ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    Hard Times Are Over

    2016/11/12 19:37 ジャンル: Category:ウィングメーカー
    TB(0) | CM(0) Edit



    "自由の鍵"
    ウィングメーカーが運ぶ文明と現実

    サラ:
    「フィフティーンについて教えてください。彼はどのような人物ですか?」

    ネルダ博士:
    「フィフティーンは比類ない知能と知識の天才です。

    彼は1963年の発端時からラビリンスグループのリーダーでした。

    1956年にACIOに加入したとき、彼はまだ22歳でした。

    私は彼が学会で有名になる前に見いだされたと思います。

    彼はタイムとラベルを可能にする
    十分なパワーを持ったコンピュータを作ろうとした変わり者の天才でした。

    あなたは1950年代半ばにそのような目標が
    どのように教授に聞こえるか想像できますか?

    言うまでもなく、まともに受けとめられず、
    理論的な定義に沿ってまともな研究を行なうように言われました。

    フィフティーンはベル研究所との提携を通してACIOに来ました。

    どういうわけかベル研究所は彼の天才的才能を聞き知って彼を雇いました。

    しかし彼は彼らの研究計画を速く終わらせ、
    タイムトラベルの彼のビジョンを専念することを望みました。」

    サラ:
    「彼はなぜタイムトラベルにそれほど興味を持っていたのでしょう?」

    ネルダ博士:
    「誰もまったく分かりません。

    そして彼の理由は時が経つに連れ変わっていったのかもしれません。

    認められた目的はブランクスレートテクノロジー(BST)を開発することでした。

    BSTはある形式の介入点と呼ばれるものによって
    歴史の書き換えを可能にするタイムトラベルです。

    介入点とはソ連の分裂やNASAの宇宙計画のような
    主要な出来事を引き起こす原因となるエネルギーの中心点です。

    BST は最も進歩したテクノロジーで、BSTを所有している者は誰もが確実に、

    どんな攻撃者からでも自身を守ることができます。

    "自由の鍵"それはフィフティーンが好んで使った言葉です。






    ネルダ博士:
    「ACIO は地球の予言を含む多くの古代文献へのアクセスを持っています。

    これらは秘密組織のネットワークを通してこれまでの数百年にわたり蓄積されました。

    これらの古代文献は学術団体、メディア、世間で知られません

    それらは21世紀の描写で非常に説得力があります。

    フィフティーンがACIO局長になってすぐにこれらの文献に気付きました。

    そしてこの知識はただBSTを開発したいという彼の願望をたきつけただけでした。」

    サラ:
    「これらの予言とは何ですか?誰が作ったのでしょうか?」

    ネルダ博士:
    「予言の大部分は、不明か匿名のいろいろな人々によってされました。

    もし私があなたに彼らの名前を言ってもあなたは知らないと思います。


    いいですか、タイムトラベルは精神力によって

    観察の水準なら達成されることができます。

    すなわち、特定の個人が我々が縦の時間と呼ぶ領域を移動して
    とても明瞭に未来の事象を見ることができます。

    しかし彼らは事象を変えることはできません。


    同じく我々の考えでは、ウィングメーカーと接触して
    未来についてのメッセージを受け取っている個人がいます。

    そしてそれを彼らは絵文字あるいは
    シュメール語、マヤ語、チャコブサンのような消滅した言語で記録していました。

    彼らがしたメッセージあるいは予言が
    21世紀の早い時期、
    西暦2011年の頃に起こるだろう、




    いくつかの一貫した要素あるいは主題を持っていました。

    これらの間の最高責任者はエイリアンによって、
    国際連合を含めて、世界の主要な政府への潜入でした。

    このエイリアンは人類に融け込むことが可能な
    非常に精巧な技術を持つ捕食型種族でした。

    すなわち、彼らは地求人になりすますことができました。

    しかしそれらは本当に人とアンドロイドの混合で
    言い換えればそれらは合成体でした。



    このエイリアンは世界政府を設立して、
    その執行権で支配すると予言されました。

    それは究極の人類の生き残りをかけた運命でした。

    これらの文献はあまりにも大衆を恐れさせ、

    多分破滅的な報復と大量の狂気をもたらす結果になるであろうことから
    大衆から隠されました」

    サラ:
    「私はあなたが何を言っていると思うか分かりますか?

