る準備はできていない。

    しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、
    しかし強力な愛の発電機を持っており、

    そのエネルギーは解放されるのを待っている。

    私たちがこの宇宙的エネルギーを与え、
    かつ受け取ることを学ぶとき、
    愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、
    愛にはなにもかもすべてを超越する能力があることを
    確信しているだろう。

    なぜなら、愛こそが生命の神髄
    (クイントエッセンス)だからだ。

    私は自分のハートのなかにあるものを
    表現できなかったことを深く悔やんでおり、
    それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。

    恐らく謝罪するには遅すぎるが、
    時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、
    お前のおかげで私が究極の答えに到達したことを、
    お前に告げる必要があるのだ。

    お前の父親
    アルベルト・アインシュタイン


    In the late 1980s, Lieserl, the daughter of the famous genius,
    donated 1,400 letters, written by Einstein,
    to the Hebrew University,
    with orders not to publish their contents
    until two decades after his death. This is one of them,
    for Lieserl Einstein.More can be found about Lieserl here
    …”When I proposed the theory of relativity,
    very few understood me,
    and what I will reveal now to transmit to mankind
    will also collide with the misunderstanding
    and prejudice in the world.
    I ask you to guard the letters as long as necessary,
    years, decades, until society is advanced enough to accept what I will explain below.
    There is an extremely powerful force that,
    so far, science has not found a formal explanation to.
    It is a force that includes and governs all others,
    and is even behind any phenomenon operating
    in the universe and has not yet been identified by us.
    This universal force is LOVE.
    When scientists looked for a unified theory
    of the universe they forgot the most powerful unseen force.
    Love is Light, that enlightens those who give and receive it.
    Love is gravity, because it makes some people
    feel attracted to others.
    Love is power, because it multiplies the best we have,
    and allows humanity not to be extinguished
    in their blind selfishness. Love unfolds and reveals.
    For love we live and die.
    Love is God and God is Love.
    This force explains everything and gives meaning to life.
    This is the variable that we have ignored for too long,
    maybe because we are afraid of love because it is
    the only energy in the universe
    that man has not learned to drive at will.
    To give visibility to love,
    I made a simple substitution in my most famous equation.
    If instead of E = mc2, we accept that the energy to heal
    the world can be obtained through love multiplied by the
    speed of light squared, we arrive at the conclusion that love is
    the most powerful force there is, because it has no limits.
    After the failure of humanity in the use and control
    of the other forces of the universe that have turned against us,
    it is urgent that we nourish ourselves with another kind of energy…
    If we want our species to survive,
    if we are to find meaning in life,
    if we want to save the world and every sentient being that inhabits it,
    love is the one and only answer.
    Perhaps we are not yet ready to make a bomb of love,
    a device powerful enough to entirely destroy the hate,
    selfishness and greed that devastate the planet.
    However, each individual carries within them a small but
    powerful generator of love whose energy is
    waiting to be released.
    When we learn to give and receive this universal energy,
    dear Lieserl, we will have affirmed that love conquers all,
    is able to transcend everything and anything,
    because love is the quintessence of life.
    I deeply regret not having been able to express
    what is in my heart, which has quietly beaten
    for you all my life. Maybe it’s too late to apologize,
    but as time is relative, I need to tell you that I love you
    and thanks to you I have reached the ultimate answer! “.
    Your father Albert Einstein

    音空 onkuu
    2015-07-16
    スポンサーサイト

    ケシュ財団より福島へ捧げる放射能汚染除去技術(動画内字幕版)

    2015/10/20 21:10 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(0) Edit


    http://ameblo.jp/yagyuhyogonosuke/entry-12086220825.html




    2014/02/08 に公開
    2014年1月25日(Webでの公開は1月30日)に行われた、
    ケシュ氏による放射­能汚染除去技術の公開動画
    (動画内字幕版)です。

    必ず一読下さい。また拡散をお願いいたします。

    「ケシュ財団提供 放射能汚染除去に際しての注意事項」

    除染を実際に行う前に、安全上の注意をよく読み、必ず厳守して下さい。

    (1)
    ナノ物質生成をはじめる前に、必ず防護服を身につけて下さい
    (皮膚の露出を避けて下さ­い)。
    ナノ物質は皮膚に浸透します。
    必ず手袋を着用して下さい。

    (2)
    容器からの適切な距離を保ち、
    沸騰したお湯などを容器に注ぐ際は、
    やけどや飛び­散る液体に十分注意して下さい。

    (3)
    農家や個人の方がひとりで除染活動を行うより、
    団体で協力して行うことを薦めま­す。
    可能であれば東電の立ち会いの元、
    除染した後の物質を運ぶ際に協力を要請して下さ­い。

    (4)
    実際の除染活動には、必ず生地の厚い衣服を身につけ、
    ブーツ(長靴)、手袋、マスクを­着用し行って下さい。

    (5)
    ビデオで公開している除染に必要なコンディション(環境条件)は、
    物質の除去のためで­あり、除染後に関してはまた別途、
    最適な環境条件を作り出す必要があります。
    それに関­してはまだ本ビデオでは言及していないことをご了承下さい。

    (6)
    除染後の物質はすみやかに東電もしくは政府によって
    管理される必要があります。

    (7)
    農家の方々は、この除染活動を行い、放射能測定器で、
    汚染除去が完了したことを­確認するまで、
    食糧の生産を見合わせて下さい。

    (8)
    農機の利用が可能です。
    ナノ物質の散布に利用した農機は、
    同じく汚染物質を吸収した物­質の回収に利用できます。
    トラクターなどナノ物質の散布と回収に利用して下さい。

    (9)
    除染に利用した衣服や道具は
    ドラム缶などに入れて水で洗浄した後
    (手洗いはしな­いで下さい、木の棒などを利用して下さい)に、
    新たに生成したナノ物質を入れて容器に­ふたをして
    数時間置いて下さい。

