ケメのヒーリングスペース

    0磁場分杭峠~安曇野を起点に、スピリチュアルシンクロヒーリングな日常を綴ってます。

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
    TB(-) | CM(-)Edit

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    エリア51は宇宙政府の基地だった!鈴木医学博士---NASA医務官の公務証言

    2016/10/26 14:25 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit





    Suzuki Ryusei
    USS/ UFO University 
            

      鈴木 龍成 1960~ 東京大学医学部 医学博士 国立病院長 
    NASA医務官 Area51の軍事施設群等で宇宙人たちと共同研究<1992>したと公務証言。
     現在も親しい宇宙人と交流中です。


     しかし 監視は非常に厳重で 秘密も多く 
    鈴木博士は 体調等も優れないため帰国しました。 

     同博士は そこの施設群で知り合った宇宙人
    <白鳥座の惑星から飛来した>オーソン氏と交流中であると公務証言されました。  


    (NASAの裏面史を学ぶ)

     NASAは 全世界の宇宙情報を一手に管理している宇宙情報機関であり 
    地球人類のほとんどは 真実を知らされていないということを思い知らされました。
     

    この宇宙情報機関は 極秘に約50年間にわたり
    地球外知的宇宙人(ETI)の情報を集積し
    膨大な画像と動画を一般大衆に 絶対に見られまいと
    意図的に厳重に管理していました。
     国民に情報公開したのは 1% にもならず
    鈴木博士は この実態を知った時 大変なショックを受けました。 

     


    ■ 現在 地球に飛来している宇宙人は 約10種類以上いました。


    ① 人間に似たヒューマノイド・タイプ  

    ② 体の小さい小人タイプ

    ③ 人間よりも大きな巨人タイプ

    ④ 野生の野獣のような獣タイプ

    ⑤ 異臭を放つなど その他の多様なタイプ
     

     1947.7/2にニューメキシコ州に墜落したUFOから回収した宇宙人は2体 が焦げており
     顔はボーリング状の玉のような形状をしていました。 

      UFO宇宙船の形状は エイのような形をしていました。
     その他 米国内で回収された無数のUFOやETIの宇宙船や遺体等も見せられました。
      とりわけ 注目したのは Roswell UFO 事件で回収された宇宙人の遺体を
    冷凍保存されたものと 腐敗防止処置されたものを見た時でした。 
    以上の体験をした場所は NASAの特別医療施設群の研究室でした。
      


    ■ 宇宙人の寿命は 1000~2000年であり
    脳の劣化は 見られず 進化するのみであり 
    しかも 前世の記憶は正確に残り さらに 
    死亡するまでの行動がMind(こころ)に残ります。 




    S4は 広大な地下研究施設群からなり いくつもの専門の部署から構成され組織化され
    時々 複雑な配置のため自分がいる位置が 分からなくなることもありましたし
    全米の軍事極秘施設とは 超高速のリニアーカーで連結されており
    表からは一切 内部の実態は 分からないようになっていました。



    1997年の出版です。
    スポンサーサイト

    善いエリアンと悪いエリアン

    2016/10/17 23:57 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit






    偽りの存在であることに気つけ
    多くの痛み、まだ時間はある。
    まだそこに善があることを信じろ
    欺きに抗議する。
    パイプは閉じられようとしている。

    クロップサークル
    エイリアンディスクの解読


    昨年2010年の8月、スティーブ・グレアが出演した
    インターネット・ラジオ、TruthFrequencyでのインタビュー
    http://ettechnology.web.fc2.com/
    善いエリアンと悪いエリアンを語る人がいますが、
    私はちょっと待ってください、
    この地球に飛来出来るような惑星間を飛行できる文明は
    地球をあるいは彼らのお互いの世界を
    宇宙に漂うピンクの蒸気に出来る技術を持っているでしょうと言います。
    惑星間を飛行するような技術、
    光よりも早く飛行するような技術を持つためには、
    意識は進化、開発されていなければならないと思います。
    意識の本質の開発が必要です。
    と言うのは、そこで未熟な意識をもった人々がこの技術を手に入れたら
    自分自身を吹き飛ばすようなことになってしまうからです。
    これが、現在の人類なのです。
    集中した権力を持った集団がいて、
    驚くほどの科学技術を所有し、その技術を使って、
    ET宇宙船を標的にしているのです。
    私はディスクロージャー・プロジェクトのなかで、
    これを実際に目撃した複数の独立した協力者の証言を聞いています。
    これは悲劇的なことです。
    もしETに敵意があるなら、我々は、とうの昔に、
    1947年か1945年頃に焼かれているでしょう。