    無名の神からの予言者は
    ロボットの種族によって
    我々の未来が乗っ取られるビジョンを見たということ?




    私はあなたの言うことが本当なら、そのことが信じ難く聞こえます。」

    ネルダ博士:
    「ええ、それが信じられないように聞こえることは分かります。

    しかし宗教上の文献にまさしくこの同じ予言の希釈されたバージョンがあります。

    エイリアンが反逆天使のかたちで象徴されるかのように
    反キリストとして描写されるのです。

    この形の予言はこれらの文献の監視役にとって受け入れられました。

    そして彼らは予言が広まることを可能にしました。
    しかしエイリアンの見解部分は削除されました。」

    ネルダインタビュー:インタビュー1より抜粋
    http://seiju.nusutto.jp/page125.htm


    2016年10月24日
    フェースブックのザッカーバーグ氏が
    ヒラリーを応援するのを止めました。!


    11月5日
    米大統領選挙で不正選挙がないか監視するようグシファー2.0が呼びかける




    トランプの勝因は投票所職員のクーデター







    スポンサーサイト

    ウィングメーカーはネアンデルタール人かも

    2016/11/07 14:26 ジャンル: Category:ウィングメーカー
    TB(0) | CM(0) Edit






    ウィングメーカーのアニムスと触媒としての単語とシンボル


    ウィングメーカーの正体は、私たちの「はじまり」である祖先で、
    かつ「タイムライン」を自由自在に移動出来る「未来の人類」ということになる
    ・・・・・・・・・・(やっぱ選ばれたネアンデルタール人?)

    アニムスとは
    「女性の無意識に潜む男性的なモノ」で古典的な心理学用語ですが、
    その点についてネルダ博士はこう述べています。

    サラ:「私は今朝「アニムス」という単語を辞書で調べました。
    それは実在する単語でした。

    地球への最も最近の訪問がおよそ3億年前であった種族が
    どのようにウエブスターの辞書の項目に載っているのですか?」

    ネルダ博士
    「それらの名前はウィングメーカーによって知られています。
    彼らはそれらの翻訳指標でも同じ単語を使いました。
    ウィングメーカーによって我々の言語の中に
    故意に蒔かれたある程度の言葉があります。」

    サラ
    「それではウィングメーカーが実際に
    我々の辞書に単語を置いたと言うのですか?」

    ネルダ博士
    「いいえ。ウィングメーカーが文化の運人であったと
    前に言った事を思い出してください。」

    サラ
    「はい。」

    ネルダ博士
    「彼らは我々の遺伝構成の中に
    言語、数学、音楽などの発見をコード化しました。
    我々が進化するように、我々の種のある特定の先駆者が
    我々の残りの前にそれらのDNAの一部を活性化します。
    これらの先駆者はこの符号化情報を検索して、
    そして種とそれを共有することが可能です。
    次の世代にこの洞察は伝えられます。
    そしてとても早く全ての種はこの新しい情報あるいは技能を取り囲みます。」

    サラ
    「それではあなたは本当にアニムスという単語が
    我々の言語感覚の中にコード化され、
    そして誰かがこのエイリアンの合成体の種族の名前であったことを知らずに
    単語を思いついたというのですか。」

    ネルダ博士
    「ええ、そんな感じです。」
    http://seiju.nusutto.jp/page126.htm
    つまり、アニムスという言葉は、
    もともとはウィングメーカー用語で、
    ソレをユングがキャッチして使ったというわけで、
    霊感アリアリのユングですので十分あり得る話です。