    放射性物質はナノ物質に吸収されますので、
    数時間後に­取り出して下さい。
    洗浄に利用した木の棒は、必ず毎回取り替えて下さい。
    この木の棒などの洗浄に利用した­道具も、
    ナノ物質と一緒に置き、洗濯に利用した水にもナノ物質を入れて
    数時間置いて下­さい。

    (10) 洗浄に利用した水は、除染されています。
    しかし、洗浄に利用したナノ物質は取り除き、
    ­容器にいれ東電に渡す必要があります。

    (11)
    東電からの回収を待つ間、除染で集められた物質は、
    一時的に埋めて保管する必要があり­ます。
    居住地から十分に離れた場所に穴を堀り
    鉄の容器またはドラム管 に入れ、
    石・金属・木などの厚いふたをした上で埋めて下さい。
    一度埋めた容器は、東電によって回収されるまで
    掘り返したりしないで下さい。

    除染作業の技術的な支援を出来るよう、
    現在体制を検討しております。
    技術サポートが必­要な団体、除染作業のご質問は、
    keshejapan@gmail.comまでお問い­合わせ下さい。

    Facebook Page:
    https://www.facebook.com/kesheJP





    ケシェ財団がフリーエネルギー装置の販売を開始!

    2015/10/19 21:00 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(0) Edit


    拡散希望: 
    祝!
    ケシェ財団が普及版フリーエネルギー装置の販売を開始!


    原発なんて、いらなくなるんだ!!!
    ケシェ財団がついにフリーエネルギー装置の普及版の製品化に成功! 
    販売を開始した模様です。

    財団のウェブサイトにも、すでに製品として掲載されています。
    1ユーロ=135円とすると、
    税金入れて約82000円+送料ですね。
    取り付け方などの詳細がわかったら、私も購入したいと思います。
    (その頃には、入荷待ちが長いでしょうね。(^▽^;))


    http://www.keshefoundation.org/webshop/products/kf-productskeshe財団製品

    第3回世界大使会議2015年10月16日



    *

    ケシュ財団 JAPAN ブログ***2014
    ケシュ博士が教えてくれたこと

    「You don’t need to be cause of pain for someone else.
    私たちはもう誰かの’痛み’にならなくてすむようになる。」


    ありあまる食・エネルギーの中で生きる人々は、
    それだけで誰かから搾取していて、
    結果持たない人の痛みになってしまいます。
    もちろん持っているからこそ、分け与えることが出来ます。
    しかし、やはり誰かの犠牲の上にあることは変わりなく、
    これは永遠に私たちの魂に刻まれるカルマとなるのではないでしょうか。
    それに博士のいうマグネティックフィールドの次元で、
    人間・動物・植物・自然・宇宙・あらゆるものが影響しあっています。
    地球の裏側で起こっている痛みは、私たち自身に必ず伝わるのです。

    そういった意味で、博士の技術がエネルギーだけでなく
    食や医療といった世界の不平等をなくすことで
    本当に人間が救われるのだと感じています。

    研究所で学んでいるのは何か

    フリーエネルギーリアクターや
    宇宙船が博士の研究の一部であることは事実です。
    でもこれは博士の叡智の結果であり神髄は別にあります。

    私たちが学ばないといけないことは何か。
    それは、「人間とは何か・宇宙とは何か」ということです。

    まず私たちは一人一人すべて異なります。
    肌の色、食べるもの、生きる土地すべてがその人に影響します。
    それを知らず、
    均一化された食・健康方法・昔からの知恵を無視した生き方、
    自然に背く生き方をすると心も体も異常を起こすのです。

    まず私たちは自分自身が「自分の仕組み」を理解しないといけません。

    そのためには、私たちを創る「宇宙」とその仕組みを知らないと
    本当に理解はできないのだと博士は言います。
    体が食べ物や環境から、どうやってエネルギーを生み、
    環境から影響を受けるか理解することは
    宇宙の仕組みを知ることと全く同じ、
    全ての仕組みはひとつだと繰り返しおっしゃいます。

    どんな高度な文明を持つ生命体も、炭素・酸素・窒素、
    そして水素が電子がひとつのエネルギーであることは全く同じで、
    それがあらゆることすべて、
    物質レベルだけでなく意識や心や魂やエネルギー、
    あらゆるものの源なのです。

    いろいろな条件が揃って、
    やっと私たちが本当の自分を知る時代が来たのではないでしょうか。

    皆さんもケシュ財団の技術に
    私たちと同じようにワクワクして頂ければ嬉しいです。

    ケシュ財団に関する知られざる真実の公開







    フロンガスは素晴らしいガスだった!

    2015/09/21 10:28 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(0) Edit

    ・オゾン層破壊の犯人とされたフロンガスは素晴らしいガスだった!

    実は物質の世界では、
    太陽エネルギーがいろいろなものに変化しています。
       
    それがさまざまなガスや酸素、二酸化炭素などで、
    要するに太陽系にあるすべての元素は
    太陽エネルギーからつくられているのです。

    つまりすべてが、太陽エネルギーの変化したものです。
    そのエネルギーの流れの中に、
    私たち人間をはじめすべてのものが存在しています。

    今、私たちの社会では
    エネルギー問題が一番の課題とされています。
    産業構造における動力として、
    どのようなエネルギーを使うかという場合、
    まず石油を燃やしてお湯を沸かし、その水蒸気、
    スチームでタービンを回して発電する方法があります。
    それから水力発電、風力発電もあります。

    そして一番厄介なのが原子力発電です。
    原子力発電も結局は、お湯を沸かしてタービンを回して発電します。
    核分裂による熱エネルギーで炉内の水を沸騰させ、
    それで発生した高温のスチームでタービンを回して発電させています。
    つまりここでも、水を沸騰させるだけのために
    原子力を用いているわけです。