    ・・・・・・・・・・・・・
    あらゆる種類の恐怖の流布がまかり通っています。
    私の見解では、軍事企業集団は
    人々が何かに脅える事を望んでいるからです。
    最終的には、ウェルナー・フォン・ブラウンが警告したように、
    宇宙からの脅威と言うコスミック・トランプ・カードを手にしたいからです。
    明らかにそのような脅威は存在しないのです。
    我々はそれを知っています。
    しかし、スティーブ・ホーキングでさえも
    ETとコンタクトしない方がよい、
    彼らは地球を植民地化しようとしているかもしれない
    などと愚かな発言をしています。
    これは惑星間を飛行するような文明に対する
    我々自身の機能不全を反映した
    全く悲しい話で、現実に即していません。

    ウィリアム・クーパーの証言

    2016/10/16 14:25 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit



    闇の政府とUFOの全貌公開  
    ウィリアム・クーパー







    ビル・クーパーは真実の告発者か
    ・地球を訪れていたクリル・オリオン星人
    2016/06/19 に公開
    はやしひろし




    「シリウス」日本語「フルバージョン」無料 from JCETI on Vimeo.

    2016/05/27 19:51 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit

    「シリウス」日本語「フルバージョン」 from JCETI on Vimeo.




    2013年4月22日公開されたドキュメンタリー映画
    「シリウス」。
    字幕をアプデートしてある「新国内版」になります。
    日本語公式HP:



    宇宙規模の真実が明らかになる時がきた!

    広大な宇宙の中で地球に住んでいる私たちは、
    決して孤独ではありません。
    なぜなら、光の速度よりも速く異次元間移動をする
    高度な宇宙文明を持つ人々が地球を訪れているからです。
    地球外知的生命体から
    エネルギー推進について学ぶことによって、
    私たちに新しい時代がもたらされます。

    しかし、不当な手段で力を得た権力者たちが、
    私たち人類を抑圧する目的でこの情報を隠蔽しています。
    このドキュメンタリー映画は、
    私たちにその事実の全貌を明らかにしてくれます。
    スティーブン•グリア博士:

    このプレゼンテーションをしている男性こそが、
    かの有名なスティーブン・M・グリア博士。
    グリア博士はディスクロージャー・プロジェクト、
    地球外生命体研究センター(CSETI)、
    およびオリオンプロジェクトの創設者です。
    UFOの情報公開(ディスクロージャー)活動の父として、
    2001年5月ナショナルプレスクラブにて
    画期的なディスクロージャーイベントを主宰。
    そこで軍、政府、諜報機関および民間企業から集まった
    20人以上の目撃者が、
    地球を訪れている地球外知的生命体の存在や
    その宇宙船のエネルギーおよび推進装置に関する
    逆行分析(リバース・エンジニアリング)について
    説得力のある証言を行いました。
    グリア博士のこれまでの活動、
    そして彼の思いが、
    この映画「シリウス」の中に込められています。

    JCETI(日本地球外知的生命体センター)は
    ETI(地球外知的生命体)についての
    正しい理解を広めるために 
    CE-5コンタクト(第五種接近遭遇活動)、
    UFOディスクロジャー(機密情報公開)などの
    ワークショップを行い、活動している機関です。

    ETIは長い時間をかけて我々地球人に
    自分達の存在を訴えています。
    人々の意識は変容し、
    これまで一般社会に受け止められていなかった
    「UFO」「ETI」という存在が現実であるという事実が
    広まりつつあります。
    JCETIではETIの声を受け取り、
    反応して行動を起こすことが、
    未来への大きな布石であると考えています。





    First Contact In Days And Weeks To Come!!