    アニマ(女性)性とアニムス(男性)性の融合






    ウィングメーカーの予言・今・運命のシフト

    2013/03/01 12:51 ジャンル: Category:ウィングメーカー
    TB(0) | CM(0) Edit




    ウィングメーカーファウンデーション·ジャパン

    http://wingmakers.jimdo.com/

    皆さんの多くが古代の予言の中で読んできたように、
    地球と人類は、2012年のタイムフレームで起こると
    予想されている意識の移行を経験しようとしています。
    この惑星のシフトは、もっと大きな銀河のシフトの計画の
    一部であり、そしてさらにそれは、
    多次元の時空を交差するもっと大きな宇宙的シフトの一部です。
    このシフトは、ハートとマインドの同調シンクロが
    最大限に明晰な状態下にあるときに思い描くような、
    とてもスケールの大きなものです。

    運命のシフト

    シフトを促進する状態を創出する役割を
    果たしているフォースが惑星に働いています。

    これから先、特に七年から九年にかけて、
    人類には悲惨な時期が待っています。
    【この論文は2005年にリリースされました】

    これは高い次元が大衆の意識の中に現れてくることの
    結果であり、政治や商業、宗教のような階層的なシステムと
    文化的機能を変容させます。

    この惑星のキー・システムの再グリッド化─つまり変容は、
    人類の重要な発見が成される前に起こらなくてはなりません。

    この重要な発見には、ハートを主題とする
    相互結合されたある種の超自然的な知性の
    再配置が含まれています。

    これは今世紀の最後の四半世紀にやってくる、
    人間の魂および広大なマルチバースと魂との
    結合の反駁不能の科学的発見の前兆です。

    次の七年で起こることになっている変化は、
    人類が崩壊せずに飛躍するための重要なハードルです。

    それには、私たちのすべてがハートの奥底にある
    周波数を選びとり、内なる静寂と信頼を表現し、
    それを世界と共有することが求められます。

    これについては、後でもっと詳しく説明するつもりです。
    皆さんは、アニムスがルシファー、
    つまり悪の化身の神話的表現の一部であることを
    知っていると思います。
    アニムスは、地球とその住民をコントロールすることに
    熱中している組織と連動して活動します。
    彼らはETとは限りません。
    私たちの中に、地球人の中にいるのです。
    この発言を前に誰もが困惑すると思いますが、
    アニムスがこのシフトの中で
    「ある役割」を果たすということを私は断言します。
    (私は「アニムス」という名前で彼らを言及しますが、
    これは一貫性を保つためだけのことです)
    彼らの存在なくしては、惑星の歴史に与えられし
    この時にシフトは起こらないでしょう。
    善と悪の基準では、彼らは悪です。
    なぜなら、彼らはマインドの優位性を信じており、
    その能力によって大衆をコントロールし、
    惑星のリソースを搾取することによって
    自分たちの利益を生むように社会的、経済的効果を
    巧みに操るからです。
    彼らが理解していないことは、

    人類や地球外知性までもが敵かなわない、
    より高次のパワーが存在していることです。

    知識の程度やどれほど進化しているのかは関係がありません。
    人類や地球外知性は、集合的レベルで組織化し、
    活動を行っています。

    この時代にやって来て、そのエリート集団に
    バランスをもたらす、たったひとりのメシアも預言者も、
    救世主も存在しません。

    私たちの時代においては、メシアは宇宙存在と宇宙人、
    そして人類のフォースが渾然一体となったものです。

    利害関係が相当重要であり、
    マクロ環境があまりにも複雑過ぎて、
    また歴史が混乱を極めているために、
    ひとりの人間が名乗り出て、
    前に横たわるハードルを人類が飛び越えるのを助けるのは
    不可能なのです。

    今回は、統合されたチームによって
    それは成されるでしょう。

    このチームが、惑星の意識とその前に待ち受ける
    次元シフトのコースの舵を取ることになります。

    チームは、選ばれたエリートたちのマインドとは独立し、
    ハートの法則と調和して活動するでしょう。
    このことについて述べている『リミナル・コスモロジー』の
    一節があります。