    ですが炉内の水は、放射能で汚染されていますから、
    外に流し出すわけにはいきません。
    それで水を循環させて使用させています。
    ですが熱い水蒸気のままの状態で循環させるわけにはいかないので、
    1回冷却して水に戻さなければならない。
    原子力発電所はそのために冷却装置を必要とし、
    それで海や川の近くに立地しているのです。

    この地球の生命は、
    地球表面から放射性物質がなくなっていったあたりから、
    いろいろな生命が誕生しています。

    それまで空気中にあった二酸化炭素も、
    多くの植物がそれを取り込んで幹をつくるようになり、
    その幹がやがて倒木して地面の中に埋まっていき、
    炭化し化石化することで、地中の中にしまわれました。

    それだけでなく、二酸化炭素は重いので、
    海辺や波打ち際の低いところを漂っているものが
    波の中に呑み込まれ、
    それが海の深いところに到達して結晶化されました。
    それがハイドレートと呼ばれているものです。

    二酸化炭素はこうしてハイドレートとして、
    海の深いところにもしまわれたのです。
    こうして除々に地表面にあった二酸化炭素は
    少なくなっていきました。

    それから古代には、昔はでかい恐竜がいました。
    彼らはいっぱい食べて自分の体をつくり、
    彼らが死ぬとその脂肪がいろんな微生物によって分解され、
    それが石油という形で地中にしまわれました。
    その分、炭素が地球の表面からなくなっていったわけです。
    そうした状態が続くなかで、
    やがて酸素を吸う私たち人間の世界になっていきます。
    つまり私たちは、二酸化炭素をしまい込む仕組みが
    地上に確立されてから誕生したわけです。

    二酸化炭素で地球が温暖化するとされた「大嘘」

    今の地球上の大気で一番多いのは窒素です。
    窒素が78%、酸素が21%、二酸化炭素は1%未満です。
    二酸化炭素を増やしてはいけません。
    私たちは二酸化炭素が血液の中に入った瞬間、終わりです。
    一酸化炭素は臭いがするので中毒がわかりますが、
    二酸化炭素は無味無臭だからわからない。

    二酸化炭素は重いので、低いところに溜まります。
    風が吹かない凪(なぎ)のときは、
    二酸化炭素が川の流れに沿って海に流れます。
    東京湾のような湾は、風が吹いているときはいいのですが、
    凪のときは、二酸化炭素が溜まりやすくなります。

    たとえば見えなくて重い二酸化炭素が、
    高さ100メートルで直径3キロの塊になり、
    東京をゆっくりと動くと、超高層マンションで
    100メートルよりも高いところにいる人は生き残れても、
    それより低いところにいる人は寝たまま死んでしまいます。
    二酸化炭素が増えると、そういうことが懸念されます。
    二酸化炭素で死ぬのは苦しくないそうで、
    最近は、二酸化炭素を吸わせて
    死刑を執行するという話もあります。

    太古に炭素が地中に埋もれて、しまい込まれたことで、
    私たち人類が誕生しました。

    ですが、せっかく地中にしまい込まれた炭素が掘り出され、
    今それが火力発電所とか車などに使われることで、
    地表へ戻って来ています。
    あるいは放射性物質も放出されています。
    それが意味していることは、
    こうして私たちの環境が誕生する以前の環境に戻ることで、
    私たちは生存できなくなる危機が訪れていることです。

    そのことを、学者の皆さんはきちんと考えているのでしょうか? 
    私たちがこれから生きていく上では、
    生命現象が起きたときに地中にしまい込まれたものは、
    一切、表に出してはいけないということです。

    つまり、放射性物質を使ってはいけないし、
    石油や石炭を使ってはいけない。
    ハイドレートにも手を出してはいけない。
    石油や石炭、ハイドレートは、
    酸素と結合させると二酸化炭素になるので、
    燃やしてはいけないということです。

    二酸化炭素が増えて地球が温暖化すると、
    一時期盛んに言われましたが、本当にそうなのでしょうか? 

    空気は熱膨張すると、浮いて上空へ行き、
    そこで冷やされてまた降りて来る。

    これが大気の対流です。

    つまり大気が対流している限り、
    二酸化炭素による温暖化はあまり起きないのです。
    二酸化炭素は温まってくると膨らんで持ち上がっていきますが、
    持ち上がらない大気もあります。

    オゾン層破壊の犯人とされたフロンは、
    人畜無害の素晴らしいガスだった

    もう1つ、フロンガスについてお話します。
    フロンガスは人工的につくられたガスで、
    人畜無害かつ利用度の高い素晴らしいガスです。
    ですが、オゾン層を破壊するから使ってはいけないとされました。
    オゾン層があるところは上空で、
    紫外線に当たりやすいのも上空です。
    私たちが教わったのは、フロンガスが上空まで上がっていき、
    紫外線に当たって分解されたときに、
    そこに含まれている塩素成分が
    オゾンと反応してオゾン層が破壊されるというのです。

    フロンガスは、かつてスプレーにも沢山使われており、
    シューッとやったらフロンガスが上空に上がるというのです。
    へー? 比重3・7なんですけど上がるんですか? 
    比重3・7はプロパンガスよりも重いんです。
    プロパンガスの比重は3・5と重いので、
    プロパンガスが漏れたら、
    ほうきで掃き出せと言われているくらいです。
    (*keme注 
    見えないからといいかげんに掃くだけではいけません。
    換気扇などスウィッチを入れたりしても、
    チョットした火花がガスに引火します
    最初は臭いで気ずいても
    鼻はすぐにバカになっています。
    鼻は判断の頼りにはなりません。
    沢山漏れていれば、相当真剣に
    掃き出さなければならないと言うことを覚えて置いて下さい)
    ガス爆発の中心での悟りより)
       