    2016/02/21 23:01 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit






    First Contact In Days And Weeks To Come!!
    ファーストコンタクトは数日から数週間のうちに!
    Galactic Beings Hovering Above Earth In Ships,
    銀河の人々は上空のシップでホバリングしていて、
    Say Creator And Humans Have Given Green Light,
    創造主の言により、人々は会合と支援の為に
    For Surface Contact,
    地上コンタクト用グリーンライトを貰うと
    Meetings And Assistance, Says St. Germain
    セントジャーメインは言う
    Friday, February 19, 2016

    BEFORE IT'S NEWS






    CIAが「エリア51」の存在認める

    2013/08/17 13:30 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit

    2011年の米公式見解では
    宇宙人が地球に接触してきたことはない
    と断言していたが、今年に入り、
    スティーブン・グリア氏の映画シリウスが公開され
    シチズンヒアリングディスクロージャーも
    行われ、今日まで脅され、命を狙われて来た
    秘密解除に積極的なNASAや空軍の大物達が、
    いよいよその立場を逆転させつつあるというか、
    イダキマイラセつつあるというかの気配が
    伝わってくるようだ。

    銀河連邦からのチャネリング情報もいよいよ
    急激な変化に準備せよ、というような、
    着陸、接触をほのめかすメッセージが多くなっている。
    そして、その存在に気づいている人が多くいる
    とのメッセージも・・・・

    **************

    CIAが「エリア51」の存在認める、宇宙人には言及せず
    2013.08.16 Fri posted at 11:48 JST

    (CNN) 米中央情報局(CIA)が
    このほど公開した資料で、宇宙人説や米政府陰謀説に絡めて
    長年話題を振りまいてきた軍事基地「エリア51」の存在を
    初めて公式に認めた。
    ネバダ州内の所在地を記した地図も併せて公表している。
    この資料は米研究者が2005年に行った
    情報公開請求に基づいて公開された。

    それによると、エリア51は米政府が実施していた
    航空監視活動の実験場だったとされる。

    このうち「U-2」と呼ばれる活動では、
    冷戦時代に旧ソ連を含む世界各地を監視していたという。
    場所はラスベガスから約200キロ北西にある。
    エリア51を巡っては、
    米政府が宇宙人に関する秘密を隠しているとの説が
    長年にわたって展開されてきた。
    20世紀半ばごろには
    ネバダ州の砂漠に未確認飛行物体(UFO)が出現した
    との情報も相次いで浮上している。

    しかし今回の資料には、
    宇宙人や宇宙船についての記載はなかった。

    情報公開を請求した研究者によれば、
    今回公表された資料は、
    これまでに比べて手を加えられた部分が少ないという。

    その理由についての説明はなかったが、

    これは米政府がエリア51に関する情報を
    積極的に公開する姿勢に転じたことを
    示すものかもしれないと指摘している。

    もっとも同氏によれば、エリア51の所在地については
    これまでにも航空監視の専門書やマニア向けの書籍などで
    広く紹介されてきた。
    実際、CIAの地図に記された場所は、
    米グーグルの地図検索サービスで「エリア51」と検索して
    表示される場所と一致している。


    デンバー上空にUFO? 謎の飛行物体出現
    2012.11.16 Fri posted at 11:53 JST


    ケンタッキー州の上空に謎の巨大物体?
    2012.10.27 Sat posted at 15:09 JST




    空飛ぶ円盤の存在記したFBI資料に注目、
    ロズウェルとの関係は?

    2013.03.29 Fri posted at 13:47 JST

    ufo-fbi.jpg

    CNN・ 空飛ぶ円盤3機が米ニューメキシコ州で回収された。
    過去のそんな証言を記した米連邦捜査局(FBI)の資料が
    ネットで注目を浴び、これまでに100万人以上が閲覧している。
    FBIはこのほど、「ロズウェル事件」との関連についての
    新たな注釈を付け加えた。
    注目の的になったのは、

    ワシントンの特別捜査官ガイ・ホッテル氏が
    1950年に記した「空飛ぶ円盤」という見出しの資料。

    「空軍の調査官の話では、いわゆる空飛ぶ円盤3機が
    ニューメキシコで回収された。
    形は円形で中央が盛り上がり、
    直径約50フィート(約15メートル)。
    それぞれに、人間の形をしていながら身長が3フィート
    (約90センチ)しかない3体が乗っていた」と記されている。
    この3体についてはさらに、
    「非常に滑らかな金属の衣類を身に着け、
    それぞれテストパイロットが使う耐Gスーツのようなものを
    巻いていた」との描写がある。