    知性の鍵を用いて
    アニムスが地球という屋敷に入ったと信じたとき、
    光の種族が裏口から入ってくるだろう。
    その通路は封印されているが、
    知性では開錠することができない周波数をもって
    窓から入ってくるのだ。
    アニムスは、勝利を得ようと苦闘するが、
    病めるハートの彼らは
    自分たちにあてがわれた低地へと引き寄せられ、
    片や地球という屋敷は、
    人間の魂が立つことができる
    穏やかな草原の中へと上昇する



    寓話的な響きをもって、
    この一節は何が起こるかを適切に描写しています。
    「勝利への苦闘」は、多くの人々にとって嫌なことでしょう。
    そして、それに伴うストレスが、
    バランスの喪失や、爬虫類脳、
    つまり原始脳のサバイバル・センターとは別に機能している
    ハートや高次マインドからの乖離の大きな原因となるのです。
    あなた方の一人ひとりが、自分のハートのエネルギーを
    大いなる神へと捧げることができるのは、
    まさにこの時─人類が跳躍を遂げるときなのです。


    ***********************


    ポテンシア・フィールド 
    スピリット・モデルによる量子世界の新たなる解釈
    [Kindle版]



    内容紹介

    「スピリット」という概念から見た量子世界の新たなる解釈

    ウイングメーカー壁画解析シリーズでお馴染みの
    クリストファー・ロック博士による
    量子世界への哲学的アプローチ。

    コペンハーゲン解釈の一種のアンチテーゼとして提唱され、
    現在ではSFの主題としても人気を博している
    エヴァレットの「多世界解釈」に関して、
    「スピリット」という概念を主軸に論じられます。

    本書は、多世界解釈と同じく哲学的なものですが、
    時間や宇宙の謎について読者の皆さんの心に
    波紋を投げかけるでしょう。

    ***

    受信に意識を向けるとは、
    受信*ロード・エマニュエル

    ウイングメーカーとは・・・

    2012/10/15 12:23 ジャンル: Category:ウィングメーカー
    TB(0) | CM(0) Edit



    ウイングメーカーとは、

    宇宙における遺伝子の創造者であり、

    すべての銀河の生命を生み出した
    伝説上の宇宙最古の種族
    「セントラルレイス」の一派の名である。

    それと同時に、ウイングメーカーとは
    人類の未来を表す存在だ。

    彼らは時間の外側に歩み出る能力を持つが故に、
    「時」を再創造することが可能である。

    人類は、遥か遠い未来に自らの起源へと還り、
    融合を果たしたのだ。

    「はじまり」と「おわり」の融合。

    250px-Serpiente_alquimica.jpg
    http://en.wikipedia.org/wiki/Ouroboros

    自らの尾を飲み込むヘビ「ウロボロス」が、
    ウイングメーカーの象徴である。



    ウイングメーカー・サプリメント vol.09



    宇宙のしくみを使いこなす超ノウハウ ウイングメーカー[リリカス対話篇](超☆きらきら)宇宙のしくみを使いこなす超ノウハウ ウイングメーカー[リリカス対話篇](超☆きらきら)
    (2012/06/06)
    WingMakersLLC

    商品詳細を見る

    宇宙の全種族に科学・芸術・哲学を転送する文化の伝播者ウイングメーカー。
    その中で最も謎めいた教師集団「リリカス」から贈られた人類進化への超次元メッセージ!

    NSA(アメリカ国家安全保障局)の秘密部門ACIOは、
    謎の古代遺跡から「光ディスク」を回収。
    そこには西暦28世紀のタイムトラベラーによる"人類への未来情報"が隠されていた!
    今まさに我々は、ウイングメーカーとの本格的アクセスの瞬間を迎えたのだ――。
    宇宙はあなたの「願い」ではなく「指示」「命令」によって反応する
    ――宇宙との共同創造に必要なすべてを開示する老師と弟子の対話。
    ファーストソース、ホールネス・ナビゲーター、ヒューマン・インストゥルメント、ファントム・コア、ソウル・キャリアー、グランド・マルチバース、ジェネティック・マインド、インターフェイス・ゾーン、DNAネットワーク、グランドポータル、エナジェティック・ハート――これらが宇宙の仕組みの本質へとあなたを導く、新たなる叡知のための探索ツールだ!
    Amazon