    車のエアコンのガスのフロン12の交換は、
    ピットの中でしてはいけないと言われています。
    つまりフロンガスは重くて低いところに溜まるので
    窒息する可能性がある。
    なのにそれほど重いフロンが、
    上空へ上がってオゾン層まで達するというのだから、
    1回上がるところを見てみたいものだと思っていましたが、
    とうとう見ることができませんでした。

    オゾン層破壊で一番大きな問題は、
    飛行機の燃料を着色しているものに塩素が含まれていることです。
    それが燃焼して大気中へ出ていくと、
    上空にあるオゾン層と反応するという問題が、
    私が航空自衛隊にいたころからあって、
    当時、燃料を替えてほしいという運動をしていました。
    ですがそこでもフロンガスが犯人にされて、
    航空機の燃料はそのままにされた。
    私にはその悔しさがあります。

    フロンガスは、冷却媒体だけではなくて、
    基板の洗浄にも使われていました。
    人畜無害で安全なフロンガスなのに、
    (keme注若い頃、イラスト用に買ったフロンガスを、
    吸い込んで、
    ジャイアント馬場みたいな自分のボイスを
    楽しんでる最中、いきなりオゾン層に穴を開けるフロンガスの
    猛毒性が話題となり、私の肺にも穴が開いたかも・・と
    二度と吸い込む事の無かったフロンちゃん)

    それを使ってはいけないということになり、
    今は薬品を使って洗浄しています。
    しかもこの薬品には相当の毒が含まれているそうです。
    でも結果的に、それを求めて使うようにしたのはこの社会ですから。

    当時、私1人が反対運動をしていました。
    「フロンガスは犯人じゃない」と言い続けていたら、
    周りの人々から吊るし上げを食いました。
    それは本当にすごかったです。
    筑波大学で、フロンガスにあり得ないほどの紫外線をぶつけてみたら、
    壊れなかったそうです。
    それで筑波大学の研究者たちが、
    「風評被害でフロンガスが犯人にされている」ということを
    ネットに書いたのですが、その掲示板は閉鎖されました。

    そういうふうに人間は、
    ビジネスつまり金が絡むとどこか勘違いしてしまうんです。
    その後、アメリカで作られた代替フロンが出てきましたが、
    結局、出来が悪くてすぐダメになりました。

          これがあの世飛行士の真骨頂!
    book『臨死体験3回で見た<<2つの未来>>』 木内鶴彦著  ヒカルランド

    zeraniumのブログ


     
                 

    洗剤で環境汚染をせずにすむ超音波洗濯機がすでに作られていた

    2015/02/11 09:51 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(1) Edit

    液を塗るだけで歯が再生するという 痛みのない治療法が開発された!
    2012年にこの記事を書いて以来、歯医者にも行かず
    ひたすら待っているのだが、何の音沙汰もない・・・。

    スタップ細胞騒ぎの渦中で思い出しては、
    歯の再生もこの様な体制下では、許される訳が無いと思ったものだ。
    歯医者が要らなくなるというより、
    歯に群がる製薬及び医療機器関連会社が潰れてしまうからだ。
    で、私は蓬龍宝で歯磨きを始めたのだが、めっちゃいい!
    歯槽膿漏も虫歯もさよなら状態でいる。
    欠けたままどうしようもない歯が、欠けたまま、痛くも何ともなくなって、
    歯ぐきが元気で、そのせいか何度も取れていて、今度取れたら入れ歯
    と言われている前のさし歯まで、一旦ぐらつきかけたのに、
    いまはしっかりと硬いせんべいまで噛めるほどになっている。
    恐るべき乳酸菌の威力、本来の肉体の感覚が目覚めて来る。
    おまけに腋臭まで50ccとひと飲みで消し去った。
    よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】1.5L×2本入
    そんなお金も無い人は、米のとぎ汁乳酸菌を有効利用することだ。
    発酵マニアの天然工房が発禁になる訳だ。
    スタップ細胞を活性化させたのは植物性の乳酸菌なのだ。
    理研は利権の科学、そんなものにぶら下がってる金権ロボットどもの
    薄汚い手口は既に公然のものと化している。

    抑えきれないほどの技術が沸々と闇の被いの下から
    はみ出して来ている、我々一般人類が
    フリーエネルギーと健康を手に入れるのはもうすぐそこだ。


    zeraniumのブログ

    ・洗剤で環境汚染をせずにすむ
    超音波洗濯機がすでに作られていた


    飛鳥  
    以前、まだ久米宏が『ニュースステーション』の司会をしていた時に、
    マイクロバブルの洗濯機を紹介していましたね。
    あれはいまだに商業化されていないでしょう。

    船瀬  
    あれは俺が関与していました。実は潰されたんです。
    私はあれにカネを何百万使ったかわからない。

    私は財産全部をはたいて、あの発明家を支援したのですが、
    結局、大手の洗剤メーカーに潰された。
    あの洗濯機は家電メーカーも実用化しようとしたけど潰された。
    あれは超音波洗濯機です。私は実験のデータを全部持っています。
    実際のテストでも、油汚れや、爪で引っかいても落ちないような汚れまで、
    全部見事に落ちましたね。
    だけど新聞では、「これで汚れは落ちない」と異常なくらい叩かれた。

    飛鳥  
    (洗剤と違って)あれで公害が出るわけがない。
    (利権がからんでいるから)マスコミも一緒になって、
    全部が束になって潰しにかかっている。

    船瀬  
    あれをつくったのは発明家の金澤さんだけど、
    恐らくもう亡くなっていると思う。
    破産して行方不明になった。私も有り金をほとんど使ってしまった。
    実験効果を証明する写真も全部ありますよ。
    私は貧乏もの書きでカネはなかったけど、
    住宅の資金を全部それに使い果たした。
    それを三一新書の『地球にやさしく生きる方法』(1993年)
    という本に全部書きました。
    それは超音波洗濯機の未来についてです。
    国際特許も取っていたのに、結局、
    バッシングがひどくて商品化できなかった。
    だから業界が怖れて手を出さないんです。

    飛鳥  
    洗剤メーカーを潰してしまう。

    船瀬  
    要するに本当に公害を出さない良いテクノロシーは、
    完全に政治的に圧殺されるんです。
    私はそうしたグリーンテクノロジーについてその本に書きました。

    地球にやさしく生きる方法―21世紀への楽しいテクノロジー (三一新書)


    ワンチャージで548キロも走る電気自動車
    IZA(イザ)は25年前に開発されていた!