    円盤がニューメキシコで見つかった理由については
    「政府はこの地域に極めて高性能のレーダーを配備していた」
    「このレーダーが円盤の制御メカニズムに干渉したと思われる」
    としている。

    FBIはこの件について、それ以上の行動は起こさなかった。
    この資料は1970年代に公開され、
    2011年にはネットに掲載されてメディアも注目。
    英大衆紙のサンは、ニューメキシコ州のロズウェルに
    宇宙人が着陸していたことが裏付けられたと報じた。
    しかしFBIは書き加えた注釈の中で、
    この資料の日付について、
    ロズウェルに宇宙人が着陸したとされる年の
    3年後の日付だと指摘、
    「この2つを関連付ける理由はない」とした。

    FBIが公開した資料のうち「説明できない現象」の項には、
    このほかにも未確認飛行物体や宇宙船の破片、
    宇宙人の着陸などを目撃したという記録が
    数百ページにわたって記されている。


    極東での何かを察知したロシア軍の軍事演習始まる!

    2013/07/17 20:27 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit

    もうこれ以上、お前らの好きにはさせないぞ!
    そんなプーチンの気迫が伝わって来るような情報です。
    きっとスノーデンから超レアな情報を掴んだのかもね。
    日本、超ヤバい状況なのかも・・・

    ニュースの真相

    不正選挙とロシア軍の極東軍事演習Add Starrebel00
    ロシア, 極東
    7月13日から、ロシア軍が極東で大規模な軍事演習を開始したそうです。

    ソ連崩壊後最大の極東軍事演習=サハリン上陸作戦も―ロシア軍
    【モスクワ時事】中国国境や太平洋を管轄するロシア軍の東部軍管区(司令部ハバロフスク)は13日から、極東でソ連崩壊後最大となる16万人規模の陸海空の緊急軍事演習を行っている。サハリン(樺太)への上陸作戦、オホーツク海での対潜水艦作戦などの訓練を実施。日本の防衛省も、宗谷海峡や北方領土でロシア軍の艦艇や航空機の動きを把握している。
    軍事演習は、最高司令官のプーチン大統領が12日、ショイグ国防相に緊急点検として「抜き打ち」で命じた。期間は20日までで、プーチン氏自身も16日にサハリンの演習場を視察する。
    発表によると、東部軍管区全体で戦車や装甲車など1000両、艦艇70隻、戦闘機や爆撃機を含む航空機・ヘリコプター130機が参加。「ソ連崩壊後で最大規模の緊急点検」(国営ロシア通信)とされている。
    日本列島周辺では、5~12日に日本海で中国海軍と合同演習を終えたばかりの太平洋艦隊が、宗谷海峡を通過してオホーツク海に入った。ミサイル巡洋艦、大型対潜艦、大型揚陸艦、駆逐艦が参加して14日に対潜水艦訓練などを開始。サハリン東岸で15~17日、南岸で18、19両日に射撃訓練があるとの航行情報も出た。
    時事通信 7月15日(月)17時33分配信
    http://megalodon.jp/2013-0716-0830-42/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130715-00000054-jij-int


    さてさて、記事の詳細を追って行くと、そもそもこの演習は・・・c86bad1c-s.jpg


    プーチン大統領の抜き打ちの命令だったそうです。

    しかも、訓練の規模はソ連崩壊後最大規模で、
    16日にはプーチン氏自らが演習場を視察し、衆目を集めるようにアピールするそうです。

    さらに見て行くと、演習の期間はナント参院選直前の20日までで、
    14日以降からは、対潜水艦訓練が行われているそうです。

    ここまで読んでくると、なるほどですよね?


    プーチン大統領、どうやら日本に巣食っているユダヤ&朝鮮&同和連合軍の
    パニック醸成&ちゃぶ台返し計画の情報を事前にキャッチ。

    そして、いつものように無言でパトロールしてくれてるって感じでしょうか?

    ▼参院選と不正選挙と人工地震
    http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20130703/1372816869


    ただし、今回はユダ米軍側も、いつものような
    散発的な地震テロや気象テロなどではなく、
    かなり大規模な計画があったようです。

    みなさーん、ユダヤ米軍が千葉県沖で、
    地震&津波テロのセッティングをしてますよー!