    ウィングメーカー・特別対談*shima and Lyrica<アニムス>

    2012/10/05 09:46 ジャンル: Category:ウィングメーカー
    TB(0) | CM(0) Edit




    アニムス

    ウイングメーカー・サプリメント vol.09

    特別対談*shima and Lyrica*より抜粋

    shima:
    WM神話の中では、アニムスとは
    「魂を持たないアンドロイドのET」のことですが、
    これは人間の中に存在する心理的な要素を
    コード化したものであると思われます。
    クリス・ロック博士が、インタビューの中で
    「ジェームズが‘Animus’という心理学のターミノロジーを
    選択したのは、それが人間の
    心理的な要素に関係するものであるからだ」と
    看破していましたが、まさにその通りなのです。

    その心理的要素とは、具体的に言えば、アストラル・レベル、
    つまり人間の感情的要素に関係するものです。
    これには、異次元存在のアヌンナキの干渉も含まれており、
    かなり複雑な主題であるため、この対話の中では、
    あまり深い部分までは話さないつもりです。
    『The Dohrman Prophecy』をお読みになれば、
    新たな洞察を得ることができるでしょう。

    Lyrica:
    「アニムス」と聞くと、多くの人が
    ユング心理学のアニムスを連想すると思うのですが、
    この言葉を使うことによって、ユングに関心のある人たちを
    WMに引き寄せたり、また逆に、WMに興味を持った人たちの
    意識をユング心理学に向けさせたりするという効果もあると
    思うのですよ。
    「アニムスって何だろう?」と調べれば、
    すぐにユングにぶつかりますから。
    ジェームズがそういったことを意図していたかどうかは、
    彼にしか分からないことですが・・・

    そのユング派の分析家であり占星術家でもある
    イギリスのリズ・グリーンという女性が、
    こんなことを言っていたのを思い出しました。

    「神話は、自分で自分を導くための心理学の源流だといえます。」と・・・

    ユングは、神話を心理学的に研究していたりもしましたよね。
    そういう分野のことを「神話心理学」と
    言ったりするのだそうです。
    リズ・グリーンは、「心理占星学」という占星術の
    新たなスタイルのパイオニアでもあるのですが、
    彼女のような心理学的な視点でこのWMの物語を眺めてみても、
    また面白いものが見えてきたりすると思うのです。
    そこから見えるものは、人類の「集合無意識」の中に
    潜む物語です。
    また、物語を自分自身の心や体験と照らし合わせながら
    読むことにより、読む人それぞれに、
    その解釈の幅も広がります。
    そういったことこそ神話的、そして多次元的だと思いますし、
    それぞれの解釈に「多様性」が生まれること自体が、
    ジェームズの狙いのひとつであったのでは?
    なんて思ったりもするのです。

    ただこういったことは、WM 神話に限らず、
    すべての神話に当てはまることかもしれません。
    このWM 神話がほかの神話と何が違うのかと言えば、
    それは「現代の神話」だということですよね。
    そのあたりについて、少しお話していただけますか?

    shima:
    とても良いご指摘ですね。
    『The Dohrman Prophecy』のイントロダクションにおいて、
    ジェームズは「物語の中の各登場人物は、私たちの一部です」
    と書いてありましたね。
    私は「WMの研究とは、WMの哲学を生きることである」と
    常々提唱してきました。
    この探求のアプローチは、物語の中の登場人物に
    自らを投影することによって更に深まります。
    いえ、むしろ「ここ」がポイントなのです。
    ジェームズは、「分析する前に楽しみなさい」
    と言っていますが、これは別の言い方をすれば、
    「マインドで考えるよりも、ハートで感じなさい」
    ということですね。
    そして、それが成されたとき、WMが導く
    イベントストリングスは壮大なものです。