    船瀬  
    電気自動車のIZAをご存知でしょう。(P.132の写真参照)
    IZAのデビューは1989年ですが、とにかく格好いいんです。
    あれを作ったのは国立環境研究所の清水浩さんですが、
    彼は東北大を出た天才エンジニアです。
    東電からカネを引っ張って、彼が1人で作りました。
    ワンチャージで548キロ走りますが、今より当時のほうがすごかった。

    最高速度は176キロ。ニッカド電池ですが、
    これをリチウムイオンにすると1200キロ走ります。
    100キロで、東京から岡山までノンストップで走れる。
    ゼロヨン加速がすごいんです。
    だからスポーツカーなんか吹っ飛んじゃう。
    それはすさまじい加速力です。

    なおかつ、すごいのが燃費です。
    大きさはマークⅡと同じ大きさの車体ですが、
    マークⅡは原油1リットルで20キロぐらいしか走らない。
    当時としてそれでも大したものだけど、
    でもこの1リットルの原油を火力発電所で燃やして電気に変えて走ると、
    IZAは1リットルで65キロ走ったんです。
    つまり3倍以上走った。

    ということは全部IZAに変えると、
    世界の自動車用燃料は3分の1から4分の1で済む。
    そうすると一番困るのは、石油王ロックフェラーなわけです。
    これがすでに25年前の話です。
    私はこれを三一書房の『近未来車EV戦略』(1993年)に書きました。
    『疾(はし)れ! 電気自動車』(築地書館、2004年)も書いた。

    私はこれをなんとか作ってくれということで、まず日産に行きました。
    「IZAをつくってくれ。そうしたらお宅はトヨタを追い越せる。
    日本は世界に冠たる電気自動車大国になれる」と。(略) 
    未だに俺は悔しくてしようがない。
    量産すれば価格もすごく安くなる。

    飛鳥  当時の日産とかトヨタにとれば、これは恐怖だよね。

    船瀬  
    頼むからこのIZAをぜひ日産でつくってくれと頼んだ。
    そしたら責任者は、「お気持ちはわかりますが、
    IZAは日産には作れません。IZAはあまりにも性能がよ過ぎます」と(笑)。
    それで今度はマツダに頼んだ。
    そしたら、「無理です。それはもはや国策です。
    わが社1社だけで決められる問題ではありません」と言った。
    日本は社会主義国家か!? 今度はホンダに行った。
    だけど広報部長の女性が、
    IZAも清水浩さんも何にも知らなくて話にならなかった。

    トヨタはもっとすごかった。
    トヨタも電気自動車を開発していたので見せてもらい、
    それについて聞いた。
    「これのレンジはどのくらいですか?」と聞くと、
    環境部長がもう1人の担当者にいちいち聞く。
    「君。これのレンジはどのくらいだね?」
    「ちょっとお待ちくださいませ。これは60キロになっております」 
    「ええっ、ワンチャージ60キロ! たったの?」俺はびっくりした。
    「失礼ですが、これのバッテリーは何ですか?」
    「君、バッテリーは何だね」「バッテリーは鉛になっております」

    俺はひっくり返った。
    だってリチウムイオンの時代に鉛電池だって。
    IZAはニッカド電池で548キロ走っているんだよ。
    「天下のトヨタが今どき鉛電池ですか」
     「ですから船瀬さん、こういうことだね。
    (ワンチャージ)60キロだから、結局30キロ以上は行けないということだね。
    戻らにゃなりませんからね」(笑) これが10年くらい前のことです。

    飛鳥  
    で、IZAは結局どうなったの?

    船瀬  
    何にもならなかった。歴史の闇の中に葬り去られた・・・。
    IZAの時にはっきりわかったよ。
    日本の企業はいいものは潰す、悪いものは伸ばすとね。
    その基準を作っているのがロックフェラーやロスチャイルドだ。
    なぜ日本の企業がだめになったか、私はその官僚主義の10ランクを、
    「日本企業が崩壊する10ステップ」と書いた。
    テレビドラマの『半沢直樹』も保身主義から始まってるけど、
    保身主義、無責任主義、前例主義、保守主義、縦割主義、派閥主義、
    密告主義、虚言主義、退行現象、動物化。
    ジョージ・オーウェルの言ったアニマルファームです。

    飛鳥  
    戦中の日本もこれでしたね。
    日本は技術開発とか底辺は優れているけども、
    上のエリートに行くほどバカになってる。
    なぜかというと、日本で出世する方法は失敗しないことだから。
    失敗しないためには何もしないこと。だから何もしない奴らが出世していく。

    船瀬 
    だから官僚主義になる。
    前例主義、無謬主義。つまり遅れず、休まず、働かずとなる。

    飛鳥  
    戦国時代の日本人と今の戦後の日本人を比べてみるとよくわかる。
    権謀術数の駆け引きとか外交戦術などは、
    戦国時代の日本人のほうがまだよく考えている。
    戦後、なぜこんなにだめになったか。
    これもある意味、アメリカの戦略だった。