    ロシア軍も、いつものように対潜爆撃機と戦闘機の編隊で、日本を周回し、
    「おい、ユダ公、バレてるぞ!」というアピールするだけでは済まないようです。

    世界中のユダ金が相当な金欠に陥っている情勢の中。

    ユダ公の財布である日本を
    「パニックと不正選挙をからめて、短時間で改憲そして、戦争ビジネスへシフト」
    なーんて強引な計画でもあったのでしょうか?

    そんな事をさせてしまったら、
    せっかく虫の息になっているユダ金ちゃんが息を吹き返してしまいます。

    反ユダ金最右翼のプーチン大統領としては、絶対に阻止したいところですよね?

    もちろん、プーチン大統領としては、ロシアの国益第一で動いている訳です。

    ただし、プーチンさんのスゴイところは、
    そのロシアの国益が、そのまま隣国日本の国益にも繋がり、
    果ては世界の利益に繋がる!

    つまり、問題が起きた時に、世界中の人間が良いようなポイントに、
    落とし所を見つけ処理する能力ではないでしょうか?

    それに引き換え、ユダ金の浅ましい思考回路!
    隣国同士で殺し合いをさせて、自分達だけ利益を得よう!だって(笑)

    いずれにしろ、プーチン大統領の「おい、ユダ公、絶対やらせねーぞ!」
    という気迫が伝わってくる大規模演習です。


    137031629731713107523_135572324230813129921_T_shirts.jpg

    「不正選挙・TPP関連ポスター」リンク集最新版
    http://richardkoshimizu.at.webry.info/

    米大統領、スノーデン容疑者めぐる外交駆け引きは望まずCNN

    2013/07/16 08:12 ジャンル: Category:銀河連邦大量着陸
    TB(0) | CM(0) Edit

    米大統領、スノーデン容疑者めぐる外交駆け引きは望まず
    2013.06.28 Fri posted at 11:40 JSTobama130627.jpg


    オバマ米大統領は訪問先のセネガルで
    27日に行った記者会見で、
    米国家安全保障局(NSA)の
    監視活動に関する情報を暴露した
    米中央情報局(CIA)元職員の
    エドワード・スノーデン容疑者について、
    身柄拘束のために特別な措置を講じるつもりはないと表明した

    セネガルはオバマ大統領のアフリカ歴訪の最初の訪問国。
    記者会見で大統領は、

    「29歳のハッカーをつかまえるために
    ジェット機を緊急発進させたりはしない」と話した。

    スノーデン容疑者は香港に滞在して情報を暴露し、
    現在はロシアの空港にいると伝えられる。
    しかしオバマ大統領は、同容疑者について
    中国やロシア首脳との協議は行っていないと説明。

    その理由として、事を大きくすることも、
    身柄を拘束するための「駆け引き」に乗り出すことも
    望まないと語った。

    一方、NSAのアレクサンダー長官は同日行った講演で、
    スノーデン容疑者がさらに多くの情報を
    暴露するかもしれないと懸念を示し、
    「今回のリークによって我が国の国家安全保障上、
    重大かつ取り返しのつかない損害が生じた」と非難した。

    NSAのアレクサンダー長官
    このひとは、USAP(認められざる特殊接近プロジェクト)に操られたままか・・・・

    世界市民の敵は、USAPである。↓必見!

    http://www4.ocn.ne.jp/~ds08pro/BriefingDoc_JPNhiro_ver1.1.pdf【NO301】
    軍と国家安全保障の主要な指導者たちは,
    UFO/ET の主題についてこれまで適切に知らされてこなかった.
    その理由は,この主題が
    USAPS(Unacknowledged Special Access Projects;
    知られざる特殊接近プロジェクト)
    の管理下に置かれているということである.
    この情報の欠如が国家安全保障上の
    重大な危機をもたらしている.
    この主題についての綿密な説明と議論の欠如ゆえに,
    情報を持たない,あるいは誤情報を与えられた
    指導者たちによる不適切で危険な行動が著しく増加している.

    こうして作戦即応性の重要な分野は,
    次に掲げるような事柄について危険なまでに情報を持たない,
    あるいは誤情報を与えられた指導者たちにより,
    “危険な状態”に置かれている.

    明日には指導者たちが長年の間隠されていた事実全てを
    開示するかもしれません*サルーサ

    FC2ブログランキング
    プロフィール

    ケメ

    Author:ケメ
    FC2ブログへようこそ!

    kemenokemeオリジナル
    いつでも里親募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。