    魂の最も奥のコアが震えるような体験があなたを待っています。

    私は、この場をお借りして、ウイングメーカー・マテリアルに
    秘められた或る秘密を皆さんと共有したいと思います。

    それは、WMのコード化情報とは、
    WMMにマインドとハートの双方から共鳴したときのみ、
    解き明かされ、意味を持つということです。

    それを実践する上のカギのひとつは、WMの神話を
    「自分自身の物語として、その神話を生きる」
    ことにあります。

    この言葉の意味が真に理解されるのには、
    きっと長い時間がかかるでしょう。
    しかし、それが達成されたとき、WMMがあたかも
    「自分という特定の個人に向けられた神話」であるかのような
    不思議な感覚が訪れるでしょう・・・

    あなたがもし、誰かと親しくなりたかったら、
    まず自分の心を相手に開かなくてはなりません。
    あなたを疑っている人と、
    あなたは仲良くしたいと思うでしょうか?
    ウイングメーカーに対しても、まったく同じなのです。
    マテリアルを、彼らを信頼してください。
    神話を生きることによって、
    なぜ、意識の進化が始まるのでしょうか?
    そのメカニズムは完全には分かりませんが、
    仮説を申し上げるとすれば、
    マテリアルと一体化することによって、
    その周波数とシンクロ・同調し、その結果として、
    WM神話に関係する経験が引き寄せられるのかもしれません。





    ウイングメーカー (VOICE新書013)ウイングメーカー (VOICE新書013)
    (2012/02/24)
    WingMakersLLC

    商品詳細を見る



    ウイングメーカー3 (VOICE新書015)ウイングメーカー3 (VOICE新書015)
    (2012/03/23)
    WingMakersLLC

    商品詳細を見る



    ウイングメーカー2 (VOICE新書014)ウイングメーカー2 (VOICE新書014)
    (2012/03/23)
    WingMakersLLC

    商品詳細を見る

    ウィングメーカー・特別対談*shima and Lyrica

    2012/10/04 21:28 ジャンル: Category:ウィングメーカー
    TB(0) | CM(0) Edit





    Shima and Lyrica 特別対談

    これは、2012 年7 月に東京の某所で行われた
    プロジェクト・ミーティングの際に交わされた
    対話の記録です。
    読者の皆さんを代表し、
    ウイングメーカー・シリーズの翻訳者である
    shima さんに、気の向くまま、率直な質問を投げかける機会を
    設けさせていただきました。
    ウイングメーカーの世界は好き、
    でも分からないことがたくさんある、
    と感じていらっしゃる多くの読者の方々の、
    その理解を深める助けとなるように、
    この対話が少しでもお役に立てれば、嬉しく思います。
    2012 年8 月 Lyrica Iris


    ウイングメーカーの情報について、
    おそらく読者が最初に一番気になることは、「これは本
    当の話なのか?」ということだと思います。


    まず、私が読者の皆さんに理解して頂きたいこととは、
    「ウイングメーカーとは、真実の情報を伝えるための
    神話的表現である」ということです。

    Lyrica:そうですね。
    それはジェームズも、何度も言っていましたよね。
    ただ、私もそうだったのですが、
    「神話的表現である」ということ自体が
    一体どういう意味なのか・・・それを理解することが、
    最初はすごく困難だと思います。
    ここでよく解らなくなってしまうことも多いと思うのですが、
    このあたりについて、shima さんはどう思われますか?

    shima:「WMとは現代の神話である」と言われると、
    「神話=フィクション」と思われがちですが、
    この「神話」という単語が意味するものは、
    実に微細なニュアンスを持っています。
    これまでも、様々なシーンで
    「WMとは何か?」というテーマについて論じてきましたが、
    新たな読者の皆さんのために、
    ここでもこのテーマについて触れたいと思います。

    最初に、「神話」という表現について、
    ジェームズがQ&Aセッションの中で
    このように発言していることが印象的です。

    私は良心から、マテリアルのすべてが事実ではないことを
    伝えなくてはならないというたった一つの理由で、
    それを神話と呼んでいるのです。

    「James Q&A Session 3」

    ここで、ジェームズが声明しているように、
    ウイングメーカーとは完全なノンフィクションではありません。
    しかし、それは事実に基づいたフィクションなのです。

    次に、「何故、マテリアルは事実ではない情報によって
    ‘改竄’されているのか」という質問が生まれるでしょう。

    この問いに対し、ジェームズはこう答えています。

    Q:どうして、アンダーソン博士からネルダ博士に
    ストーリーラインが変えられたのでしょうか?
    また、なぜ物語の中の時事系列も変えられたのですか?