    船瀬  
    当然ですよ。フリーメーソン、明治維新です。
    あの吉田松陰がこんな句を残している。
    「かくすれば、かくなるものと知りながら、やむにやまれぬ大和魂」。
    あんたアホかの世界でしょう。
    「こうしたらこうなるとわかっちゃいるのにとめられない。
    誰か私を止めたって~」(笑)。

    本居宣長だって、「敷島の大和心を人間はば、朝日に匂う山桜花」。
    あんたは人間だろう、何が桜だ。
    要するに美意識に託したシステム思考になるわけ。もっとひどいのは、
    「撃ちてしやまむ」。とにかく撃て、撃ったら終わる。
    「撃ったらどうなるんですか」「先は考えるな、バカヤロー」
    それに会津の、「ならぬものはなりませぬ」。
    理由を言いなさいよ、理由を。
    「ならぬものはなりませぬ」では意味が通っていないでしょう。

    飛鳥  
    最後はひどかったね。
    女、子どもに竹やりを持たせて、
    自分たち体制側(大本営)を守れと、女、子どもを前に出した。
    その後ろに隠れるのが大和魂と言うんだからあきれ果てる。



     
     
    『ハイジャックされた<>を99%の人が知らない』
    船瀬俊介×飛鳥昭雄  ヒカルランド


    抜粋



    格安で世界発売になったオーマサガス・HHO発生装置!

    HHOガス発生装置が二万円で買えるようになりました。
    大政ガスのHHOガス発生装置がアメリカのベンチャー企業から
    二万円くらいで発売されました。
    長年の夢であったフリーエネルギー、HHOガス発生装置が
    格安で世界中に発売されるという時代がやっと到来しました。
    driveh2oとインターネットで検索すると
    その企業のホームページにたどりつきます。
    自動車に40分で装着すれば、ガソリンが60%節約出来ます。
    船舶用のナノバブル技術を使用した水素ガス発生装置は
    7万円で燃料費を80%節約できます。
    安いのは一万位からあります。
    この企業は今専務代理店を開設して、
    日本代理店を、募集しています。
    さっそく、二万円の車用のナノバブルHHOガス発生装置を購入しました。
    大政ガス


    http://www.ohmasa-gas.org/




    ・大学の科学研究費約600億円の9割が東大の取り分と決まっている




    新物理学・フリーエネルギーセミナー全世界同時生中継

    2014/03/14 22:10 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(0) Edit


    3月14日19時より、
    「カタカムナ株式会社」と「フリーエネルギー交流会」の
    発足イベントを開催し、そこでみなさんに、
    カタカムナは、この次世代技術を誰かのものにするのではなく、
    全人類と地球の未来の繁栄と永久平和達成のため
    役立てたいと考えていますが、
    そのためにはどうしたら一番良いでしょうか?
    という問いをイベントの冒頭で投げかけます。
    そしてFacebookにて、皆さんの意見を集約したいと思います。
    映像をYoutubeでもアップします。
    できる限り多くの方々からご意見を集めたく存じます。
    そして4月に準備が整ったら、そこに答えを発表したいと思います。

    下記、UstreamとFacebookのURLです。どうぞよろしくお願いします。

    http://www.ustream.tv/channel/katakamuna-tv

    https://www.facebook.com/katakamuna


    カタカムナ スタッフ



    Video streaming by Ustream


    Video streaming by Ustream



    ツングースカの大爆発とニコラテスラの怪しい関係

    2013/02/01 13:39 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(0) Edit

    ツング-スカ大爆発の真相は
    隕石落下、
    核爆発、
    それとも物理実験?


    世界の終わりが来るといわれたのはこれが初めてではない。
    60年代キューバ危機の際も米ソという核大国が一触即発の
    ところまで行った。だが、核爆弾の製造までまだ40年も
    あった時代にすんでのところで世紀末を迎えた事態があった
    ことはあまり知られていない。
    1908年6月30日
    シベリア中央部の上空に轟音とともに火の玉が飛んできた。
    その形については目撃者の中には丸かったとする者、
    球状だったという声、
    いやシリンダー状だったとするものと意見が分かれる。
    色は赤、黄色または白だった。
    現地時間で7時14分、
    それはシベリアのポドカーメンナヤ・ツングースカ川付近で
    炸裂した。
    爆発力はエネルギー量を
    トリニトロトルエン(TNT)の質量に換算すると
    40-50メガトンに達したとされている。
    これは広島に投下された原爆を2000倍上回る爆発力だ。
    当時研究者らはタイガに落ちたのは
    隕石であろうと断定したものの、
    これといった調査も行なわれないままだった。

    そういった一方でこの事件には
    セルビア系米国人発明家の
    ニコラ・テスラが首班としてからんでいたという
    憶測も存在している。

    TESLA.jpg

    ニコラ・テスラ

    ところがテスラの役割は不可解だ。
    凶悪者で大量破壊兵器の発明者だったのか、
    それとも人類の救世主だったのか。

    主任技師で電気工であったニコラ・テスラは
    欧州から米国へと渡った。
    ところがテスラがあたった雇い主は吝嗇で、
    テスラの能力に当て込み、まともな給料も支払わないまま
    彼は使われ続ける。
    才能豊かなテスラはトマス・アルヴァ・エジソンに見出される。
    テスラはエジソンの下で働き、電気エンジンを改良するが、
    このエジソンからも満足いくような報酬をもらえず辞める。
    テスラは職を失うことはなかったが、
    より一層多くの時間を科学に費やすようになる。

    1899年春、
    コロラド州のリゾート地スプリングスで
    テスラは雷雨を研究する小さなラボをたちあげる。
    この目的でテスラは電磁波を逐電することのできる装置を作る。
    電磁波は送電機から広い範囲にとび、
    その後出力がアップされて
    インド洋のアムステルダム島とサン・ポール島間ほどの距離に
    通電できるようになった。

    テスラはさらに出力の高い装置を使い、
    実験を続けることにした。
    1902年
    ニューヨーク州のロングアイランド島に購入された土地には、
    テスラ自身のプロジェクトで先頭に銅の半球を頂いた
    高さ47メートルの塔Wardenclyffeが建てられた。
    この装置を使ってテスラはエネルギーを蓄積し、
    より長距離に伝播しようと試みた。
    ところが、テスラの仕事に財政支援をしてきた
    1903年
    産業家ジョン・モーガンが契約を破棄する。
    このモーガンに続いて、他の産業家らも
    テスラへの支援を退けてしまった。
    この結果、
    1905年
    テスラは雇ってきた職員らを解雇し、
    仕事を中断せざるを得なくなる。
    ところがテスラの設置した装置は
    それからも長い間ラボに残り続けた。

    BAS2HNYA.jpg

    塔Wardenclyffe

    テスラは実験を続ける希望を失わなかったのだ。
    財政支援を得ようとテスラは様々な機関に書簡を送ったなかで、
    今までにない破壊力を持った兵器を開発する能力を
    有していること、回線を必要としない、
    そのエネルギー装置を使えば、
    地球のいかなる場所も生物の生息に適さない土地へと
    変貌することを証明し続けた。
    テスラはさらに、有名な旅行かロベルト・ピリが
    08年に開始した
    北極探検のルートを照らすこともできると豪語したのだ。

    ここで話をツングース隕石に戻そう。
    その科学的研究は1920年代にようやく開始された。
    27-39年ツングース隕石が落ちたと思われる地帯では
    地理学者レオニード・クリクをトップとした
    探検団が作業を行なった。


    ところが隕石の痕跡は影も形もなく、
    隕石がぶつかったときに出来るとされる
    クレーターも見つからない。

    その代わりに驚くべき事実があがった。
    爆発の中心には数本の樹木があったのだが、
    それが幹はそのままで、枝が全て焼け落ちてしまったのだ。
    一連の事実から、天空からの落下物が
    空中で爆発したことがうかがえる。
    地元のハンターらはクリク探検隊に、
    水で顔を洗うと焼けつくような痛みを感じ、
    光る石を見たことを語った。
    これ以外にも何かが焼けついてできた、
    直径1ミリほどの細かい球状のものが無数に見つかっている。
    後日こうした球状のものは
    米国の原爆が投下された広島、長崎でも見つかっている。

    60年代、この事実から、
    シベリアの上空で核爆発が起こったのではないか
    とする説が唱えられた。
    08年は原子爆弾はなく、
    爆発の原因は流星の起こしたものと言われていた。
    しかし、現在、これとは別の、
    同様に摩訶不思議な説が浮上し始めている。

    専門家らはツングースの隕石がもたらした
    奇妙な現象に注意を向けた。
    大西洋からシベリア中央部にかけて数日間にわたって
    空と雲が強烈な明るさを放っていたことだ。
    目撃者らは1908年6月30日の午前7時後、
    爆心地から200-300キロの地点では奇妙な、
    死のような静けさが広がっていたと語っている。
    鳥も鳴かず、葉の擦れ合う音も何も聞こえなかったという。
    このほかにも明るい光がさす朝が急に暗くなり、
    葉っぱも草も、すべてが黄色になり、
    その後オレンジ色、赤、赤紫になった。
    昼ごろになると当たりは真っ暗になり、
    ポドカーメンナヤ・ツングースカの方向に
    あたかも銀色の壁のようなものが見えた。
    爆発の後、磁気嵐が始まり、5時間ほど続いた。
    この異常な現象から、
    この事態はニコラ・テスラの仕業だったのだろう
    という予測が生まれたのだが、
    それを物語る説は少なくとも2つある。

    一つの説では、テスラは自分の作った装置の破壊力を
    見せつけようと決意したとされている。
    テスラは性悪な人間ではなかったので、
    及ぼす害は最小限度に抑えたいと考えていた。
    このためエネルギー爆発を起こす地帯は
    人の住まない土地にしようと最初は北極圏内を想定していたが、
    実際は少しそれを外れてしまった。

    LABORAT.jpg

    テスラの実験

    他の説では1908年6月30日、
    地球へ巨大な小惑星か彗星が衝突し、
    地中に入って炸裂したため、
    数十億年前恐竜が全滅した時と同じ効果が引き起こされたという。
    ただし、このときは人類全滅の事態には至らなかった。
    テスラは人類を救うために自分の開発した装置を使った。
    テスラは自身が逐電した電気光線を使って
    物体を空中で爆発させたか、
    テスラの作ったワーデンクリフ・タワー塔が操作され、
    放射線が出た結果、地中からエネルギーが噴出したという。

    こうした説を客観的に裏付ける証拠はない。
    かくて1908年夏、
    ツングースカ上空で何が爆発したのかという問いは
    謎のまま残されている。







    スライヴ 2013年計画 フリーエネルギー リバティ ソリューションハブ

    2012/11/18 12:53 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(0) Edit

    地球上で、フリーエネルギーを
    安全に普及促進させていくことが、
    2013年の重要なテーマです。





    スライヴのサイトは情報、行動、組織化などへのヒントが山ほどあります。どうやって、私たちが望むことを実現するか­というノウハウがあります。(右翼とか左翼とか、頭の中のゲームから抜け出しましょう。)英語のサイトなのですが、どなたかぜひ、日本語化プロジェクトを進めてください。­(私もできる範囲でお手伝いしたいです)dandomina


    フリーエネルギーは今・THRIVE

    放射性物質の崩壊を止めてしまう事ができる事を実験的に発見した・佐野千遥博士

    2012/06/03 00:13 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(0) Edit


    http://quasimoto.exblog.jp/
    「惑星は太陽の卵から誕生する」:佐野千遥の「コロンブスの卵」的発想の数々!