    A:エンシェント・アローの物語の市場における
    不正な横領を監視するために物語は修正されました。
    あなたがご質問の中で述べた以上に
    もっと微妙な変更があります。
    最初に公開されて以来、コード化された主要な内容は
    何一つ変更されていません。

    「James Q&A Session 3」

    「神話」という単語については、
    クリス・ロック博士のこの説明が秀逸です。

    他の神話と同じように、ウイングメーカーとは
    「真実をヴェールに覆って伝えるために創作された物語」であり、
    事実とフィクションの両方が含まれています。

    モイヤーズは、『The Power of Myth』の中で
    「神話とは目に見える世界の背後に横たわっているものの
    比喩(メタファー)である」というジョーゼフ・キャンベルの
    言葉を引用しています。
    単純な定義を拒む、神話に対する秀逸な説明が
    『Mythologies』の中にあります。
    エリアーデは「神話の定義について」のところで、
    このように書いています。
    「すべての神話は、どのようにして何か
    ─世界、人間、動物、社会など─が生まれたかを説明している」
    神話とは、「絶対的な真実であり神聖なもの」
    と見なされています。
    神話は、ある種の宇宙論的神話を伴って始まる、
    聖なる「根源的な歴史」を常に備えています。
    ウイングメーカーの宇宙論的神話は、
    それらすべての要素を含んでいます。

    Chamber 6 Paper


    ウイングメーカーウイングメーカー
    (2005/03/01)
    WingMakers LLC、大野 百合子 他

    商品詳細を見る


    ウィングメーカー☆光ディスクに収められていた音楽

    2012/02/03 00:01 ジャンル: Category:ウィングメーカー
    TB(0) | CM(3) Edit








    時を飛ぶ翼を人類はやがて手にする。
    未来の地球人が
    過去へ残した現代人へのメッセージ。




    宇宙学者は、宇宙の構造、その年齢、形、
    大きさ、そして成分を議論している。
    彼らは、安定した法則によって
    宇宙は理解可能なものであると信じて、
    恐らくはそう願って、公式や理論を用いている。
    しかし、宇宙はそのようなものではない。
    宇宙論の決定的な欠陥の一つは、
    宇宙を複数として見なしていないことにある。
    その複数性故に、
    宇宙は予測や分析を受け付けないダイナミックさを持っている。
    宇宙に適応することができる数学的な公式など存在しない。
    宇宙は有機的で、巨大なものであり、絶えず変化している。
    それは、ある意味で人間と同じようなものだ。

    ─Chamber 6 Philosophy

    クリス・ロック氏(shimaさん訳)





    タイムカプセル遺跡の最後の部屋である
    第23室から発見された光ディスクには、
    科学論文、哲学論文、詩、ヴィジュアルアート、
    そして音楽データなどが収録されていました。
    この音楽データは、
    デジタル化された音楽的表記法、
    つまり楽譜の形で光ディスクに収められていたのです。
    光ディスクは、
    さらに各パートを演奏する上で
    参考となる楽器のサンプル・データも収録。
    驚くべきことにそのサンプル・データには
    ヴォーカルのデータすら含まれていました。
    デジタル楽譜と、そのサンプル・データをもとに、
    現代のMIDI規格に置き換えて演奏したものが、
    ウイングメーカーの音楽なのです。




    さまざまなバックグラウンドをもった音のファクターが多重に組み合わさっています。まるで映像を見るように、音があなたのイメージをさまざまな場所に連れて行ってくれるでしょう。ご提案したいのは、「ヘッドホンで聴く」ことです。外のノイズに邪魔されずに、ウイングメーカーの多重な空間に、より自由に遊べるようになると思います。イメージの広がりをお楽しみください。

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中