    1.Dr佐野千遥が11月7日ブログで科学的に予言した太陽表面からの新たな惑星誕生が現実に今起こった!



    なかなかこういうタイプの科学者は日本国内では誕生しないが、
    ロシアに住んで研究をして来たということが、
    独創性や奇想天外性を生むという意味では、非常に役立ったのかもしれない。
    「ロシアで有名な佐野千遥(さのちはる)博士」【和基博士】



    フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人
    ・ドクター佐野千遥教授
    資本主義主力の株式会社制をも覆す、貴方を悩みと賃金奴隷状態から解放するフリ-エージェント世界革命を、誤った現行全自然社会人文科学を根底的体系的に批判し、一枚岩無矛盾の全新厳密科学体系を創り出した(世界史上これに挑んだ他者無し)FA大学
    佐野千遥教授が領導する

    時間を止める磁気的放射能除染装置を政府関係者に提案!ロシア科学アカデミーS学派・Dr佐野千遥

    http://ameblo.jp/allahakbar231/


    2012-06-01 14:34:50
    テーマ:ブログ
    ロシア科学アカデミー・スミルニノフ物理学派論文審査員:ロシアの有名人・ドクター佐野千遥
                         
    福島原発の核燃料棒は既に空気に露出しており、又地震がやって来れば空前絶後の大災害となるであろうし、
    現時点でさえ放射能汚染による低放射線被曝で日本の東北・関東が人が住めなくなる程の危険に直面しており、
    日本政府は水面下で4000万人の日本人のサハリン等北方領土への移住をロシアと、また同じく4000万人の日本人
    の中国への移住を中国政府に打診していると、諸外国のジャーナリズムが真剣に論じている事を皆さん御存知
    でしょうか?以下に掲載するサイトを御参考にして下さい。

    生命に関わる放射線中毒の現実の危険で4000万人日本人の移住を検討中
    ロシアは4000万人の日本人退避計画に仰天!

    2号機は液状化し2フィートしか水が無く、

    露出している3,4号機...進行中のカタストロフィー

    読者の皆さんは、放射性物質の崩壊、つまり放射能の発散を普通、止めることなんて出来ない事を御存知ですか?少なくとも現代物理学・原子力工学は、そのような方法を全く知りません。だから現在、福島原発の事故に対し本質的に役立つ成す術を全く知らない、右往左往の状態に有るわけです。

    ところが私が所属するロシア科学アカデミー・スミルノフ学派は、放射性物質の崩壊を止めてしまう事ができる事を実験的に発見し、そしてそれも含め物理学理論も反エントロピー新古典物理学として再構成しました。だからこの実験装置を福島原発で被害に会っていらっしゃる方々、そして今日飛散するセシウム、ストロンチウム、プルチニウムにより民族の滅亡の危機に瀕している日本民族の全ての方々の為に私が提案しているということは、被害者の方々だけでなく、危急存亡の日本にとって最重要な提案であることは、お分かり頂けるだろうと思います。

    これはエネルギー=仕事とは元々アイザーク・ニュートンにより、方向性の有る概念として定義されたのに、20世紀初頭に発見された我々の物理世界が離散値的世界であることを忘れ連続実数値の確率論・微積分を使い続けた結果エネルギーから方向概念が消えてしまった誤りに迷い込んでいるのにそれに気が付かないノーベル賞委員会に支えられた誤謬の正統派現代物理学に敢然と立ち向かい批判し尽した我々ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派とドクター佐野千遥は、忘れ去られてきたニュートンの動的作用反作用の法則の持つ鏡の像の概念から正にそのエネルギーの方向性に基づいて鏡の位置に有る座標系に相対峙する捻れ磁場が負のエネルギーと負の質量を創り出し、時間を止め、質量をコントロールできる事を実験で発見し、またその理論の体系化に成功した。

    上述の技術はこの新厳密科学の発見と創造に基づいている。

    現在時間を止める事により放射性物質の崩壊を止める理学実験に成功したという段階で、常温核融合まで出来るか否か、つまり放射性物質を非放射性物質に変えてしまう事まで出来るか否かは、これからの実験に掛かっている。崩壊を止める技術の製品化実験実現が先ず当面の緊急な課題となるが、崩壊を止め続けるには電流を流し続けなければならない。常温核融合まで出来れば、つまり放射性物質を非放射性物質に変えてしまう所まで実現できれば、電流を長し続ける必要がなくなる。

    我々の「放射性物質の崩壊を完全停止させる」装置とは福島原発内で事故時に飛び散ってあたりに付着している放射性物質や、事故時に放射性物質が発した中性子を浴びた結果現在放射能を発している物体や装置のいずれをも、放射能を発さないようにする事ができるだけでなく、原発外で検出され続けている放射能の発生源全般にも
    効果を持つ装置です。

    フリーエージェント大学:ロシアの有名人・ドクター佐野千遥


    5月5日フリーエネルギーへと意識の光を向けるとき

    2012/05/05 10:48 ジャンル: Category:エネルギー
    TB(0) | CM(2) Edit



    かつてアンドレブルトンが、シュールリアリズム宣言の中で言っていたことを思い出す

    何処からどう見てもあらゆるものが一致する点、それは時空を超える感覚であり、

    ユングはそれをシンクロニシティと呼んだ。

    そして今、井出博士が語る、フリーエネルギー理論の完成と共に

    40年間の全てが集約された瞬間の話の中に通じている。

    そして

    5月5日、今夜最後の稼働原発、とまりがとまる。

    そしてもう2度と原発は動くことはない。

    放射能まみれの子供達に誓う

    2012・5・5 人類がフリーエネルギーへと意識の光を向けるとき!










    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。